読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ在住カウンセラーによる、自然体キャリアのつくりかた

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

6月17日(土)アカデミー第2期 開講します!

f:id:happycareer-eu:20170424020457j:plain

皆さんこんにちは!

在ドイツキャリアカウンセラーの柏葉綾子です。

今日はお知らせです!

 

6月17日(土)より、はぴきゃりアカデミーヨーロッパ校・第2期を開講します。海外でも、あなたが心から納得出来る生き方を見つけてみませんか?

 

< こんな方向けの講座です >

☑️ 自分の人生で、本当にやりたいことを見つけたい

☑️  今の仕事はもう卒業したいが、転職すれば幸せになれるのか実は疑問を感じている

☑️ これからの人生の明確なビジョンがほしい

☑️ モヤモヤを卒業して、海外でも心から納得のいく生き方を見つけたい!

☑️  統計心理学 i-color を学んで人間関係のトラブルを解消したい

 

取り組んだ分が必ず結果となって返ってくるアカデミーは、とりわけ確実な結果がほしい方にオススメです!

f:id:happycareer-eu:20170419225504j:plain

 

《アカデミーの大きなメリット》 

1、4ヶ月で納得のいく答を導き出せる

f:id:happycareer-eu:20170517045309j:plain

アカデミーで行う自己分析ワークは、個別セッションおよそ20時間分です。セッションとの1番の違いは、既に体系化されたカリキュラムがあり、普通のカウンセリングよりはるかに効果的であること。

スクーリングの4ヶ月間、いってみれば受講生の頭の中はこんな感じです。会社で働きながら、ご飯を食べながら、家族と過ごしながら、そして眠る前に、ふと

 

「わたしのこだわりって、これか?」

やらずにいられないことって、これ?」

「もしかして、これが不満の原因なんじゃ

 

課題が出題されたり、講座で質問される度に、あなたの中に新しい疑問が生まれます。その疑問をクリアするため、スクーリング以外の日常生活でも4ヶ月間、あなたの脳は答を探し回るわけです。 

f:id:happycareer-eu:20170517064757j:plain

これは、単発講座や1回完結のセッションでは本当に得がたい経験です。人の心は幾層にも折り重なってできており、途中で感じ方が変化したり、自分でも自分がよくわからないと気がつくことがあります。

happycareer-eu.hatenablog.com

でもこれが、本来の自分を思い出していくプロセス。ここを通らないと、本当にやりたいこと、究極の納得感にはたどり着けないんですね。

 

4ヶ月は、長いようで短い。1人では、モヤモヤを抱えたまま1年2年と悩み続けることもあります。もちろん、本当に悩み苦しんだ時間は、必ずあなたを強くしてくれるので、決してそれも無駄ではないのですが「わたしはもう、自分なりの答がほしい!」と思った時は、アカデミーの受講どきです。

f:id:happycareer-eu:20170517065718j:plain

答は自分にしかわかりません。だからこそ、本当に納得のいく答が肚落ちした時の爽快感は格別!ずっと探していたものがここにあった、と感じるでしょう。(全部ここにつながった!って人もたまにいるな~)

 

人によっては、やってることは何も変わらないのに「あの人変わったね」と言われることがあるかもしれません。でもそれは、あなたが自分の明確な目的を見つけて、取り組み方を変えたからなのです。 

 

2、統計心理学 i-color を学べる

f:id:happycareer-eu:20170419222904j:plain

i-colorをレクチャーしている理由の1つは、自分と他人の違いを知ることで「自分だからできること」だけでなく「他人と同じようにできないことがあってもいいんだ」と理解することができるからです。

 

他人に全てを合わせる必要はありません。

あなたは、あなたのやり方でいいのです。

(会社の方針につぶされたら、むしろこだわりを研ぎ澄ますチャンス!)

もう他の誰かになろうとするのはやめて、とことん自分を極める人生を歩んでみませんか?

f:id:happycareer-eu:20170420211920j:plain 他人には、どんなに頑張ってもなりきれません。そして誰かのようになろうとしている限り、なぜか自分にはいつまでたっても自信がつかないのです。「自分にしかできないこと」というのは、あなたがあなたを極め始めた時に、初めて目の前に姿を表すのですから。

 

そして i-colorを通して他人との違いを知ることで、人間関係が大幅に改善される方も多いですね。

happycareer-eu.hatenablog.com

 

3、切磋琢磨できる仲間の存在がある

f:id:happycareer-eu:20170517045147j:plain

i-color を共に学ぶことで、お互いの「本来の姿」を知った上でつきあえる仲間ができます。逆に言えば、年齢を問わず仲良くなれる反面、上辺だけの付き合いはなかなか難しい環境です(色々バレる)。

 

1期生も職場の悩みを聞きあったり、気兼ねなくこれからのビジョンを語りあったり、i-colorという共通言語を得て、徐々にお互いの関係性を深めていってます。

f:id:happycareer-eu:20170503200753j:plain

また修了生は、今後のアカデミーにオブザーバー参加して、いつでもi-color を復習したり、自分を振り返る機会を持つことができるのも特徴。迷った時は、アカデミーが今後のあなたのキャリアを、本当の意味で支えるコミュニティになると思います。

 

4、今回も特別価格です

f:id:happycareer-eu:20170507225312j:plain

最後に価格ですが…がんばりました。正規価格1500EUR のところ、今回も1期と同じ1200EURでのオファーです。5年前の私なら間違いなく申し込んだ!という内容と価格にしました。

 

講座終了後は、本当にやりたいことで楽しく稼ぎ始めたり、仕事は変わらなくても新しい目標ができたり、本当に人によって受け取る効果は様々です。でもそれが、その人に一番ふさわしい次のステージなんでしょう。

 

今後は様子をみて価格改定していく予定なので「実は気になっている...」という方は、 ぜひこの機会をお見逃しなく!きっと人生の転機になると思います。

  

アカデミー第2期は、617日・715日・819日・916日(土) 10:0017:00の開催です!ご縁のある方に、お会いできるのを楽しみにしています。

 

詳細 & お申込みはこちらから

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

 

やりがいを思い出すプロセス〜アカデミー1期レポート④

f:id:happycareer-eu:20170405014500j:plain

ミュンヘンのSさん@オリーブ

ドイツに転職して職場環境がガラッと変わり

 

前回自分であげていた

「活かしたい素質」

 

ドイツの自由な職場にふれて

「実はどうでも良いかも」

感じ始めたそうです。

 

自分の感じ方が変化されたんですね。

 

なので、納得できる仕事の定義も

もう少し働きながら

自分を観察してみることになりました。

 

実は、抑圧された環境下で感じる

「やりたいこと」や「こだわり」は

 

単に

「ストレスを消化したい心理的衝動」

「抑圧から解放されたい気持ち」

の裏返しであることがあります。

 

純粋な「やりたいこと」とは

また別だったりするのですね。

f:id:happycareer-eu:20170511175837j:plain

*下の円は抑圧で自分の心の形が変わることを表示

 

日本の窮屈な職場から

ドイツの自由な職場に転職したSさんは

ゴムが緩んだかのような解放感で

自分の感覚もぐぐっとひらかれ

 

今まで握り締めていた

「仮のこだわり」を

手放すことができたようです。

 

これは、とても良い徴候です。

 

心が緩むと今までと感じ方も変わるので

皆さんも、ぜひゆるみに来てください。 

 

ここでやってます♡

f:id:happycareer-eu:20170318080935j:plain

ベルリンのUさん@オリーブ

自分取扱説明書を改めて読み返し

 

「活かしたい素質」ではなく

「自分ができる役割」

書いていたことに気が付きました。

 

「今の職場でできることはわかるけど

この役割をやりたいかといわれたら

よくわからない…(^ ^;

 

どうやら過酷な職場環境に耐えるうち

かなり心が疲弊してしまった様子のUさん

 

「できること」「やりたいこと」の区別が

つきにくくなっているようでした。

f:id:happycareer-eu:20170507042604j:plain

 でもWIN-WINのキーワードは出てきたかな...?

 

こうしたケースでは

 

・現職にこだわらず、以前の職場や

これまでの活動全てを振り返ってみる

 

・今の職場で心を閉ざしてしまった

理由をもとに理想の環境を考えてみる

 

などが一助となるかもしれません。

 

何も感じなくなってしまったのではなく

「何も感じないように心を閉じてしまった」

経緯があるかと思います。

 

誰にでも、そうでないと

自分を保てない時があるものです。

 

今まではそれも必要なプロセスだった

と、受け入れた上で

 

再び自分と向き合うことを選択すれば

きっと、いつからでも

自分の本音を取り戻すことはできるはずです。

 

 

人は、楽しいことをやったり

心からくつろげる時間がふえると

自然と心が開くもの

 

そんな時間をぜひ

自分にプレゼントしてほしいですね

f:id:happycareer-eu:20170507042256j:plain

自分の感じていることが

よくわからない人は

 

「どうせ病」が進行して

心を閉じていらっしゃることがあります。

 

これが板についてくると

もはや自分の好き嫌いがよく分からなくなり

セッションに来て頂いた後も

リハビリにかなり時間を要します

 

「やりたい」の片鱗がでてきても

ご本人がそれと自覚できないのです

 

心を閉じている分

頭で考える傾向があるので

「それっぽい答」は出てくるのですが

最終的に自分の気持ちが肚落ちしません

 

ストレスを我慢することの本当のリスク

沢山の人に気づいてもらいたいな、

と感じます。

 

嫌な仕事を我慢して続けることが

美徳とされることがありますが

 

本当は、気付かれていますよね

 

心の込もっていない仕事

自分を殺す生き方

日々をやり過ごす人生は

 

自分を含めて

誰も幸せになれないということに

 

やりがいは

与えられるものじゃない

生み出すもの

 

目の前のことに

誠心誠意取り組むことで

初めて創意工夫が生まれ

 

やがておのずと

自覚できるものなのです

 

求めているのならば、まずは

生き方から変えていきましょう

 

< 関連記事 >

happycareer-eu.hatenablog.com

happycareer-eu.hatenablog.com

 

♤ テーマを選べる個別セッションはこちら
(他国・遠方からのご相談も受付ています)
https://www.happycareer.eu/counseling/

 

♤ カウンセリング20回分の特別集中講座
( i-colorも詳しく学べる!)

>> 6月17日(土)10:00〜 
アカデミー第2期
https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

 

 

「本当にやりたいこと」から「できることを探す」〜アカデミー1期レポート③

f:id:happycareer-eu:20170507042503j:plain

アカデミー1期2回目のスクーリングは

「自分取扱説明書」をもとに

 

自分にとって「納得のいく仕事」

を定義することからスタートしました。

 

実は、この日の朝はメッセのため

デュッセルドルフの地下鉄は大混乱。

 

ベルリンから通ってるUさん@オリーブ

思いがけず地下鉄を乗り間違えた隙に

テキストをドアに挟まれてしまい

 

「大変なんです!はぴきゃりMYBOOKが~」

 

というモーニングコールから

スタートしました(笑)

(そこは強運の持ち主Uさん☆

 無事に取り返しましたよ!!)

 

さてさて

 

以前も書きましたが

「納得感」は仕事をする上でのこだわり

大切にしていることとも言えるでしょう。

 

納得感と「仕事の満足度」は

大変深く関わっています。

 

仕事で納得感を得られなかったり

会社の方針でつぶされてしまったりすると

 

人は

 

 

 

ヤサグレます。

 

えー子供っぽい表現ですみません。

でもこれホント。そして

 

「どうせわかってもらえない病」

かかってしまうのです。

 

どうせ会社にはわかってもらえない

どうせ上司にはわかってもらえない

 

どうせ私が何をいっても

どうせ自分が何をやっても

 

いや、、日本人のかなりの数の人が

かかっているのではないのでしょうか。

 

この病気にかかってしまうとですね

「自分がどうしたいか」

追求することを放棄してしまうんですね。

 

なぜなら「どうせ言っても無駄だから」

厳密には「どうやらこの会社では、それを実現できないようだ」なのですが...

 

まー1日の3分の1以上を働いていると

うっかり全世界に否定されたような気分になっちゃったりするんですね。

 

そして、徐々に徐々に

会社という枠に閉じこもり

やりたいことがわからなくなるわけです。

 

私も何度か「どうせ病」に

かかったことがありますが...

 

「どうせ病」を患っていると

傷つくことを恐れ、枠の中でしか

「やりたいこと」を思いつきません。

 

今できることの中から

「やりたいこと」を探すので

本物がでてこないんですね。

 

そしてモヤモヤ...

 

逆です

 

「本当にやりたいこと」の中から

「できること」を探すんです。

 

というか...

やりたいことに妥協している時点で

それ、やりたいことじゃないよね?

 

と私はいいたいのですが

 

ずーっと同じ会社の中にいると

そもそも妥協していることにすら

気づけなかったりするんですよね。

(他の可能性を知らないから)

 

ということで、続きます。

 

< 関連記事 >

happycareer-eu.hatenablog.com

happycareer-eu.hatenablog.com

 

♤今後の予定

>> 5月27日(土)14:00〜17:00  アカデミー体験会

https://www.happycareer.eu/workshop/

 

>> 6月17日(土)10:00〜 

はぴきゃりアカデミー・ヨーロッパ校第2期開講

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

 

 

人生をつくるパワー

f:id:happycareer-eu:20170507042304j:plain

人は、本当に好きなこと

やりたいことを大切にして

 

そこにお金や時間を費すと

どんどんパワーがあふれて

自分のことが好きになっていきます。

 

逆に

 

嫌なこと、やりたくないことを

仕方なく我慢して続けていると

 

どんどんパワーを吸いとられて

自分のことが嫌いになっていきます。

 

 

そのため

長い間、我慢を続けていると

 

やりたいことが見つかっても

あなたのパワーゲージがすっからかんで

 

挑戦するだけのパワーが

全く自分に残っていなかったりします。

 

そして、仕方なく今の生活を続けて

ますますパワーを吸い取られていく

 

そんな、負のスパイラルが

始まってしまうわけですね

 

 

例えば、会社に通うのが辛い時

続けるかどうかは誰もが悩むところでしょう。

 

そんな時は、損得勘定だけでなく

あなたの心のパワーゲージにも

注意を向けてほしいなと思います。

 

あなたには、今の仕事を少しでも

楽しめる余裕が残っていますか?

 

・この仕事のこんなところは気に入っている

・お給料がもらえてありがたい

・仕事は単調だけど、同僚は親切

 

あるいは、本当に心が疲弊してしまって

それすらもうよくわからない

 

そんな状態でしょうか?

 

後者の場合は

続ければ続けるほど、自分の感覚が鈍くなり

やりたいこともわからなくなっていきます

 

日常的に仕事を嘆いている内に

あなたのパワーがどんどん奪われ

 

やがて

 

「会社のせいで自分は苦しい

「もう全てがよくわからない

 

というエネルギーショート状態に

陥ってしまうのです

 

人は、目に見えるリスクに敏感な割に

目に見えないリスクにてんで鈍感です

 

心が疲弊してしまうような仕事は

目先の収入と引き換えに

計り知れないパワーを失っている

可能性がある、と自覚しましょう

 

 

本来のあなたには、自分の人生を

自分でつくっていくだけの力があったはず。

 

その力を忘れてしまっては

お金なんて、いくらあっても足りません。

 

 

未来の自分が幸せである前に

今の自分が幸せであること

 

それが

幸せな人生をつくっていく秘訣ですよ

 

 

♤今後の予定

>> 5月27日(土)14:00〜17:00  アカデミー体験会

https://www.happycareer.eu/workshop/

 

>> 6月17日(土)10:00〜 

はぴきゃりアカデミー・ヨーロッパ校第2期 開講

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

 

嫌いな人は認めたくない私

f:id:happycareer-eu:20170507225312j:plain

昨日は1期生2回目のスクーリングでした。

テーマは「私の存在意義」。

f:id:happycareer-eu:20170507225347j:plain

誤植が...

 

「好きなこと」「やりたいこと」について

いろいろな角度から分析して

本質をあぶり出す時間でした。

f:id:happycareer-eu:20170507043030j:plain

で、そのなかで

「嫌いな人」というワードが

出てきたので

 

ちょっと補足記事を

書いておきたいと思います。

 

まあ、タイトル通りではあるのですが

 

「好き」「嫌い」という心の感情は

もともとは、あなたの進む方向を

教えてくれるナビゲーションです。

 

なので、わたしの講座ではとにかく

心の反応を大切にすることを

お伝えしています。

 

何をやるにしても

好きでなければ、続けられません。

 

そして、あなたの周囲にいる人も

「心が反応する人」

「そうでない人」

わけられると思います。

 

心が反応する人

自分の中のフィルターにひっかかった人

ということです。

 

「大好きな人」「うらやましい人」

あなたに眠る可能性を教えてくれる人。

happycareer-eu.hatenablog.com

そして

あなたの心の琴線にふれる言葉は

「本来のあなた」から

「今のあなた」へのメッセージ。

happycareer-eu.hatenablog.com

人は、自分のフィルターを通さずに

何かを受け取ることはありません。

 

「嫌いな人」「許せない人」

認めたくない自分を教えてくれる人。

happycareer-eu.hatenablog.com

自分がタブーとしていることを

平然と破っている人や

 

自分では絶対に認めたくない

自分の一面を教えてくれる人です。

 

以前、嫌いな人は嫌いのままでいい

と書きました。

 

それは

自分の気持ちをねじ曲げてまで

嫌いな人を好きなる必要はない

ということです。

 

しかし「嫌い」という感情を

切り捨てていくことは

それとはちょっと別のこと

 

自分の感情=自分の一部を

切り捨てるということだからです。

 

「嫌い」という感情を味わいたくないから

「嫌いな人」を切り捨てることは

「嫌い」を恐れている、ということです。

 

できれば、もう「嫌い」という感情を

味わいたくない。それは当然です。

 

ところが

持ち主に認めてもらえない感情は

認めてもらえるまで

あなたを追いかけてきます。

 

つまり自分が「嫌い」と向き合うまで

なぜか「嫌いな人に出会いやすい」

そういうカラクリがあります。

 

それが、転職しても

同じ問題に出会ったりする本当の理由。

happycareer-eu.hatenablog.com

それは 「嫌い」の中には

往々にして自分の「許せないこと」が

潜んでいるからです。

 

自分がタブーとしていること

本当は認めたくない嫌いな自分

そこと向き合わないと

なぜかどこまでも追いかけてくる。

 

 

もちろん「嫌い」から一生

逃げ続けるという選択肢もあります。

 

それも生き方の1つ

と、昨日はお伝えしました。

  

その場合は、自分の

「好き」「素晴らしい部分」だけを大切にして

「嫌い」「みっともない部分」

切り捨てて生きて行くということ。

  

そして「嫌い」を通らないと

たどり着けない夢は

実現しなくても別にいい、という生き方です。

 

それが「枠」や「縛り」となり

あなたの夢の実現を阻むこともあるでしょう。

 

実をいうと、私はずっと

そういう生き方をしてきました。

 

そして、その結果

自分にも他人にも厳しくなり

気を張りつめた生き方をしてたと思います。

 

自分の弱く

醜い部分が許せなかったので

他人の弱く、醜い部分も

とても許せませんでした。

 

だからよく怒っていました。

 

そのままこの仕事をしていたら

きっと沢山の人の悩みを裁く

カウンセラーになっていたでしょう。

 

切り捨てたつもりでも

「みっともない自分」

なくなりませんでした。

 

 

そして

今まで出会った「嫌いな人」

私の鏡となって

「ここ、まだ認めてないよ」と

教えてくれたのです。

 

「ぎゃんっ」ってなるよね、そりゃ。

 

はぴきゃりアカデミーの受講あたりから

私の場合は、それをひとつひとつ

拾っていく生き方を選択しました。

 

切り捨てても、本当は知っていました。

私の中には、弱い自分がいる。

 

拾い上げたら、安心しました。

そうそう、私ここ弱いんだよね〜。

 

私の場合は「嫌い」と向き合った方が

格段に気持ちが軽く、人に優しくなれました。

 

「嫌い」を切り捨てても向き合っても

どちらの生き方でも良いと、思います。

 

 

最後に

 

「嫌い」と向き合うにはどうするか?

私がやってきた方法をシェアします。

(向き合いたい人だけやってみてね)

 

それは「嫌い」

切り捨てずに観察すること。

 

「嫌い」の成分を分析して

一体何が許せないのかを

冷静に観察してみることです。

 

相手じゃなくて、自分の気持ちを。 

 

どうしてそれを許可できないのか?

逃げることなく、言葉にして

自分の恐れの根源を見つけるのです。

 

「気づき」が訪れたら

その問題はクリアです。 

 

その「気づき」を持って相手を見ると

とても冷静になれます。

 

「自分の恐れ」を受け入れていくと

「嫌いな人」は確実に減っていきます。

 

 

それでも「嫌いな人」

いなくならないと思います。

 

だって、いなくなったら

人生ゲームクリアだからね。

 

きっと、いなくなるのは

この世に未練がなくなった時でしょう(笑)

 

 

♤今後の予定

>> 5月27日(土)14:00〜17:00  アカデミー体験会

https://www.happycareer.eu/workshop/

 

>> 6月17日(土)10:00〜 

はぴきゃりアカデミー・ヨーロッパ校第2期 開講

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

  

本当にやりたいこととは

f:id:happycareer-eu:20170503032819j:plain

もしも今

 

誰にも認められる必要がなく

何かを証明する

必要もないとしたら

 

やっぱりあなたは

それをやるでしょうか?

 

もしも今

 

心に描いている夢が

仮にすべて叶ったとしたら

 

それでもあなたは

それをやらずにはいられないでしょうか?

 

 

同じように会社に行って

同じように毎日を生きたとしても

 

やっぱり今日と同じ

過ごし方をするでしょうか?

 

 

このままでは

自分が自分を認められないから

やっていることは

 

あなたの人生で

どのくらいあるでしょうか?

 

 

もしもあなたが今

深い愛情と豊かさに満たされていたら

 

今日という1日を、やっぱり

同じように過ごすでしょうか?

 

誰かに思いを伝えるのに

同じ方法を選ぶでしょうか?

  

自分という命の意図を

同じように表現するでしょうか?

 

 

何をやるか(DO)よりも

どうありたいか(BE)を

感じとってほしいと思います

 

起きることは変えられなくても

在り方(BE)が変われば

 

あなたの選択(Re ACT)は変わり

結果、現実が変わる

 

色々やっても

現実が何も変わらないのは

 

あなたのやること(DO)が

変わっただけで

 

結局、本質(BE)が

何も変わっていないから

かもしれません

 

言葉だけわかったつもりになって

気づけばいつも同じことで悩んでいる

 

 

もしも「やりたいこと」が

本来の自分(BE)を思い出すための

道しるべなのだとしたら

 

やりたいこと探しに

たっぷり時間をかけていい

 

経験を通して、これまで知らなかった

新しい自分に出会っていくのは

最高に贅沢な人生だと感じます

 

でも

 

やりたいことに

自分をあてはめる必要はないし

 

高尚なやりたいことを

自分の存在証明に使う必要もない

 

あり方(BE)がズレれば

やりたいことをやっていたはずなのに

簡単に苦しくなってしまう

 

人生は本当にわかりやすいです

 

本当は

やりたいことがなかったとしても

 

私はわたしという価値を認め

心を偽ることなく生きている

 

そう感じられた時

既に自分の役割を生きている

 

そういうものかもしれません 

 

f:id:happycareer-eu:20170505041310j:plain

  

♤今後の予定

>> 5月27日(土)14:00〜17:00  アカデミー体験会

https://www.happycareer.eu/workshop/

 

 

上司への合言葉は「こうすると勝てます!」

f:id:happycareer-eu:20170503190401j:plain

アカデミー1期生の1人

Nさん@バイオレット

 

いつも仕事へのやり方に

疑問を感じていた上司の方が

 

i-color オレンジ(内面)×コーラル(外面)

だと発覚したようです

 

*スクーリングで予測をあてています!

happycareer-eu.hatenablog.com

 

こんなメッセージを下さいました。

 

通りで、いつも上司から出てくるワードは

『勝つ』『勝負』『戦う』が多かったのは

納得でした。

 

本当にだれがどうみても、

勝負がモチベーションの人でした。

 

自分のことも、勝負師?

と言っていた気がします。

 

i-colorオレンジコーラル

自分の力で結果を残すことにこだわる

i-color表現グループの中でも

 

とりわけ

「勝ち負け」にこだわる傾向があります

 

特に男性の場合は

「勝ち負け」が生存問題なんじゃないかな…

 

ですから、ライバルや競合がいると

わかりやすい目標ができて燃えたり

 

>> 参考記事

happycareer-eu.hatenablog.com

 

納得のいく結果を残せるまで

限界まで自分と戦い続ける…

 

そんな人が多いのが特徴。

 

勝ち負けにこだわれる分

勝負ごとには圧倒的に強く

結果を残す力が備わっているともいえます

 

さすがNさんの上司

自分の素質を既に自覚されていますね!(笑)

どおりで仕事ができるハズだ…。

 

一方、人との信頼関係を大切にする

発案グループのNさん@バイオレットにとっては

 

結果しか見てくれない上司と

気持ちを通わせられないことが

仕事へのやりがいを見失ってしまった一因でした

 

そこで、スクーリングを機に

職場の方のi-colorを

思い切り調べてみたようです。

 

すると…

 

(相手の)カラーがハッキリした=その人の素だと理解して接するので、気持ちがとても楽になりました。

 

そうそう、悪気があってやっているわけではく、結果にこだわるのは生まれつきなのです。

 

あと、パフォーマンスにこだわる表現グループの上司や先輩は、よく「仕事できる」かどうかで人をみる発言をします。

 

そういうところも、発案グループの私は、「人柄」を見てほしいタイプなので、かみ合わなかったのですが、今では、表現グループっぽいなぁと受け入れられています。(笑)

 

とのこと。

 

スクーリング1回だけで

随分気持ちが楽になったみたいですね!

 

メッセージが嬉しかったので

ブログでも紹介させて頂きました。

 

ということで

Nさんの上司の方@オレンジへの合言葉は

 

もはや

「こうすると勝てます!」

 

これしかない!(笑)

 

統計心理学 i-colorには

発案表現展開グループという

3つのグループがあるのですが

 

それぞれ大切にしている価値観が異なり

物事への着眼点

仕事や人生で大切にしていること

その人の強みや自然とできること…

全てが異なります。

 

それはつまり

コミュニケーションする上での

前提条件が違うこということ。

 

時には

まるで違う言語で話しているかのように

「話が通じない!」と感じることも。。

 

話が通じない

=こちらの意図が正確に伝わらない

=ミス・コミュニケーションということ。

 

ですから

相手の価値観を理解することは

相手の言語を理解することにつながるわけです。

 

皆さんの上司の方への殺し文句は

何ですか?

 

私はよく

「やっぱりこの仕事は社長じゃないと~」

といって

上司の方に仕事を投げてましたよ(爆)

 

 

>> i-colorについて詳しくはこちら

www.happycareer.eu

 

♤今後の予定

>> 5月27日(土)14:00〜17:00  アカデミー体験会

https://www.happycareer.eu/workshop/