読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ハッピーキャリアのつくりかた

〜在ドイツ・キャリアカウンセラーによる天職の見つけ方講座

遊ぶことを忘れてしまった大人たち

やりたいことがわからないあなたへ

f:id:happycareer-eu:20170322051319j:plain

この前、個別セッション中に

「我ながらうまいこと言ったな」

と思ったフェーズがあって

 

それは

 

やりたいことがわからない人とは

遊ぶことを忘れてしまった大人である

 

ということ

 

仕事で悩みを抱えている人たちに

 

「人生、楽しんでいますか?」

 

とお聞きすると

 

「最近、楽しいって感覚忘れちゃいましたね」

 

なんてお返事が返ってくる時があります。

 

 

え?

仕事がえりに一杯やってる?

 

うーんそれは

「遊び」じゃなくて「ストレス解消」ですよね

 

(結構みんな勘違いしている)

 

もちろん

「ストレス解消」も必要だけど

 

そう考えると

あまり遊んでいないんじゃないかな?

 

 

あと、趣味に打ち込んでいる

というのは、素敵なことだけど

 

真面目に打ち込みすぎると

苦しくなることもあるので

 

何事も「あそび」が肝心ですね

 

わたしは、趣味でチェロを弾くのですが

真面目に打ち込みすぎて

 

苦しくなったこと

めっちゃありましたねー

(知ってる人は知ってるハズ)

 

なんかこう

上手い下手で自分の価値を測ってしまった時期があった

 

何事も力みすぎると上手くいかない

と、本当に学んだ気がします

だから、自然体が一番

 

 

「あそび」とは本来

創意工夫なんだと思います

 

そして私たちは

 

仕事で枠にはめられすぎず

創意工夫を発揮している時

「楽しい」と感じるものです

happycareer-eu.hatenablog.com

 

 

ですから

 

下手でも好きなら

やりたいことやりましょう

 

お金がなくても工夫して

やりたいことやりましょう

 

時間がないなら

やりたくないことやめて

やりたいことやりましょう

 

「やりたい仕事」を見つけるのは

それからね

 

だって、何が楽しいかも忘れていたら

 

「やりたい仕事」は

 

わからないのだから

 

 

誰に伝えたいって

一番、過去の私に伝えたいよね

 

何をするにしても

「他者評価」「承認欲求」から

離れられなかったわたし

 

そんなに頑張らなくていい

認められる必要なんてない

 

なんであんなに、頑張ってたのかなー

 

 

< ラスト募集 ♪ >

4/1(土)開講!海外ハッピーキャリアを見つける4ヶ月講座

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

 

< 人気記事 >

happycareer-eu.hatenablog.com

 

転職できたら、本当に幸せ?

会社を辞めたい時は

f:id:happycareer-eu:20170321035743j:plain

「今のまま、転職したら

 きっと状況は良くなると思いますか?」

 

という質問に

 

「いえきっと同じことになる気がします(笑)」

 

と答えて下さったKさん@i-colorグリーン

 

頑張り屋のKさんは、頼まれていない仕事も

いつも先回りしてやってしまうのが日課。

 

必要以上に仕事を抱え込んでしまい

周りに仕事をふることがなかなかできず

バーンアウトしてしまうことも

 

 

 

また、長年勤めた会社を離れることになり

 

「やっと我慢いっぱいの生活から解放される。

 もう、大きな会社はこりごり

 

と、打ち明けてくださったYさん@i-colorコーラル

 

「もしも今度、

 小さな会社で同じような状況にあったら

 はっきりNOと伝えることができますか?」

 

とお聞きしたところ、苦々しい表情。

 

「うーん、どうでしょうね

 

 

 

転職のメリットは、まったく新しい環境で

ゼロからやり直すことができることです。

 

気持ちを一新したい、人間関係を一掃したい

そんな気持ちが溜まっている時

手っ取り早く解決できるように思えます。

 

 

しかしながら

現実は、あなた自身の写し鏡であることが

多いものです。

 

仕事を抱え込む人の元には

当然のように仕事が集まり

 

言いたいことを言えない人の元には

なぜか言いたい放題の人がやってくる。

 

我慢すれば我慢するほど状況は悪化して

もう限界!となる前に

 

ぜひ、ご自身を振り返ってみてください。

 

必要以上に、無理をされてはいませんか?

誰にも言えず、我慢をしてはいませんか?

 

 

自分らしく生きていくために必要なのは

我慢ではなく、ほんの少しの勇気 なのです。

 

勇気が出せない?

言っても無駄?

 

そんなことはありません。

 

今できることから

あなたが意思表示の姿勢を見せることに、意味があるのです。

 

このまま転職したら

転職先でも同じ問題を作り出してしまう

 

本当のストレス要因を理解しているお2人は、

もうそのことに気づき始めています。

 

 

現実を変える必要はありません。

あなたが変われば、現実は必ず新しい姿を見せてくれます。

 

きっとその時

「あ、これ、鏡だったのね」と感じることでしょう。 

 

 

4/1(土)開講!海外ハッピーキャリアを見つける4ヶ月講座

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

 

< 人気記事 >

happycareer-eu.hatenablog.com

どうせ、大したことのない私

本来の自分を生きる

f:id:happycareer-eu:20170320054647j:plain

 

先日メールで流れてきた

 

はぴきゃりアカデミー代表・金沢悦子さんの

コラムが秀逸で、いやー何度も読んでしまいました。

www.gentosha.jp

 

変わりたいけど変われない時って

 

今の自分を100%受け入れられてない時

なのかな、私は感じるんですね。

 

つまり、今のステージを

自分がまだクリアしていない。

 

むしろ留まって

現状を味わい尽くす方が正解の時もある。

 

 

昔、恋愛だったかな?

似たような相談をされたことがあって

 

今の人と未来がないと分かっているけど

吹っ切って、新しい人に行くべきかどうか

 

みたいな相談だった気がします。

 

それでわたし

「自分だったら、納得いくまでその人を好きでいる」

って答えたんですよね。

 

 

人の気持ちは、コントロールできないものです。

 

今の人と未来がないとわかっていたって

そう簡単に割り切って、次の人に行けるものなのかな?

 

いけないから、悩んでいるんじゃないのかな?ってね。

 

 

理性で感情を割り切ろうとするから悩むんです。

 

割り切れない感情なら、いっそ

自分の中で味わい尽くした方が後悔しません。

 

未来の心配ばかりしてないで

たった今、自分が「こっちだ!」と思った方をやり尽くす。

 

正解に囚われれば、必ず迷う。

そうではなく、たった今の自分の感覚を信じる。

 

 

そうすれば、たとえその結果

「あーあ」ってことになったとしても

 

「でもあの時は、確かにそう思ったんだよね」

と、思える時がくるはずです。

 

これ、実は

「海外就職に挑戦したいけどできません」

って人にも同じこと話しています

 

 

収入・実績・資格

(はたまた肩書きや素敵なパートナー)があったら

自分を認められるということは

 

それがない今の自分

あるいはそれを失ってしまった自分は

決して認められないということ

 

 

これって、実は

自分ではない何者かになろうとしていることと

然程変わらなかったりします。

 

「なりたい自分」「理想の自分」を

「ありのままの自分」におしつけていないか。

 

「今のままの自分」が認められないから

何かを手に入れようとしていないか。

 

そういうことに気がついて

今の自分の不甲斐なさを受け入れていく

 

セルフイメージの底辺の

拡大をはかるのです

 

 

そうすると

 

マイナスベース(足りない私)スタートだったものが

ゼロベース(大したことない私)スタートになっていく

 

そういう経験を、私はしました。

 

つまり、変わることを放棄して

現状のどうしようもない自分を100%受け入れると

 

自動的に変われてしまうという

パラドックスがあったりします。

 

 

そして「大したことない私」ベースだと

意外とチャレンジできちゃうんだよね。

 

それは、失敗しても失うものがないから。

 

「どうせ大したことない私」なんだし

行けるとこまで行ってみるか!みたいな感じです

(正に今の私ですね...汗)

 

 

こんな自分を

それでも自分は愛したいと思った時

 

初めて

自分を信じることができるようになる

 

きっとそういうものでは

ないでしょうか?

 

 

>> カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

 

>> Newsletter 

統計心理学でわかるあなたの適性は?

大人気ニュースレター・ハッピーキャリアのつくりかた ♪

 

 

自分後回しの人生

やりたいことがわからないあなたへ 個別セッション

f:id:happycareer-eu:20170319072647j:plain

(今日の個別セッションからの1コマです)

  

やりたいことがわからない

一番の理由は

 

はっきりいえば

 

これまでずっと

 

自分のことを

後回しにしてきたからです。

 

あなたは、これまでずっと

 

仕事 > 自分

他人 > 自分

環境 > 自分

常識 > 自分

 

という感じで生きてきて

 

自分の気持ちを、

いつも後回しにしてきませんできたか?

 

 

それは

例えるならば

 

社会で上手くやっていくため

受け入れてもらうため

承認してもらうために

 

「あなたの気持ちは、一番最後!

   究極、どうでもいいの!!」

 

と、自分に対して

言い続けてきたようなものです。

 

つまり、これまでずっと

 

「あなたの気持ちは、一番最後!

   究極、どうでもいいの!!」

 

と、言い続けてきた自分に対して

あなたは、今

 

「ねえねえ、私って

   何がやりたいのかな?」

 

と、尋ねているわけです。

 

 

しかしながら、自分からの答は

なかなか返ってきません

 

 

あれ

どうしたのかな

 

自分の気持ちが

いまいちわからない

 

柏葉さんのブログ通りやったら

やりたいことのヒントが

わかるんじゃないのかな?

 

っていうか

私の本音って、本当にあるの?

 

 

 

 

 

 

まあ

 

それは、何というか

 

 

はっきりいって

 

当たり前ですよね  (ー ー;)

 

 

今まで

さんざんな扱いをされた人から

 

「ねえねえ、あなた

    なにやりたいの?」

 

なんて聞かれても

 

私だったら

 

絶対、答えませんね ( ̄▽ ̄)

 

むしろ大警戒します。

 

「何だこいつ!今さらのように!」

 

きっと

手のひらを返したように

 

またひどい扱いをされるんじゃないかと

びくびくしてしまうことでしょう。

 

 

 

 

唯一の理解者である自分から

わかってもらえなかった孤独感は

あなたの中に深く根ざしています。

 

そんな自分に対する不信感が

 

どうせ私なんて

今さら何をいっても

世の中こんなものだよね

 

と、斜に構えた姿勢をとることで

 

今、正に、変わり始めたあなたから

必死に身を守ろうとしているのです。

 

 

自分と向き合うことは

時にとても怖いことです。

 

それは、人によって

過去の傷と向き合うことであったり

 

できれば認めたくない

自分を知ることでもあるからです

 

ですから

私のセッションでは

 

「あなたは、どうしたいですか?」

 

と、繰り返し、おたずねしています。

 

 

わざわざ、大変な思いをして

自分と向き合わなくたって

 

今までと同じように

自分後回しで生きていくこともできるのです。

 

別にそれで良いじゃないですか。

今まで通りで。

 

死ぬわけじゃないんだしね。

うんうん。

 

 

 

それでもなお、あなたが

 

「いいや!わたしはもういい加減

 自分の声を取り戻したいんです!」

 

そう切実に願っているのであれば

 

たとえ時間はかかったとしても

それを隣で見ていたいです。

 

f:id:happycareer-eu:20170319074104j:plain

新しいステージに進んだYさんと(i-color コーラル

ありがとうございました

 

 

個別セッションのお問合せはこちらから

https://www.happycareer.eu/counseling/

 

グループ講座の本当の意味

4ヶ月講座

f:id:happycareer-eu:20170318080935j:image

自己分析は

1人だと孤独で
意外と行き詰まってしまうもの

 

グループ講座に意味があるのは

他人との違いを通して
自分を知ることもそうですが

 

他人がやりたいことに
目覚めていく姿を通して

あなた自身も得られるものが
あるからです

 

やりたいことを思い出す
プロセスは

抑圧していた自分を解放し
本来の自分を思い出していくプロセスです

 

ですから

他人が、忘れていた自分を思い出し
心動かされている姿を見て

あなたの中の
忘れられた自分が疼くのです

 

あれ…?

そういえば自分にも
こんなことがあった…

 

それが属に
気づきと呼ばれるもので

 

自分でも気づかなかった

抑圧された自分への鍵となり

それがある時花開くものです


私が、時々
自分の過去のエピソードを描くのも

似たような理由です

 


今まで忘れていた自分を
思い出した時

あなたがこれから進みたい道は
自然と前に現れます

 

本当はずっと
そこにあったのですが

見えなかったのですね

 

忘れていた自分がいたから

 

 

4/1(土)開講!海外ハッピーキャリアを見つける4ヶ月講座(残席わずか)

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

 

 

コンプレックスが教えてくれること

ハッピーキャリアの作り方

f:id:happycareer-eu:20170317030735j:plain

皆さんは、今まで

 

他人に指摘されてショックだった

自分の短所

 

あるいは

コンプレックスなどはありますか?

 

わたしは

 

「無駄に偉そう」

「生意気」

 

と言われて

傷ついた経験が何度かあります。

 

 

昔から

落ち着いて見られる子供で

 

自分の意見をはっきり持っている

一面があったので

 

小学生の頃、社会科の授業で

 

「わたしはこう思います!」

 

と、発言して

先生を唖然とさせたことに始まり

 

 

新卒時代には、先輩の取引先に

同行営業したところ

 

「上司の方ですか?」

 

と聞かれて、その場が凍りついたり

 

 

取引先の社長さんに食事に誘われて

うっかり

自分の意見をはっきり述べすぎ

 

「生意気だ!」

 

と、怒られたことが何度かありました。

(注: 一度ではない)

 

 

特に最後のは、傷つきましたね~。

 

だって自分の意見を持ってるから

気に入られて食事に誘われたのに

怒られて帰ってくる、みたいな

 

一体わたし、何やってるんだろう

という感じでした (ー ー;)

 

 

ですからこれまでずっと

 

でしゃばりで

自分の意見がはっきりあって

相手の本質をズバリとついてしまう

 

自分の性格には

多大な問題がある

 

と思って

 

あの手この手で

隠して生きてきたのですが

(はぴきゃりアカデミーを受けるまでは、その自覚すらなかった)

 

最近になって、やっと

 

これも自分の個性なんだ、と

 

受け入れられるように

なってきました。

 

 

きっかけは

 

友人のK子さんが

ワークショップの準備をしていた時のこと

 

「アヤコさんは

 人前で話す時、緊張しないんですか?」

 

と聞かれて

 

「・・・・・( ̄  ̄)

  あーわたし、全然緊張しないね」

 

と答えた時でした。

(この回答も見方によっては生意気である)

 

 

はぴきゃりヨーロッパで

何度もワークショップをやった以外に

 

日本でも何度かセミナーに呼ばれて

 

110人、30人、6

異なる規模の人前でお話しましたが

 

たとえそこに、何人いらしていても

名の知れたすごい方とご一緒しても

 

緊張するのは

マイクを持って最初に発する一言だけ

なんですよね。

 

その後は、だいたい

自分の話に夢中になってしまい

 

気がついたら 

「あー楽しかった (^  ^)

で終わっている。

f:id:happycareer-eu:20170317031440j:plain

なぜ緊張しないのかな?

と思ったら

 

確かにわたしは

 

でしゃばりで、生意気で

無駄に偉そうな人間なのですが

 

誰かに認められたいと思って

人前に立ったことは

一度もないんですよね

 

単純に、自分の思いを

人前で表現するのが楽しいのです

 

 

逆説的ですが

人前に立つときだけは

 

普段抱えている

あらゆる承認欲求や劣等感から

 

解放されていた、ともいえます

 

 

つまり

 

本当の自分らしさとは

そういうものなのかな

 

人に認めてもらうために

後天的に身につけたスキルなら

 

出し方も意識すると思うんです

 

だって

「認めてもらうために」

身につけたわけですからね

 

 

でも

本来の「その人らしさ」とは

 

そもそも

誰かに認めれもらうことを

前提としておらず

 

自然に備わっているからこそ

短所としても発揮されやすい

ものだったりします

happycareer-eu.hatenablog.com

 

以前、自分はこだわりやだけど

頑固である...と話してくれた受講生が

いらしたのですが(i-color ゴールド

 

彼女は別に、誰かに認められたくて

こだわり屋になったわけではない

と思うんですよね。

happycareer-eu.hatenablog.com

 

もちろん、そのこだわりを

否定されたらいやだけど

 

誰も見ていなくても、やってしまう

なぜか、そうせずにはいられない

 

それが本来の自分らしさであり

 

もしも仕事で

そんな自分らしさを発揮できれば

 

お給料のため、評価のために働いている

他の人たちよりも

 

はるかに仕事が楽しくなり

自然と結果が出てしまう

 

そういうもの、なんでしょうね

 

頼まれなくても

がんばっちゃうんだから

そりゃそうだよねー

 

 

ということで

冒頭に戻りますが

 

皆さんは、今まで

 

他人に指摘されてショックだった

自分の短所

 

あるいは

コンプレックスなどはありますか?

 

本当はそれこそが

あなたに自然と備わった強み

 

頑張らなくても出来てしまう

素晴らしい能力 なのかもしれません。

 

 

あなたはそれを

今の人生で、封印していませんか?

 

過去の傷を癒し、自分らしさを

勇気を持って存分に解放している人

 

それが

自然体で輝いている人の秘密なんですよ

(うん、これは保証する)

 

* 統計心理学 i-color でわかる

ご自身の「生まれ持った素質」も参考に ♪

( 無料診断はこちらから)

 

 

わたしはもう

 

でしゃばりで、生意気で

無駄に偉そうで構わないので

 

人前で 120% 、いいや

もっともっと堂々と輝きたいと思います。

 

前回も書きましたが

happycareer-eu.hatenablog.com

わたしが体現できないことを

人に伝えることはできないから。

 

そして

大切なことを忘れていたけれど

 

私だったら

 

厳しくても、ズバリ

本質を引き出してくれるカウンセラーに

人生を相談したい。

 

そういう人の言葉って

いずれそうとわかる時がくるからね。

 

ということで

優しいだけのカウンセラー

卒業します!

 

 

>> カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

 

>> Newsletter 

統計心理学でわかるあなたの適性は?

大人気ニュースレター・ハッピーキャリアのつくりかた ♪

 

>> 個別セッションのお問合せはこちら

 

>>  ハッピーキャリアを見つける4ヶ月講座

あなたの人生、これからどうしたい?

本当にやりたいことを思い出す4ヶ月集中講座

 

やりたいことは、先回ししよう

カウンセラー日記 ハッピーキャリアの作り方

f:id:happycareer-eu:20170316223659j:plain

 

はぴきゃりアカデミー・ヨーロッパ校 主宰の

キャリアカウンセラー 柏葉綾子です。

 

みなさん、お元気ですか?

 

私は、一昨日まで休暇で

ウィーンに行ってました。

 

 

昨年の暮れから行きたいなぁ

という思いにかられていたものの

 

いやいや

 

もう少し仕事が落ち着いてから

お金を回せるようになってから

4ヶ月講座の開催が決まったら

 

などなど

 

ごちゃごちゃ考えて

すっかりなかったことにしていました。

 

幻滅だ、自分 (T_T)

 

 

きっかけは先月のこと。

 

私は、自分の仕事について

 

「キャリアカウンセラーとして

 自分らしく輝けるキャリア探しを

 お手伝いしています」

 

と、説明していたのですが

 

先日お会いした、ある方に

 

「なるほど。

 あなた自身は、今、どうですか? 

 輝いていますか?」

 

と、おもむろに聞かれました。

 

 

 

「・・・・・」

 

 

 

ガーン!! ( ̄◇ ̄;)

 

 

 

やられた。

 

 

 

その質問がショックだったのではなく

即答できなかった自分がショックでした。

 

 

「はい、私は今、すごく輝いています!!」

 

って、答えられなかった。

 

むしろ

 

「いや、今はまだ70%くらいかな

 

なんてふとよぎる思いが

 

 

 

 

おい自分、そりゃないぜ!! ( ̄◇ ̄;)

 

 

 

 

子育てに例えれば

子供は親の言うことより

やってることをよく見ているもの

 

 

本当に人に何かを伝えたいのなら

 

全ては言葉で語る以前に

まずはあり方(背中)で示せ

 

なのですが

 

「輝いてますか?」

「いや、今はまだ70%くらいかな

 

 

なんて、どの口が言ってる。。

 

 

おい自分、そりゃないぜ!! ( ̄◇ ̄;)

 

 

 

私は、自分を100% 満たすには

ある程度旅行が必要な人間です。

 

なのに今回(主に経済的な理由から)

あーだこーだと言い訳をして

 

自分の充電を

仕事より後回しにしていました。

 

 

来月から、大事な大事な

4ヶ月講座も始まるというのに

 

70%しか輝いてないお前が

そんなんで一体

何を伝えられるというんだ!!

 

やる気あんのか!?

 

目覚まして、そのあり方

いっぺん叩き直してこい!!

 

自分が主宰する講座なら

お前が 120 % 輝いて

 

誰でも自然体で

ここまで輝けるって

全力で示せ!! 

  

なんて声が肚から湧き上がり

 

(まー至極当然のことなんですが)

 

慌てて旅立ってきました。

 

(注:肚の声は、通常の本人より男前です)

 

 

私が主宰する

はぴきゃりアカデミー・ヨーロッパ校の

4ヶ月講座では

 

自分の欠乏感を満たし

日常的に感覚を研ぎ澄ます

ちょっとした行動ワークを

かなり盛り込んでいます。

 

やりたいことがわからない、というのは

感性より思考で行動してきた結果なので

 

どうせ4ヶ月間やるなら、と

継続的に感覚を研ぎ澄ましていく

トレーニングを入れたのですが

 

今回、うっかり自分が

思考を優先させて

感覚をクローズしてしまい

 

やっぱりこれは大切だなーと

痛感しました。

 

注:4月1日(土)開講

4ヶ月講座は、あと2名さま募集中です ♡

▶︎ 詳しくはこちら

 

 

みんな、本当はどうしたいか

感覚的にはわかっているんですよね。

 

なのに頭でごちゃごちゃ考えて

本当の答を見失ってしまう。だから悩む。

 

悩むというのは

思考で自分を縛っている状態なんです。

 

勝手に自分で、

問題を複雑にしているんです。

おい自分、そりゃないぜ!! 

 

 

ちなみに思考の強い人

つまり頭の良い人、理路整然としている人

論理的に何かを説明できる人が

感覚を研ぎ澄ませるようになると

 

思考が衰えるのではなく

感性と思考のバランスがとれた人になります。

直感と理性が同居して、迷いにくくなる。

 

 

また、直感型の人

何となく動く人、もともと感性が開いている人

他人に何かを説明するのが苦手な人がこれをやると

 

徐々に自分の選択に

自信が持てるようになるでしょう。

「なんとなく」に確信が持てるからです。

 

あなたは、どちらですか?

 

 

 

また、欠乏感や無価値感があるままだと

承認欲求の縛りから逃れられず

 

社会的に認められること

=やりたいこと

 

と、勘違いして

走り始めてしまうことがあります。

 

過去、頑張ってきた人の例(笑)▼

happycareer-eu.hatenablog.com

 

これを「フェイクの夢」と私はいってますが

 

先に自分自身が満たされてしまえば

この罠にもひっかかりにくいのです。

 

だから、自分を満たすことは本当に大切。

 

そして

 

満たされているかどうかは

目を見ればわかる。

(だから「あなたは輝いてますか?」って聞かれたんだな~)

 

みなさんも

やりたいことは、ぜひ

人生で先回ししてみてください。

 

それがどんなに小さなことでも

幸せを選択する「癖」をつけることで

徐々にあなたの感性は開かれていきます。

 

それはつまり

自然と幸せになるということです。

 

そして、自分が満たされていれば

自然と他人にも、分けたくなるものです。

 

 

>> カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

 

>> Newsletter 

統計心理学でわかるあなたの適性は?

大人気ニュースレター・ハッピーキャリアのつくりかた ♪

 

>> 個別セッションのお問合せはこちら

 

>>  ハッピーキャリアを見つける4ヶ月講座

あなたの人生、これからどうしたい?

本当にやりたいことを、思い出してみませんか?