ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

心の闇はどうして生まれるの?

f:id:happycareer-eu:20171224053533j:plain

本日14:30(ドイツ時間)ニュースレターを配信いたします。

 

今回も音声で

心の闇について語っています。

  

新生アカデミー講座のテーマは

 

自己受容(あり方)

 × 自己分析(やりたいこと探し)

で培うブレない自分。

 

マイナス(自己受容、許し、あり方)

プラス(自己実現、強み、目標達成)

同じくらいフォーカスをおいています。

 

土台(自己受容)と目標(自己実現)  

根っこの深さと芽の高さが

ちゃんとバランスの取れている時

 

人は、本当にやりたいことと

本来の自分を生きること

同じように自分に許可できる

  

どんなに大きな夢も地に足をつけて

今、ここの一歩からスタートできる

 

今年は

自己実現をよりシンプルに

自己受容をよりディープに

語っていきたいです。

 

   

ニュースレターのご登録はこちらから

https://www.happycareer.eu/newsletter/

 

 

 

 

2018年は「決め続ける」年になる

f:id:happycareer-eu:20180115022849j:plain

お久しぶりです! 

2018年あけて、2週間がたちましたね。

 

みなさまいかがお過ごしですか? 

キャリアカウンセラーの柏葉綾子です。

 

実は先日から

自宅のインターネットが使えなくなり

      

「ブログが書けない!」

「死活問題だ!どうしてくれるテレコム!」

    

と、騒ぎかけたのですが

*テレコム=ドイツの電話会社

 

そういえば年初に

「今年は100の信頼を選ぶ」

宣言したことに気づき

仕方なく今できることをやって

大人しく待つことにしました(笑)

   

復旧にはまだ少し時間がかかる模様です。

   

いつも新しいチャレンジ宣言をすると

「ほんとに決めてる?」っていう

お試しの流れがやってくるのですが 

 

今年はその流れが異様に早すぎる。

 

なんですかね?

このトルネードのような流れは?

  

あっちでボン、こっちでボンボンって

試されすぎや!!

(他にも色々と信頼を試された)

      

おかげで

去年なら数ヶ月かかった心境の変化が

1日で変わるようになった気がします。

f:id:happycareer-eu:20171003191727j:plain

さて、今年に入ってから

     

・急に体調を崩して寝込む

・心を大きく揺さぶられる出来事に直面する

      

そんなケースを沢山お見かけしています。

 

はぴきゃり関係では、以前のように

「モヤモヤし過ぎていて

 どうしたらいいかわからない」

という方と同じくらい

「もはや決断を迫られている」

という方にお会いする機会もふえてきました。

 

こうしたお話に共通する2つの傾向は

 

① 現実で起こる問題を通して、自分自身が

抑圧していた感情と必然的に向き合わされる

 

かつては自己分析講座でもやらないと

自分と向き合うことは少なかったのですが

ちゃんと向き合わないとスルーできないくらい

現実の問題が大きくなっているケースです。

  

「自分はどうしたいのか?」

  その最終決断を迫られる

 

こっちは、決断の本気度を問われるケース。

 

 

どちらも唯一の解決方法は

「自分自身と向き合い

 本音に深く着地してゆくこと」

そこにしか答はありません。

  

は、無視していると

体調やメンタルに大きなダメージを受けるので

ちゃんと自分の中の抑圧感情に

向き合ってあげるのがベストですね。

   

またすでに何かを決断してきた人も

自分の中にある迷いや恐怖の残骸と

向き合わされる出来事は起きます。

   

夢に一歩を踏み出したとたん周りに現れる

ドリームキラーなんて、その格好の例。

 

自分の中の迷いが、そうした人たちの言葉に

影響を受けやすい現実をつくっているのです。

      

人は誰でも、他人の言葉にグラつくもの。

   

でもグラついた時、わたしはよく

「自分への信頼が足りない」と気づきます。

 

そして残念ながら、外野を気にしているうちは

まだ何にも本気を出していないのが事実。

  

・やりたいことが完全に肚落ちしていない 

・自分の感覚や本音に集中する力が足りない

・自分自身の決断を100信頼できていない

   

そんな時、自分の周囲は

自分の迷いを如実に映し出してくれるのです。

f:id:happycareer-eu:20171007213406j:plain

1月27日(土)スタートの

アカデミー講座・第3期では

 

・本来の自分自身の役割

・自分が本当にやりたいこと

  

この2つを丁寧に洗い出し

ブレない自分自身の土台をつくります。

 

ライフワークや天職は、あなたを

幸せにするためにあるわけではありません。

  

自分自身が十分に満たされ

やりたいことをもう偽らなくなった時に

自然と引き合うものなのです。

  

常に

「今、ここの幸せ」の延長線上にしかないし

そうでなければ、天職と出会っても

そうと気づけない経験をするでしょう。

 

決断の時を迎えている方

これからの新しい生き方を見つけませんか?

    

本当の意味で、自分の軸がすわっていくと

あらゆる揺さぶりを糧に

自分自身に立ち返ることができるはずです。

  

お申込みはこちら (残席2名)

f:id:happycareer-eu:20171223065813j:plain

 

最後に、タイトルの

2018年は「決め続ける」年

に戻りますが

 

① 現実で起きる問題を通して、自分と向き合わされる

②「自分はどうしたいのか?」の最終決断を迫られる

  

今年はそれを繰り返しながら、それぞれが

方角を決めていく年になりそうですね。

  

厳密にはこれまでも

私たちは決断を繰り返してきて

 

何も決めない時ですら

「決めない」という選択を確かにしています

      

これまでそうやって

なあなあにしてきたことについて

  

今一度「どうするの?」と、問われたのち

最終的に自分が選んだ方へ一気に流れ出す

 

そういう急速的な流れを感じます。

     

「100の信頼を選ぶ」と宣言した

   ↓

本当に相手を100信頼してる?

   ↓

本当に自分のやってることを100信頼してる?

   ↓

本当に何が起きても100の信頼を選べる?

  

これ、私がたった2日の間に

経験したゆさぶりなんですが

 

1つ1つの出来事が

自分自身への質問(Question)であり

飛び石のようなものだと気づきました。

f:id:happycareer-eu:20180115025323j:plain

自分がそこにどう反応するかで

今後の流れの向きが決まっていく。

   

1つとんで、2つとんで、3つ飛んで

最後に1つの流れが加速し始める。

 

わたしは3回聞かれました。

 

一番最初の選択が、一番ぐらついた。

「100の信頼を選ぶ」ことが怖かった。

 

でも、わたしがそうすると決めた以上

今、自分は

試されているんだと気付いたんですね。

     

決めるとは100の確信をもって

そちらを選びとるということ    

もう後ろを、振り返らないということ。

   

そして信頼は

特定の結果への執着を捨てること

つまり、期待を手放すことなんでしょう

  

上手くいかなかったら

傷ついたら、裏切られたらどうしようではなく

それすらも信頼していくということ

       

信じたいと思った純粋な自分の気持ちに

100%コミットすることですね

 

あ、本当は何か違和感を感じているのに 

不安をごまかそうとして

何かを失うのが怖いからって 

信じたフリをするのは違うよ

   

たった一人になったとしても

自分だけは

信じたいと思えるものを信じるんだ

 

自分の本音を忠実によく見て 

f:id:happycareer-eu:20171025010806j:plain

さて

あなたは今年、どうされたいですか?  

 

P.S. なんかこの記事書き終わったら

ネットが復帰した

  

>> 海外でも、あなただけのハッピーキャリア 見つけてみませんか?1月27日(土)開講 アカデミー講座・第3期、お申し込みはこちら

f:id:happycareer-eu:20171019183440j:plain

万物は流転する

f:id:happycareer-eu:20180108224113j:plain

新年明けて

まだ1週間しか経ってないなんて驚き

 

キャリアカウンセラーの柏葉綾子です。

 

わたしは趣味でチェロを弾くのですが

(正確には弾いてた?かな)

 

今朝方、ふと思いました。

 

「もういいかな」

 

あ、辞めるってことではなく

気が向いたら

また弾くのかもしれないですが

 

今はまだ「弾きたい!」という

子供のように

ピュアな欲求がないんですよね

  

本当は今までも、純粋な欲求は

なかったのかもしれないんですが

 

昔はオーケストラに所属していたこともあって

なんていうのかな?機会があれば

結構求められるがままに弾いていました

    

勝手に必要性を感じて

勝手に応えようとしてしまう

   

いつの間にかそういう弾き方が

板についてしまっていたような

   

練習だから行かなきゃ、とか

本番近いから練習しきゃ、とか

 

これって全部、何かを怖れての選択であり

純粋な情熱から出てきた選択ではない

  

 「んん? それより

 今の自分自身の気持ちはどーなの?」

   

社会に自分の居場所があるって

誰かに必要してもらえるってとても嬉しいこと

(特にi-color 発案グループの人は v

   

でも、そこにのめり込みすぎると

人はそこで役割を演じるようになる

    

自分自身の選択だったはずが

やがて自分自身への枷となっていく

  

ルールはルールとして

いつの間にか自分自身の気持ちが

置いてけぼりになってしまうのです

 

f:id:happycareer-eu:20180108224508j:plain

ほとんどの人は、やりたいことは

自分の外にあると思っているかもしれません

  

でも本当は、自分の中にある

  

自分の中にある

 “やりたいこと“ の本質やエッセンスが

  

自分の外にある

特定の仕事や何かに投影された時

    

人ってこれがやりたい!

と、感じるのです

   

外側のその 何か“ を目標にするのが

これまでの夢の叶え方

 

でも、それって投影だから

自分の心のナビが正確に起動していないと

 

途中で

「あれ?

 本当にこれがやりたかったのかな?」

ってなるし

   

何より目標と自分との間に距離があるから

今の自分にはまだ無理

簡単にハードルを感じやすい

  

そして資格を取り始めたりする

  

本当は

やりたいこと=資格を取ること

ではないんだけど(大概は違う)

   

自分の中に恐れが強く残っていると

 

他人の評価に耐えうる自分になるために

人はどうしても

武装を必要としてしまうのだ

f:id:happycareer-eu:20171027002703j:plain

去年の暮れくらいに

 

わたしがアカデミー講座

やりたいことはむしろ逆であり

   

どこまでも自分と向き合い

自分の中にあるやりたいこと

エッセンスを育てて

  

それが自分の外に出ていくことを 

許可してあげることだと気付いた

  

今の自分を信頼し、自分自身を受け入れ

自分の情熱を大きく大きく育てた時

 

人はまず、今おかれた場所で

 “やりたいことを体現し始める

 

パッションが自分自身からあふれ出ることを

許可してあげるのだ

    

それが、資格がなくても

受講生が自然と変わっていき

自然と結果を出していくようになった

理由なのかもしれない

f:id:happycareer-eu:20171027002045j:plain

何年前だろう、ある作家さんが

 

遅かれ早かれ、これからの仕事は

プロジェクトベースが主体になる

 

なぜなら、決められた仕事を

会社が社員に割り振るよりも

     

プロジェクトの度に

純粋にやりたい人だけを募って 

そのエネルギーのチームで動くのが

一番上手く回るからだ

   

と書いていて

あ~これこれ!このビジョンいいね!

と、思ってたのですが 

  

これからは、今まで以上に1人1人が

「今、ここの気持ち」に着地していること

大切になってくる気がします

   

やりたくないことをやるのは

もちろん論外なのですが

  

これまで楽しかったからといって

今までは通例だったからといって

 

惰性で動くと

やがてモチベーションが枯渇してゆく

           

モチベーション安定の秘訣はきっと

常に自分自身の内側を向いて

今、ここの自分自身の本音に

着地してゆくことですね

 

すると誰でも自然と

ライフワーク(生まれてきた目的)へ導かれる

    

その時、すべては成り行きであり

自然と起こることなんだな、とわかる

  

なぜなら      

この流れそのものが人生だから

 

 

>> もう自分自身を偽らないキャリア 始めませんか?1月27日(土)開講 アカデミー講座・第3期はこちら

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

f:id:happycareer-eu:20171019183440j:plain

 

クレーム対応と無価値観

f:id:happycareer-eu:20180107234956j:plain

先日、ダブルワーク先で気がついたことです。

   

営業部にお世話になっているのですが  

これまでよく担当者が変わっていたため

  

ところどころ引き継ぎもれや

長らくフォローされていなかった案件があり

     

たまにですが、クライアントさんから

クレームを頂くことがあるんですね。

  

で、わたしが新しい担当者ということで

そうした対応も回ってくるのですが

     

正直

クレーム対応ってしんどいな...って思って

   

最初かなり

イヤーな気分になっていたんです。

 

なんで私が怒られにゃあかんねん!!と

f:id:happycareer-eu:20170831000634j:plain

 

ところが、キャリアカウンセラーなんて

仕事をしてるもんですから

 

ふと先日

冷静に自分を観察してみたんですね。

 

なぜ自分は、クレーム対応という仕事で

嫌な気分になるんだろう?と

 

 

だって、冷静に考えてみてくださいよ。

  

 

たとえお客さんが怒っているとしても

それは私の所為ではないわけです。

  

 

んん?

 

 

あれ?

 

 

このあたりで気づきましたよね。

 

 

なんでわざわざ

嫌な気分になってあげる必要があるんだ?

 

 

だって

自分は悪いと思ってないんですよね?

     

      

???

  

  

これ、気がついたんですが 

  

もしも「自分は全く悪くない」

ということが完全に腹落ちしてれば

  

申し訳ないオーラが1ミリも出ませんから

     

たとえクレーム対応で相手が怒っていても

「あ~なんか血圧上がっとるな」で

終わるはずなんです。

   

親切心から謝罪の言葉を口にしたとしても

そこに罪悪感や口惜しさは1ミリもない。

 

自分の心の状態は、清々しいくらい

影響されないはずなんですよね。

 

なんたって、私は悪くないのですから 😎

      

 

しかし、クレーム対応で

自分の心は、相手の怒りオーラに

少なからずネガティブな影響を受けている。

 

     

なんだこれは??

 

 

なぜ、影響される必要があるんだ??    

 

 

「なんで私が怒られにゃあかんねん!!」

って怒ってるけど

  

人が怒る時って😤

自分の中にあるネガティブ感情を

刺激された時だよね

 

 

 

・・・・

  

 

  

そんなこんなで

ずーっと自分の心を掘り下げていったら

  

 

 

ありました。。

 

   

 

「無価値観」  

 

  

おーおーおー

 

そりゃあ

相手が怒っている状況に出くわした時

自動的に縮こまりやすいよね。

   

なんたって、どこかで

わたしは無価値だ...

思っているのだから 

 

そのことに気づくために

わざわざ、こんな現実を体験をしたのか….

(ぐったり)    

  

もう、現実で遊ぶのは卒業したいので  

次からは「無価値感」が出てくるたびに

手放しあるのみ ♡

     

重たいものはさっさとおいてくに限る

f:id:happycareer-eu:20180108001720j:plain

 

自分と向き合うのが怖い...という方に

たまにお会いすることがありますが

 

 

えっと

 

    

自分と向き合っていない方はこの世のどこにもいないです

    

 

現実って自分で映し出しているから

  

 

仕事と向き合ってる

人間関係で悩んでいる

パートナーと向き合っている

  

 

うんそれ、全部自分。

 

 

目の前で展開されている現実を見ると

自分の心の中が自動的にわかる

そういう仕組みになってるだけです

  

自分で映しだした状況や

他人を変えることはできないけど

       

自分自身を見つめ直し

自分のあり方を変えることはできる

 

だから、やりたいことを確信したら

ちゃんと現実も

その心を映し出してくれるんだね

 

>> パートナーシップでお悩みの方、必読♡

>> 無価値観についてはこちらもどうぞ ♡

>> 海外でも、あなただけのハッピーキャリア、見つけてみませんか?1月27日(土)開講 アカデミー講座・第3期はこちら

f:id:happycareer-eu:20171019183440j:plain

 

 


 

 

 

今の自分自身の向こう側へ

f:id:happycareer-eu:20180107071802j:plain

キャリアカウンセラーを

やっているというと

 

「どんな人が相談にいらっしゃるんですか?」

「どんな方が講座を受けてるんですか?」

 

と、よく聞かれます。

 

定例通りにお答えするならば

大きく分けて2つの層があります。

 

 

① アラサー・アラフォー世代

     

海外現地採用で、これからの人生に

行きづまりを感じている方

 

もしくは、これまでは気付かずにいた

自分のモヤモヤに気づき始めた方 

   

若くして海外赴任・海外移住となり

自分の視野が広がった一方で

これからの可能性を見失ってしまった方 

 

      

② アラフィフ世代

     

自分が残りの人生を費したいものを

真剣に探している方

 

ただ、わたしが以前ほど

年齢にこだわらなくなったのは

 

年齢って本当に関係ないんだな

ということが

経験的にわかってきたからです。

 

違いが現れるのは

自分との向き合い方だけで

    

自分の人生を本気で模索する人同士が

出会った時

  

そこにあるのは

相手が自分より年上でも年下でも 

互いへのリスペクトだけなんですよね

f:id:happycareer-eu:20171012212234j:plain

また 

 

本当にやりたいことを見つける

キャリア講座というと

  

これまでの人生と

これからの可能性

  

どちらかを選び

どちらかを手放さなければならない

と、感じる人もいるみたいですが

  

それはちょっと違います

 

この講座で本当に手放していくのは

これまでの人生なんかじゃなく

  

これまでは周囲を気にして

何も決められなかった自分自身

  

自分の気持ちすら

信じられなかった自分自身

    

どこかで人目や評価を気にして

あえて本当の自分を見ないようにしてきた

自分自身です

  

そんな自分とお別れできない限り 

 

結局わたしたちは、何を選んだとしても

納得のいく人生は歩めません

       

つまり何を選ぶかは

あまり問題じゃなかったりするのです 

 

本当は

    

二者択一なんかではなく

100%の理想をクリエイトしていいのですが

    

それができると信じられないのは

 

きっと

 

今の場所からでは    

実現までの HOW TO が見えないから

なんだろうね

        

だってそれは

自分自身が何かを選択した時に

初めて向こうから立ち現れるものだから

f:id:happycareer-eu:20171214052657j:plain

 

正解を他人や社会ではなく

自分自身に求め始めた時

 

わたしは感じ始めました

  

本当の自由は

ここにあったのかもしれないって

 


     

>> 海外でも、あなただけのハッピーキャリア、見つけてみませんか?1月27日(土)開講 アカデミー講座・第3期はこちら

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

f:id:happycareer-eu:20171019183440j:plain



 

もし、全てが大丈夫なんだとしたら

f:id:happycareer-eu:20180103172514j:plain

おはようございます。

今日は朝からすんごい雷雨のドイツ

 

明け方びゅんびゅん唸る風の音で目が覚めた

キャリアカウンセラーの柏葉綾子です。

 

ダブルワーク先のボスに

「柏葉さんてポジティブですね」

と、よくいわれます

    

わたしの中では

 

ポジティブっていうより

流れを信頼してるだけだよね、と

思っていたのですが

  

今朝、ふと気がつきました。

      

そういえば、キャリアカウンセラーって

人の可能性を信頼する仕事だね

 

少なくとも私にとってはそう

 

たとえ今は

自分の可能性を信じられなかったとしても

 

心のどこかで

" 信じたい " と思っている人に

出会いつづけていくのがこの仕事

 

 

信頼とリンクしてないポジティブには

力み、というか

ちょっと無理やり感があって

 

「きっと上手くいくはず!!(汗)」

  

みたいに、言葉と裏腹な(汗)マークが

最後にいっぱいついてる。

 

でも

 

信頼とリンクしてるポジティブは

上手くいっても、いかなくても

大丈夫なんだと知っている状態

 

そんな風に感じます

 

失敗すら幻想だったと知りつつある今

わたしは何を選び続けるんだろうか?

 

それならきっと

わたしは喜びを選び続ける。

 

 

同じように

もし、全てが大丈夫なんだとしたら

 

あなたは、何を選びたいですか?

 

それが自分にとって

一番を選び続けるということ

 

素敵な1日を ♡

f:id:happycareer-eu:20171015185923j:plain

 

海外でも、あなただけのハッピーキャリア、見つけてみませんか?1月27日(土)開講 アカデミー講座・第3期はこちら

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

f:id:happycareer-eu:20171019183440j:plain

あけましておめでとうございます

f:id:happycareer-eu:20180102055746j:plain

2018年も

どうぞ宜しくお願い致します。

 

わたしの今年のテーマは

「変革」のように感じています。

  

変革、といっても

現実で何かを変えていくというより

 

自分自身の意識や考え方が

変革されていく1年なのかなと思います。

   

今、とても興味のあるテーマは

   

・もっと遊び上手になって

 地に足のついた、軽やかな発信をすること

     

・自分への信頼100%を選択して

 あらゆる出来ごとや流れを信頼していくこと

 

この2つです。

 

実は去年は

90%自分を信頼できるようになる」

が密かな目標だったんですが

 

信頼って「できるできない」というより

選択なんだな、と感じました。

   

%信頼するのか?

毎回、自分で選べるみたいです。

決めたらそうするだけ。

 

あ、去年ちょっとブログに書いてますね。

" 自分のことすら信じられなかったから

誰も信じられなかった

だったら、自分を信じると決めたなら

全てを信じられるはずだ "

 

ブログにも

そのままのエネルギーが

乗るんだろうな、と感じるので

 

今年は 100%自分の本音に着地した

より嘘のない

純粋なメッセージを発信したい

と、思います。

 

本年も宜しくお願い致します。

 

P.S.   

明日のニュースレターで

新年の抱負(音声)を語っています。

よかったら聴いてください♡

https://www.happycareer.eu/newsletter/