ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

コラムページができました

f:id:happycareer-eu:20171019054542j:plain

はぴきゃりアカデミー・ヨーロッパ校

ホームページ内に

コラムページを新設しました。

 

今までのブログ記事の中で

アクセスや反響の大きかったものを

 

少しずつ取り上げて

整理していく予定です。

 

宜しくお願い致します。

https://www.happycareer.eu/column/

 

わたしの本気

f:id:happycareer-eu:20171018040841j:image

今年の1月
日本に帰国していた時のこと

 

「あやちゃん
 まだ本気出してないでしょ?」

 

はぴきゃりアカデミー本校代表の
えつこさんにそう指摘された

 

その時の私の、正直な気持ち

 

「あれ….??


 そういえば本気って
 どうやって出すんだっけ…?」

 

自分の感覚を疑った。

 

その時はまだ
魂の奥底から燃え上がるような
パッションはなかった
 


筋金入り単細胞のわたしは

 

「きっと気合が足りないんだー!」

 

と思って、そこで気合を入れ直した。
 

 

今年の夏
 
文字に起こすとあまりに怪しすぎて
途中でブログに書くのは
やめちゃったけど
 


自分の中で
頭の声と肚の声が
別々に聞こえるようになった
  


*後で受講生から「わかります、あの感覚」と言われて安心した、小心者のわたし(笑)

 

その時も


👑「まだ本気を出していない」


と湧き上がる肚の感覚があった

 


あれ?おかしいな。


これでも結構
がんばってるんだけど…


友達には
「もっと休んだ方がいい」って
言われてるくらいなんだけど…

 

 

まだ足りないのかな…?

 

 

なんて思っていたら、9月に入って
ある日突然ブログが書けなくなった
 


それから
しばらくして気づいた
  


本気を出してないって


がんばってないって意味じゃない

 

本当の気持ち100%で勝負してない
ってことだ
 


どこかでまだ
自分に嘘をついているから
どんどん疲れていくんだ
  


*本気=冗談でない本当の気持ち
って辞書にも書いてある

 

       
うまくまとめなくちゃ(気負い)とか 
 
こんなブログじゃ
お客さん離れちゃうかな?(人目)とか
 
メリット訴えなくちゃ(打算)とか
   


どこかで

よく見せよう!として

 

自分じゃないエネルギーを
背負いこんでいた
小さなわたしがいました
  


だから少しずつ疲弊していった
  


そういうの     
これから1つずつ
手放していきます

 

わたしの本気、どんなだろう


よかったら、見てください (^ ^)

 

11/4(土)i-colorバイオレットの会を開催します

f:id:happycareer-eu:20171003191038j:plain

世界でつながるi-colorバイオレット

 

先日ニュースレターにて

一足先にご案内を差し上げましたが

 

11月4日(土)に

i-colorバイオレットをテーマにした

グループカウンセリングを

開催致します。

 

もしご自身のi-colorが

バイオレットであれば

あなたも一緒につながってみませんか?

 

・バイオレットさんによくある仕事や人間関係のモヤモヤ

・バイオレット流 ♪ はぴきゃりの見つけ方

・知られざるバイオレットさんの魅力と強み

・バイオレット流 ♪ 上手な夢の叶え方

 

などを取り上げながら

i-colorバイオレットの魅力を1つ1つ 

紐解いていきたいと思います。

 

今回はオンラインでつながりますので

ご予定が合えば遠方の方もどうぞ。

 

>> 詳細 <<

Webでつながる i-colorバイオレットの会

        

日時:11 4日(土)

ドイツ時間 13:0015:00

(日本時間 21:0023:00

 

条件:Facebook IDをお持ちであること

(ビデオチャット機能でつながりましょう)

   

定員:3~5名さま 

参加費:30 EUR(クレジットカード可)

 

♡ グループセッションに際して 

ご自身のi-color診断シート・詳細版を

お渡ししております

 

詳細とお申し込みはこちらから
https://www.happycareer.eu/i-color-cafe/

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

純粋で幸福なバカ

f:id:happycareer-eu:20171015185923j:plain

先日、家族がドイツに

旅行に来た時のことです

 

母が膝を痛めていたので

家で足湯を作ってマッサージしてあげました

  

あげましたと、書いていますが

 

別に頼まれた訳ではなく

純粋に私がやりたかったんですね

  

その時改めて、自分という人間を

思い知らされたのですが

   

わたしは心や体の疲れている人に

無心に奉仕することが好きです

 

(あ、自分が疲れてる時はやらないよ)

   

そうしていると

自分が幸せを感じるからだと思います

    

その延長線上にあるのが

今の自分の活動であり

      

万一この仕事をやめる時がきても

 

結局自分は、こうやって生きていく以外

どうしようもない人間なんだろうな

 

と、痛感した次第です。

  

 

アカデミー講座では

「やらずにはいられないこと」という

表現をしていますが

 

誰にでもこうした 

「無心になれること」

「気がついたらやっていること」

というものが、実はあります。

  

無心とは、損得勘定や見栄

自身のプライドや世間体などを忘れて

没頭できる状態のことです。

  

余計なしがらみがありませんので

自分自身に変な力みがなく

リラックスして集中力の高い状態です。

  

そこにいる時の感覚としては

とても自由で幸福で気持ちがいいものです。

  

ま、我に帰ると

結局しがらみも戻ってくるのですが

    

 

やりたいこと探しをサポートしていると

  

「自分がこう見られたい」

「自分がこうやって世間に認知されたい」

   

といった

いわゆる承認欲求に根ざした仕事が

候補にあがることもしばしばあります。

 

それもまた

私たちの自然な欲求の1つであり

誰もが必ず通る駅だと思うのですが

 

他者承認、だけにしばられていると

 

結局人は、夢を描きつつも

人目が気になって行動できない自分に

失望したり

   

思った通りの結果を手にできなかった時

また行き先を見失ってしまいますね

   

そうした意味で

無心は本当に自由なんだと思います。

 

誰もが純粋で

幸福なバカに戻れる場所と言えます

   

皆さんが「無心」になれることは何ですか?

  

ヒントは意外と

毎日の中に隠れているかもしれませんね。

 

 

>> カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

>> ご自分の個性や行動特性がわかる
素質診断付きニュースレターはこちら

 

共感能力という才能

f:id:happycareer-eu:20171014030110j:plain

私は、生まれ持った才能は

借り物だと思っています。

 

人生の青写真を体現するために

神様から、あるいは

ご先祖様や両親から譲り受けたもの。

 

それは

 

あなたの存在価値を証明したり

他人より優れていることを誇示するために

授かったのではなく

 

目的(ライフワーク)のために

理由あって借りてきた能力なのでは?

と、感じるわけですね

 

あなたは、自分の才能を

真の目的(本当にやりたいこと)のために

役立てていますか?

 

ずっと使わずに腐らせていたり

持て余して困っていたりはしませんか?

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。 

 

私のクライアントさんには

「感受性・共感能力」の高い人が多い

と感じています。

 

これは本来

誰にでも備わっている力なのですが

やはり能力の高い、低いはあります。

 

>>  共感能力の高い人の特徴

・相手の今日の気分や感情がわかる

・1人の時間が好き

・他人の嘘が直感的にわかる

・人の多い場所に長時間いると疲れる

 

 

ブログをご覧の皆さんに

心当たりのある方はいらっしゃいますか?

 

これまで見てきた感じでは

この「共感能力」の高さと

i-colorグループはあまり関係ないようです。

(どのグループにもいる)

 

ただ、高い共感能力を持つ人は

やはりそれを使いこなすだけの器を

自分に育てる必要があります。 

 

無自覚だと、自分が能力に振り回されます。 

 

  共感能力をうまく使えない時の弊害

・周囲の人の気分に影響されやすい

・ギスギスした職場で人一倍疲弊する

・傷つくことを恐れて、他人に心を開けない

SNSで他人のエネルギーを拾いやすい

・根暗でいじけたハリネズミちゃんになる

 

もしここまで読んで

がーん、何か心当たりあるかも

と、思われた方

 

おめでとうございます。

 

あなたは、こんな才能を授かって

生まれてきたのです。

 

  共感能力を上手に使った時の才能 

・周囲の人のマイナス感情を洗い流せる

・職場のオアシス的な存在になれる

・こちらに感化されて

  相手が自ら心を開いてくれる

SNSで人一倍優しいエネルギーを流せる

・他人の心を癒せるウサギさんになる

 

(ハリネズミとウサギは例えです)

 

 

自分の才能をつぶすか、うまく使えるかって

紙一重なのかもしれませんね。

 

保身だけを考えて守りにはいっているか

世界のためにその力を差し出しているか

それだけの違いなのかも

  

わかるかな?

  

①弊害は、収縮のエネルギーを感じるでしょ?

②才能は、拡大のエネルギーを感じませんか?

 

そもそも、使い方の分からない才能を

授かっていることはないはず

 

能力の使い道(自分の本来の目的)

を見失っているから

持て余しているのではないかな?

 

拡大のエネルギーって、世界のために

自分を犠牲にするってことではないですよ

 

むしろ、自分が授かった力の

威力と素晴らしさを自覚するということです 

 

あなたは他人に影響されやすい人じゃない

世界に対する優れた影響力を持っています

 

さて、その力を

何のために使いたいですか? 

 

>> カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

>> ご自分の個性や行動特性がわかる
素質診断付きニュースレターはこちら

 

現実の問題は、自分で引き起こしてるってホント?

f:id:happycareer-eu:20171012204212j:plain

先日、友人と話していて

シェアしたいなと思ったお話です。 

 

心理学や自己啓発、はたまた

引き寄せの法則や量子力学を

かじったことのある方なら

   

きっと一度は聞いたことが

あるのではないでしょうか

   

「すべての問題は

 自分で引き起こしている」

 

でもこれって

 

言葉通りに捉えると

心が受け付けてくれない時が

ありますよね。

 

自分では本当にどうしようもなかった

病気やトラブルなど

 

「じゃあ全部

 わたしが悪いっていうの?」

  

と、逆ギレしそうになったり(笑)

  

「どうせ自分なんて

   

と、いじけて

投げやりモードになったり(泣)

   

そうではなく、こんな風に

とらえてみるのはいかがでしょうか

 

「すべての問題は

 自分に何かを気づかせるために

 起きている」

   

わたしの講座では、時に

観察者意識の話を取り上げます。

  

「自分」と、それを見ている

「もう1人の自分」です。

f:id:happycareer-eu:20171012204633j:plain

例えば、現実で何か

ショッキングな出来事を経験した時

 

自分自身をよく観察してみると

    

嘆き悲しむ自分・うろたえる自分

(いわゆる浸っている自分)と

    

それを遠くから冷静に見ている

もう1人の自分がいることに

 

気づいたことはありませんか?

 

この「もう1人の自分」を

意識や本質と呼んだります。 

    

人間というのは 

現実であまりにショッキングな出来事を

経験すると

 

なにかこう、自分の人生なのに 

まるでテレビドラマを見ているような

感覚に陥ることがありますが

  

この時は

「自我」が麻痺してしまって

「意識」だけが残っているのですね。

 

   

現実で何か問題が起きた時

    

もしも、自分の(潜在)意識が

自我に何かを気づかせるために

         

「すべての問題を引き起こしている」

と仮定したら

     

今、わたしがここで

見落としていることはなんだろう?

    

という視点で

現実を見つめてみると...

 

どうでしょうか?

      

 

ほんの少し

気が楽になりませんか?         

 

 

この視点を、例えば

職場の人間関係にあてはめると

    

こんな見方もできますね。

 

ここで自分を責める必要は

全くありません。   

 

「なんかお知らせ来てる(><)」

で大丈夫。

 

           

1つ注意してもいいことは

 

目の前の問題は

必ずしも「今の自分」が定義する

 

努力や忍耐、成長を学ぶために   

用意されているとは限らない

と、いうことです

  

・他人を信頼すること

・コントロールを手放すこと

・えげつない自分を認めること

    

これらは今まで、私が色々な経験から

「こういうこと?」

と、受け取ってきた知恵ですが

   

要約すると

    

「分をわきまえろ」

「思い上がるな」

「身のほどを知れ」

    

ということでした。

   

自分が見落としている点は

自分ではとても見つけにくいもの。

 

問題は、今までの常識や自分ルールを

ぶち壊す角度から投げ込まれます。

   

でも、いつか必ず解ける日が来ますよ。

 

f:id:happycareer-eu:20171012212234j:plain

 

 

>> ご自分の個性や行動特性がわかる
素質診断付きニュースレターはこちら

  

>> 個別セッションのお問い合せはこちら

 

 

わくわくの秘密1

f:id:happycareer-eu:20171007213406j:plain

やりたいこと探しをしている方なら

一度は聞いたことのあるセリフ

 

「わくわくすることをしよう!」

 

皆さんは、毎日

わくわくして過ごしていますか?

 

わくわくすること

やりたいことがわからない

という受講生に

 

私はやりたいこと探しを

強制していません

 

そんな時にお伝えしているのは

 

・とにかくリラックス ♪

・もっと自分の気持ちを大切に

・ホッとする時間をつくって

 

ということ。

 

好きなこと、やりたいことを

やっている私たちの感情には

 

動的なものと静的なもの

主に2種類あると感じています。

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

① わくわく

情熱・ときめき・喜び・エキサイティング

 

やりたいことにふれるとわきあがる

気持ちを熱くする感情・振動数が早い

 

しばしば直感(インスピレーション)や

衝動(インパルス)を伴い、行動に移すと

没頭(フロー)状態をもたらすことも

 

本人の目が輝く

 

 

② 幸福感

安らぎ・癒し・至福・満たされた感

 

好きなことにふれている時に生まれる

満ち足りた感情・振動数が細かい

波のように広がり余韻がある

 

心地よい状況下におかれ

リラックスした時に生まれやすい

呼吸が深くなり、心がホッとする

 

本人から満たされたオーラが広がる

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

この2つは

どちらも心に響くものであり

その響き方が少し違うだけです

 

① わくわくがわからない時は

② 幸福感や安らぎを積み重ねると

ある時、ふとインスピレーションが

やってきたりします。

 

焦らず、まずは小さな幸福感から

探してみてはいかがでしょうか?

f:id:happycareer-eu:20171007222600j:plain

ホッとひと息

 

私見ですが

 

普段から陽のエネルギーが強い方

(活動的で感情を表に出し、パワフルな方)は

「わくわく」を感じやすく

 

陰のエネルギーが強い方

(内向的で繊細、感受性の強い方)は

「安らぎ」の方が見つけやすいようです。

 

私の講座の受講生は

どちらかというと後者が多いかな。

人それぞれ個性がありますね。

 

また

やりたいことをやっていると、いずれ

の感情がいっぺんにやってくる時

 

いわゆる

「この上なく満たされると同時に

 未来への可能性にわくわくする瞬間」

というものが訪れます。

 

自分の人生で例を挙げれば

 

仕事だと

仲間と一緒に登壇したイベントが

とても楽しく大盛況に終わった時

 

趣味だと

室内楽やオーケストラのコンサートで

心ゆくまで演奏して喜んてもらえた時

 

達成感や余韻で

の感情がいっぺんにやってくる経験を

何度か体験しました。

 

私の本質は

「自分の思いを表現すること」であり

 

「仲間と一緒に何かをつくりたい」

「みんなに喜んでもらいたい」というのは

 

私の所属する

i-color発案グループの行動特性です。

 

つまり

自分の本質を自分らしいやり方で

体現することができれば

 

仕事でもプライベートでも

誰もがこれ以上ない喜びを感じることが

できます。

 

逆に言えば

今ここの小さなわくわくや幸福感を

追いかけていけば

 

いずれそれが

人生の大きなテーマにつながっていたと

気づく、ということです。

 

人生は全て

つながっているのですね。

 

>> ご自分の個性や行動特性がわかる
素質診断付きニュースレターはこちら

 

>> テーマを選べる個別セッション
詳細はちら