ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

仕事における「心からのやりがい」の在り処 〜アカデミー1期レポート①

f:id:happycareer-eu:20170405014500j:plain

4月1日(土)から

海外ハッピーキャリアを見つける4ヶ月講座がスタートしました。

 

記念すべき第1期生は

デュッセルドルフ・ミュンヘン・ベルリンの各地からお越しになった

 

Nさん@i-color バイオレット

Sさん@i-color オリーブ

Uさん@i-color オリーブの3名さま。

f:id:happycareer-eu:20170405015034j:plain

会場に到着すると

「本日結婚式があります」との表示があり

f:id:happycareer-eu:20170405015328j:plain

みんなでわーわー盛り上がりました。

 

 

この講座の1ヶ月目のテーマ

「自分らしさを知る」

ということで、皆さんには

 

エモーショナルグラフによる

過去の出来事の棚卸しワーク

 

統計心理学i-color(内面・外面)による

強みの掘り起こしワークを

事前課題としてお渡ししていました。

 

(みなさん「え?こんなにあるの?」という感じでしたがフフ…(´ー`

 

まずはじめに

 

「自分らしさを知る」とは

あなたの個性、つまりあなたという存在の

もともとの姿形を思い出すということです。

 

「自分の強み」を知ることはもちろんですが

この講座ではあえて

 

「自分の本当にやりたいこと

本来の自分らしさを思い出したいと思うなら

 

この4ヶ月間は 

あなたの長所と同じくらい

短所を大切にしてほしい」

 

と、お伝えしてからスタートしました。

 

理由が知りたい人は...このあたり読んでね▼

happycareer-eu.hatenablog.com

 

午前中は、生まれ持った素質の違いがわかる

統計心理学i-color についてのレクチャー。

 

・3つの価値観

・4つの役割

・6つのモチベーションの違い

 

についてのレクチャーを聞きながら

自分ならではの行動特性や

他人との価値観の違いについて

思いを巡らせることに

 

特に、3つの価値観というのは

i-colorにおける大きなグルーピングの1つ。

 

統計心理学 i-colorには

 

発案グループ:i-colorピンク・オリーブ・イエロー・バイオレット

happycareer-eu.hatenablog.com

表現グループ:i-colorゴールド・コーラル・グリーン・オレンジ

happycareer-eu.hatenablog.com

展開グループ:i-colorレッド・ブルー・ロイヤルブルー・ターコイズ

happycareer-eu.hatenablog.com

 

という大きく3つのグループがあり

それぞれが全く異なる価値観を持ち、

全く異なる基準で行動しています。

 

 

「自分の上司は、表現グループな気がする」

と、感づいていた Nさん@バイオレット

 

すれ違いの多かった上司のことを

「(発案グループの)自分とは

全く違う価値観の持ち主なんだな

 

という目で見られるようになり

昔ほど感情的にならず

穏やかに接することができるようになったそうです。

 

そして、レクチャーが進むうちに

「なんか、オレンジな気がする

と、上司の方のi-colorを推測されていました。

 

お相手の生年月日がわかれば

その場でi-colorを調べることもできるのですが

 

今回の4ヶ月講座の特徴の1つは

受講生専用のi-color 診断アプリが発行されること。

 

これは絶対、自分で調べた方が楽しいですよね

ということで、診断アプリが届くまでに

生年月日をチェックしてもらうことに…♪

 

また、i-colorにおける

その人の生まれながらの素質とは

 

内面(70%:素の自分・リラックスした時の一面

外面(25%:初対面や仕事の時に出てくる一面

サードエレメント(5%があり

 

わたしがi-colorカウンセラーとして

職場の人のi-colorを推測し始めた頃は

外面の色ばかりあてていた、なんて話もしていました。

 

Uさん@i-color オリーブ

「仕事では、外面の素質ばかり使っている」

という気づきがあったようです。

 

Uさんの外面i-colorは、グリーン

 

職場では、i-color グリーンの特徴である

マルチプライヤーかつディレクター的役割を

もっぱら担われているそうです。

 

やっぱり、その場で必要だと判断したら

外面の要素は強く出ます。

 

しかしながら

Uさんが今回夜行バスまで使って

ベルリンから受講に来てくださったきっかけは

 

@オリーブのブログを読んで

 

「めっちゃわかるわ~」

 

と、感じたことがきっかけだったそうです。

 

仕事で外面i-color 全開だったとしても

U さんの内面にはきっと

 

私と同じオリーブの価値観が

根付いているんだろうな〜...なんて

感じてしまったエピソードでした。

 

 

実は、はぴきゃりヨーロッパの

ニュースレターにお申し込みの方にも

内面i-color をお伝えしているのですが

 

診断結果をご覧になって

「どうもいまいちピンとこない

 という方は

 

Uさん@オリーブと同じように

もしかしたら普段、外面の方を沢山発揮されているのかもしれません。

 

《 i-colorカウンセラー・みっきーの参考コラム》

happycareer.jp

 

もし外面が発揮されていたとしても

それも「あなたらしさ」の1つです。

 

ただ、外面i-color

素質構成で考えれば 2530% と言われており

 

頑張って発揮し続けよう!!としても

ウルトラマンのような時間制限がある

と考えられています。

 

そして、その方の仕事における

 

「心からのやりがい」「喜び」

やはりあなたの70%の価値観を司る

内面i-color に根ざしていることが多いものです。

 

i-colorエグゼクティブトレーナー・つっちーさんの参考コラム》

happycareer.jp

 

そこで、そもそも論とはなりますが

みなさんは、何のために働きたいですか?

 

自分が心から大切にする価値観のために働きたい!

自分が心から納得のいく仕事を追い求めたい!

 

そんな風に感じたことはありますか?

 

もしもそうであれば

あなたの内面i-color に眠る「自分らしさ」を思い出すことで

 

ご自分が仕事に求めている真のやりがい

本当にやりたいことのキーワードを

拾い集めることができると思います。

 

 

ということで、

講座レポートは気ままに続きます〜。

 

 

写真撮影に来てくれた草刈麻里さん@レッド(左)と

f:id:happycareer-eu:20170405031156j:plain

 

♡ お知らせ

海外ハッピーキャリアを見つける4ヶ月講座

第2期は6月17日(土)スタートを予定しています。

 

4月22日(土)にデュッセルドルフで

体験会を行う予定です。

ご興味のある方は、イースター休暇明けの

ご予定をチェックしてみてください。

 

♤カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

♢個別セッションのお問い合わせはこちら 

4ヶ月講座の開催場所を見つけるまで ②

こちら、の続き

happycareer-eu.hatenablog.com

実際に見つけて下見に訪れた会場は、こちらでした。

f:id:happycareer-eu:20170330222518j:plain

どどーん

f:id:happycareer-eu:20170330222543j:plain

あの時見たギムナジウムと同規模か

もっと大きかったと思います。

 

なんかね、季節は違えど

写真まんまの建物でしたよ。

 

入って右手にはレセプションがあり

一見普通のホテルなんですが

 

なにぶん歴史的建物なので

天井が高い

 

椅子の背もたれも

王の椅子かってくらい高い

 

待つこと数分、担当のM氏が

会場を案内してくれました

 

「初めまして担当マネジャーのMです

 講座の日程はお決まりですか?」

 

「4月1日から月1回の開催で4ヶ月。

 私を含めて5名の参加者で検討しています」

 

「いくつか(ランチコース付きの)

 コーディネートプランがありますよ」

 

HPで拝見しました。

ただ、ランチなしで部屋だけおかりすることは可能でしょうか?」

 

「はい、対応可能ですよ」

 

終日セミナーの場合、ランチ付きのケースは珍しくないです。

 

でも、ドイツ人並みのコースメニューをお昼から頂きたいとは思えなかったし、ドイツ料理が好きじゃない人もいるかもしれない。そこに予算をかけたら受講料もまた上がってしまう。

 

それに、その日その日食べたい料理って違うよね?ということで、ランチセミナーはあっさり却下。

 

そんな私にM氏が案内してくれたのは2部屋。

 

地上階の角部屋「Paula Kienast」と

f:id:happycareer-eu:20170318080935j:plain

2階にある会議室「Helene Laube」でした。

f:id:happycareer-eu:20170330223015j:plain

「どちらもお貸しする事ができますが、4月1日はすでに2階の会議室(Helene Laube)以外、全ての部屋が埋まっています。

見積りを出しますので、1週間以内にご返答ください」

 

M氏はとてもビジネスライクな対応をして仕事に戻っていきました。

 

即答できなかった私は、帰り道のカフェで一休みする事に。

 

最初の部屋を訪れた時、私の脳裏をよぎったこと。それは、1年前ワークショップに参加してくれた受講生@i-colorバイオレットさんの言葉でした。

ワークショップ後に実施したアンケートに、彼女はこう書いて下さってました。

 

「例えばですが、きれいな庭が見える部屋で行うとよりよいと思いました」

 

当時お借りしていた場所は、雰囲気はとてもよかったものの、半地下に位置していました。

f:id:happycareer-eu:20170330223448j:plain

そして、もしも緑の見える部屋でWSをやったら、海外生活に行き詰まっていた彼女も、きっと心が癒されただろうな、ということは想像に難くありませんでした。

 

また昨年、京都で自治体からキャリア講座を委託されている社長さんi-colorバイオレットと知り合う機会があり、その時に言われた言葉も印象に残っていました。

 

「キャリアビジョン構築講座なら、場所も選んで良いと思うよ。天井の高い部屋とか、こう発想が広がる場所とかね。

今までの枠を外した発想をしないといけないからさ」

 

つまり、答はもう出ていたのですが

唯一わたしの決断を邪魔をしていたもの、それは「損得勘定」でした。

 

会場代の見積りは、決して払えない金額ではなかったのです。

 

しかし、当時はまだ4ヶ月講座の募集をスタートしておらず、受講生が少なくて会場をキャンセルする羽目になる(相応のキャンセル料が発生する)リスクが存在しました。

 

今回の会場は人気の場所らしく、予約確定後のキャンセルはすべて相応のキャンセル料がかかるとのこと。キャンセルポリシーが、もっとゆるい会場も市内にはもちろんあるわけです。

 

 

その結果、どうしたかは、お察しの通り。

 

わたし自身も、自分の「こうしたい」を最優先させました。

 

「やるなら、今できる最高のものを提供したい」

「最高のものを提供したいなら、一番良いと思う場所でやろう」

「場所の力を最大限に借りるんだ!!」

 

翌日、M氏にダメ元でメールしてみました。

 

「予約をFIXしてください。また4月1日ですが、もし最初の部屋(Paula Kienast)のキャンセルが出たら、そちらに部屋を変えてもらえませんか?4回ともあの部屋でやりたいんです」

 

写真ではわかりませんが、この部屋かなり広いんですね。クロークもあるし。

f:id:happycareer-eu:20170318080935j:plain

 

2部屋目(Helene Laube)も小ぢんまりしていて悪くなかったのですが、かかっている絵がちょっと暗めのトーンだったのです。

f:id:happycareer-eu:20170330223015j:plain

「自分の輝きを取り戻す講座で、これはない」

と、違和感をスルーしないことにしました。

 

速攻でM氏から帰ってきたメールには

 

「1週間ほど休暇に入ります。お問い合わせは下記のアドレスまで」

 

.....( )

 

......( )

 

 

.........おい!( ̄▽ ̄)

 

翌週、代わりの担当者から契約書が送られてきました。

ドイツでは、契約書が命!。一度サインしてしまうとそれが絶対なので、面倒くさがり屋のわたしもよく読みました。

(みなさんも、ドイツの雇用契約書はよーく読んでサインを!)

 

すると、開催日の4日とも最初の部屋「Paula Kienast」の名前で契約書が用意されているではありませんか。

 

「おや?」

 

なんて一瞬、期待がよぎったものの、いやいや、ここはドイツ。

担当者からうまく引き継がれずに部屋の名前を間違えるとか日常茶飯事。しかもよくみると、契約書を送ってきてくれたのは職業訓練生(Azubi)のPさんでした。

ますますアヤシイ...(これをドイツ人への偏見という)

 

「あの~ 4月1日の部屋の名前が変わっているようなのですが、ひょっとしてそちらのミスでしょうか?」

 

「ご希望の部屋のキャンセルが出ましたので、ご予約を変更させていただきました。

あなたのお越しを、心よりお待ちしております!」

 

....( )

 

......( )

 

えー!?( ̄▽ ̄)

 

そんなわけで

はぴきゃりアカデミー・ヨーロッパ校の「海外ハッピーキャリアを見つける4ヶ月講座」は今週土曜日開講です。

 

今回は、ミュンヘンとベルリンから現地に来て下さる受講生もいます。

遠方からはスカイプじゃないと... という私の思い込み、見事に叩き割って頂きました。

 

自分が「やりたい!」と思ったことに、素直に時間・お金・体力を投資できる勇気。

それさえあれば、人生でできないことなんて、ほとんどないのかもしれませんね。

 

皆さんのポテンシャルの高さに、とてもわくわくしています。 

 

講座の様子は、またレポート致します。

長い日記におつきあいくださり、ありがとうございました。

 

< 人気記事 >

happycareer-eu.hatenablog.com

 

変化には、人それぞれのスピードがある

f:id:happycareer-eu:20170329055535j:plain

山登りは速い人も、ゆっくりの人も...

 

わたしの個別セッションには

 

メールサポート付きの

長期コースがあるのですが

 

クライアントさんと向き合いながら

いつも感じることは

 

変化には、その人にとって

最適なスピードがあるということです

 

4ヶ月講座のようなグループ講座でも

自分のやりたいことに目覚めていくスピードは

 

ものすごく速い人と

とてもゆっくりな人がいます

 

大量生産社会で育った

わたしたちは、つい

 

速いこと=いいことで

遅いこと=悪いこと、と

 

考えてしまいがちですが

そんなことは、全くありません

 

そうですね、たとえば

 

転職活動中の人は、つい

「早く仕事を見つけたい!」

と、考えてしまいがちですが

 

仮に、焦って内定をもらった後に

もっと自分に相応しい求人が出てきたら

 

果たしてそれは

幸運といえるものなのでしょうか?

 

そうとも限らないですよね

  

同じように

 

自分らしいキャリアや

やりたい仕事に目覚めるプロセスも

 

その人にとって「丁度良い」

変化のスピードがあるんですね

 

「丁度良い」というのは

「無理のない」というニュアンスが

一番近いかもしれません

 

それは人によって、全く違うものです

 

だから、ほんとは

他人と比べても仕方ないんですよね

 

 

速すぎる変化は、大きな痛みを伴います

蛹が若いうちに殻をやぶってしまうようなもの

 

一夜にして時の人となったり

あっという間の成功を成し遂げた人というのは

 

その影で、血の滲むような努力を

しているケースもあるものです

 

みんな、表だけ見て

羨ましがってることが多いけど

 

何事も、奥行きがあるものですよ

 

 

また逆に

 

本当は変化の時を迎えているのに

それにあらがっている時

 

つまり

 

本来のスピードより遅すぎる変化も

痛みを伴うのが通例です

 

何かが違うな本当はずっと

仕事にそんな違和感を感じていたのに

 

我慢できるうちはいいや、と

見ないようにして働いていたら

 

心のサイレンが

どんどん、どんどん、大きくなり

 

気がついた時にはもう

 

何がやりたいのか

よく、わからなくなっていた

 

そんなことも、ありますね

 

 

じゃあ、自分にとって

「丁度良い」変化のスピードは

 

どうやってわかるのかといえば

 

うーん、これはあくまで

私自身の「体感」なのですが

 

「ちょっと怖いな

 

と、感じながら進んでいる時が

以外と「丁度良い」感じがします

 

恐怖は、何がしかの制限を外す時に

浮上する感情なんです

 

つまり

あなたが今まで忘れていた

 

あるいは

あえて見ないようにしていた

 

「本当にやりたいこと」と向き合い始めた時

「本来の自分」を解放し始めた時

 

必ず、恐怖が浮上します

 

怖くなったら、自分にとって

ビンゴの可能性大ということですね

 

だから

時々ふっと怖くなる方は絶好調 ♡

 

安易に周りの人と比べないで

あなたの自身の歩みを見つめていきましょう

 

 

ちなみに、私の場合

変化はゆっくりめの人です

 

はぴきゃりアカデミーを修了してから

人生が変わってしまったので

 

意外と「変化の速い人」に

見られがちだったのですが

 

よーく振り返ってみると

 

カウンセリングを始める前は

1年間まるまる失業しているし

 

4ヶ月講座をスタートするのに

独立後1年半もかかっています

 

ただ、私のケースでは

 

自分が変わるより一足先に

人生のステージが変わってしまうんですね

 

ほとんどの場合

予期せず、新しいステージに放り込まれる

 

そして、もまれてもまれて

ゆっくりと自分が開花していくパターンです

 

これは私が

 

経験を通してしか学べない 

i-colorオリーブなので

 

新しいステージに放り込まれるのが

最も効果的に学べるため

 

その一方で

 

急速な自分自身の変化には

とても耐えられない

ガラスのハートの持ち主だからでしょう

 

こんな風に

1人1人の人生というのは

 

その人にとって最も「丁度良い」具合に

進行していることがほとんどです

 

(キャリアカウンセラーとしてはそう見える)

 

自分の「丁度良い」ペースを外れてしまうと

どこかで無理な力が生じてしまい

 

人生に痛みや苦しみを感じるように

なっているんですね

 

なぜなら

自然の流れに逆らっているからです

 

みなさんの人生は

今、流れに乗っていますか?

 

 

< 人気記事 >

happycareer-eu.hatenablog.com

遊ぶことを忘れてしまった大人たち

f:id:happycareer-eu:20170322051319j:plain

この前、個別セッション中に

「我ながらうまいこと言ったな」

と思ったフェーズがあって

 

それは

 

やりたいことがわからない人とは

遊ぶことを忘れてしまった大人である

 

ということ

 

仕事で悩みを抱えている人たちに

 

「人生、楽しんでいますか?」

 

とお聞きすると

 

「最近、楽しいって感覚忘れちゃいましたね」

 

なんてお返事が返ってくる時があります。

 

 

え?

仕事がえりに一杯やってる?

 

うーんそれは

「遊び」じゃなくて「ストレス解消」ですよね

 

(結構みんな勘違いしている)

 

もちろん

「ストレス解消」も必要だけど

 

そう考えると

あまり遊んでいないんじゃないかな?

 

 

あと、趣味に打ち込んでいる

というのは、素敵なことだけど

 

真面目に打ち込みすぎると

苦しくなることもあるので

 

何事も「あそび」が肝心ですね

 

わたしは、趣味でチェロを弾くのですが

真面目に打ち込みすぎて

 

苦しくなったこと

めっちゃありましたねー

(知ってる人は知ってるハズ)

 

なんかこう

上手い下手で自分の価値を測ってしまった時期があった

 

何事も力みすぎると上手くいかない

と、本当に学んだ気がします

だから、自然体が一番

 

 

「あそび」とは本来

創意工夫なんだと思います

 

そして私たちは

 

仕事で枠にはめられすぎず

創意工夫を発揮している時

「楽しい」と感じるものです

happycareer-eu.hatenablog.com

 

 

ですから

 

下手でも好きなら

やりたいことやりましょう

 

お金がなくても工夫して

やりたいことやりましょう

 

時間がないなら

やりたくないことやめて

やりたいことやりましょう

 

「やりたい仕事」を見つけるのは

それからね

 

だって、何が楽しいかも忘れていたら

 

「やりたい仕事」は

 

わからないのだから

 

 

誰に伝えたいって

一番、過去の私に伝えたいよね

 

何をするにしても

「他者評価」「承認欲求」から

離れられなかったわたし

 

そんなに頑張らなくていい

認められる必要なんてない

 

なんであんなに、頑張ってたのかなー

 

 

< ラスト募集 ♪ >

4/1(土)開講!海外ハッピーキャリアを見つける4ヶ月講座

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

 

< 人気記事 >

happycareer-eu.hatenablog.com

 

転職できたら、本当に幸せ?

f:id:happycareer-eu:20170321035743j:plain

「今のまま、転職したら

 きっと状況は良くなると思いますか?」

 

という質問に

 

「いえきっと同じことになる気がします(笑)」

 

と答えて下さったKさん@i-colorグリーン

 

頑張り屋のKさんは、頼まれていない仕事も

いつも先回りしてやってしまうのが日課。

 

必要以上に仕事を抱え込んでしまい

周りに仕事をふることがなかなかできず

バーンアウトしてしまうことも

 

 

 

また、長年勤めた会社を離れることになり

 

「やっと我慢いっぱいの生活から解放される。

 もう、大きな会社はこりごり

 

と、打ち明けてくださったYさん@i-colorコーラル

 

「もしも今度、

 小さな会社で同じような状況にあったら

 はっきりNOと伝えることができますか?」

 

とお聞きしたところ、苦々しい表情。

 

「うーん、どうでしょうね

 

 

 

転職のメリットは、まったく新しい環境で

ゼロからやり直すことができることです。

 

気持ちを一新したい、人間関係を一掃したい

そんな気持ちが溜まっている時

手っ取り早く解決できるように思えます。

 

 

しかしながら

現実は、あなた自身の写し鏡であることが

多いものです。

 

仕事を抱え込む人の元には

当然のように仕事が集まり

 

言いたいことを言えない人の元には

なぜか言いたい放題の人がやってくる。

 

我慢すれば我慢するほど状況は悪化して

もう限界!となる前に

 

ぜひ、ご自身を振り返ってみてください。

 

必要以上に、無理をされてはいませんか?

誰にも言えず、我慢をしてはいませんか?

 

 

自分らしく生きていくために必要なのは

我慢ではなく、ほんの少しの勇気 なのです。

 

勇気が出せない?

言っても無駄?

 

そんなことはありません。

 

今できることから

あなたが意思表示の姿勢を見せることに、意味があるのです。

 

このまま転職したら

転職先でも同じ問題を作り出してしまう

 

本当のストレス要因を理解しているお2人は、

もうそのことに気づき始めています。

 

 

現実を変える必要はありません。

あなたが変われば、現実は必ず新しい姿を見せてくれます。

 

きっとその時

「あ、これ、鏡だったのね」と感じることでしょう。 

 

 

4/1(土)開講!海外ハッピーキャリアを見つける4ヶ月講座

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

 

< 人気記事 >

happycareer-eu.hatenablog.com

どうせ、大したことのない私

f:id:happycareer-eu:20170320054647j:plain

 

先日メールで流れてきた

 

はぴきゃりアカデミー代表・金沢悦子さんの

コラムが秀逸で、いやー何度も読んでしまいました。

www.gentosha.jp

 

変わりたいけど変われない時って

 

今の自分を100%受け入れられてない時

なのかな、私は感じるんですね。

 

つまり、今のステージを

自分がまだクリアしていない。

 

むしろ留まって

現状を味わい尽くす方が正解の時もある。

 

 

昔、恋愛だったかな?

似たような相談をされたことがあって

 

今の人と未来がないと分かっているけど

吹っ切って、新しい人に行くべきかどうか

 

みたいな相談だった気がします。

 

それでわたし

「自分だったら、納得いくまでその人を好きでいる」

って答えたんですよね。

 

 

人の気持ちは、コントロールできないものです。

 

今の人と未来がないとわかっていたって

そう簡単に割り切って、次の人に行けるものなのかな?

 

いけないから、悩んでいるんじゃないのかな?ってね。

 

 

理性で感情を割り切ろうとするから悩むんです。

 

割り切れない感情なら、いっそ

自分の中で味わい尽くした方が後悔しません。

 

未来の心配ばかりしてないで

たった今、自分が「こっちだ!」と思った方をやり尽くす。

 

正解に囚われれば、必ず迷う。

そうではなく、たった今の自分の感覚を信じる。

 

 

そうすれば、たとえその結果

「あーあ」ってことになったとしても

 

「でもあの時は、確かにそう思ったんだよね」

と、思える時がくるはずです。

 

これ、実は

「海外就職に挑戦したいけどできません」

って人にも同じこと話しています

 

 

収入・実績・資格

(はたまた肩書きや素敵なパートナー)があったら

自分を認められるということは

 

それがない今の自分

あるいはそれを失ってしまった自分は

決して認められないということ

 

 

これって、実は

自分ではない何者かになろうとしていることと

然程変わらなかったりします。

 

「なりたい自分」「理想の自分」を

「ありのままの自分」におしつけていないか。

 

「今のままの自分」が認められないから

何かを手に入れようとしていないか。

 

そういうことに気がついて

今の自分の不甲斐なさを受け入れていく

 

セルフイメージの底辺の

拡大をはかるのです

 

 

そうすると

 

マイナスベース(足りない私)スタートだったものが

ゼロベース(大したことない私)スタートになっていく

 

そういう経験を、私はしました。

 

つまり、変わることを放棄して

現状のどうしようもない自分を100%受け入れると

 

自動的に変われてしまうという

パラドックスがあったりします。

 

 

そして「大したことない私」ベースだと

意外とチャレンジできちゃうんだよね。

 

それは、失敗しても失うものがないから。

 

「どうせ大したことない私」なんだし

行けるとこまで行ってみるか!みたいな感じです

(正に今の私ですね...汗)

 

 

こんな自分を

それでも自分は愛したいと思った時

 

初めて

自分を信じることができるようになる

 

きっとそういうものでは

ないでしょうか?

 

 

>> カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

 

>> Newsletter 

統計心理学でわかるあなたの適性は?

大人気ニュースレター・ハッピーキャリアのつくりかた ♪

 

 

自分後回しの人生

f:id:happycareer-eu:20170319072647j:plain

(今日の個別セッションからの1コマです)

  

やりたいことがわからない

一番の理由は

 

はっきりいえば

 

これまでずっと

 

自分のことを

後回しにしてきたからです。

 

あなたは、これまでずっと

 

仕事 > 自分

他人 > 自分

環境 > 自分

常識 > 自分

 

という感じで生きてきて

 

自分の気持ちを、

いつも後回しにしてきませんできたか?

 

 

それは

例えるならば

 

社会で上手くやっていくため

受け入れてもらうため

承認してもらうために

 

「あなたの気持ちは、一番最後!

   究極、どうでもいいの!!」

 

と、自分に対して

言い続けてきたようなものです。

 

つまり、これまでずっと

 

「あなたの気持ちは、一番最後!

   究極、どうでもいいの!!」

 

と、言い続けてきた自分に対して

あなたは、今

 

「ねえねえ、私って

   何がやりたいのかな?」

 

と、尋ねているわけです。

 

 

しかしながら、自分からの答は

なかなか返ってきません

 

 

あれ

どうしたのかな

 

自分の気持ちが

いまいちわからない

 

柏葉さんのブログ通りやったら

やりたいことのヒントが

わかるんじゃないのかな?

 

っていうか

私の本音って、本当にあるの?

 

 

 

 

 

 

まあ

 

それは、何というか

 

 

はっきりいって

 

当たり前ですよね  (ー ー;)

 

 

今まで

さんざんな扱いをされた人から

 

「ねえねえ、あなた

    なにやりたいの?」

 

なんて聞かれても

 

私だったら

 

絶対、答えませんね ( ̄▽ ̄)

 

むしろ大警戒します。

 

「何だこいつ!今さらのように!」

 

きっと

手のひらを返したように

 

またひどい扱いをされるんじゃないかと

びくびくしてしまうことでしょう。

 

 

 

 

唯一の理解者である自分から

わかってもらえなかった孤独感は

あなたの中に深く根ざしています。

 

そんな自分に対する不信感が

 

どうせ私なんて

今さら何をいっても

世の中こんなものだよね

 

と、斜に構えた姿勢をとることで

 

今、正に、変わり始めたあなたから

必死に身を守ろうとしているのです。

 

 

自分と向き合うことは

時にとても怖いことです。

 

それは、人によって

過去の傷と向き合うことであったり

 

できれば認めたくない

自分を知ることでもあるからです

 

ですから

私のセッションでは

 

「あなたは、どうしたいですか?」

 

と、繰り返し、おたずねしています。

 

 

わざわざ、大変な思いをして

自分と向き合わなくたって

 

今までと同じように

自分後回しで生きていくこともできるのです。

 

別にそれで良いじゃないですか。

今まで通りで。

 

死ぬわけじゃないんだしね。

うんうん。

 

 

 

それでもなお、あなたが

 

「いいや!わたしはもういい加減

 自分の声を取り戻したいんです!」

 

そう切実に願っているのであれば

 

たとえ時間はかかったとしても

必ずその時は訪れます。

 

f:id:happycareer-eu:20170319074104j:plain

新しいステージに進んだYさんと(i-color コーラル

ありがとうございました

 

 

個別セッションのお問合せはこちらから

https://www.happycareer.eu/counseling/