ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

自分の使命(社会的役割)を見つける方法

f:id:happycareer-eu:20170730010131j:plain

みなさんは

自分の使命(社会的役割)を見つけたい

と思ったことはありますか?

 

使命の方向性を見つけるための

一番簡単な方法は

 

自分にもともと与えたれた才能

つまり、人よりも優れていて

自分は簡単にできてしまうこと

を見つけることです。

 

素質診断ツールi-color では

統計心理学で自分に与えられた才能の

大枠を知ることができます

 

*無料i-color診断はこちら

 

ただあくまで統計学なので

i-colorで知ることができるのは大枠です

 

そこから先は、ご自身の実地経験をもとに

少しずつ絞り込んでいきましょう

 

例えば、私の場合はこんな感じでした

 

はぴきゃりアカデミー本校

初回スクーリングで発表した強み

 

・信頼関係構築能力

・交渉力・リーダーシップ

・先見性・行動力・自発性・積極性

 

汎用性は高そうですが

(企業の面談ではかなり使えました)

ちょっと漠然としていますよね

 

あれから5年たって

今は自分の強みをこんな風に感じています

 

・人の心理的ブロックを見つけること

・その人の役割・本分を見抜くこと

 

といっても...人と比べたことがないので

どのくらい優れているかわかりませんが(笑)

 

今までクライアントさんと接していて

自然とわかったこと、役に立った能力が

この2つでした

f:id:happycareer-eu:20170716021344j:plain

 

使命を教えてくれるのは

 

生まれ持った才能だけではなく

その人自身のこれまでの実地経験です

(なぜかやらされた役割とか) 

 

自分の使命を詳しく紐解きたい方は

 

個別セッションではちょっと限界なので

アカデミー講座にお越しください

 

* 第3期お申込み受付は こちらから

 

 

そして、私たちにとって大切なことは

 

使命(社会的役割)を見つけても

その通りに生きるかどうかは

本人が決めていいということです

 

というのは

 

そこに自分の役割がある場合

もともと生まれ持った素質の中でも

特に著しい能力が授けられています

 

ところが、本人にその自覚がない

優れた力というものは

短所としても現れやすいものです

 

つまり、本人のこれまでの人生で

社会に適応するための心理的な抑圧対象と

なっているケースが多いのですね

f:id:happycareer-eu:20170726041424j:plain

*この力は封印しよう...ってその封印した短所

 

例えば、私は昔から人の矛盾に敏感で

大人の嘘が直感的にわかる子供でした

 

それを指摘して場の空気を悪くした経験や

ストレートな物言いで

「人を傷つけてはいけない」と

諭された経験もあります

 

それが長らく

「自分は人を傷つける人間である」

という思い込みとなって私を縛ってきました

 

こうして封印してしまった自分の一面は

皆さんにもあるのではないでしょうか?

 

f:id:happycareer-eu:20170618233807j:plain

心理的な抑圧が大きい人は

自分の役割や本分がわかりにくいようです

 

「抑圧」というのは自分の特徴を

封じ込めている状態ですから当然ですね

 

その封印を解除してまで

自分の道を進むかどうかは

自分で決めていいのですが

 

既に本人の無意識化で

「自由になりたい!」

「ありのままを表現したい!」

「本来の自分を解放したい!」

という思いが芽生えている場合

 

あの手この手で

抑圧のお知らせがやってきます

 

仕事へのやりがいの消失

(仕事で本来の自分を発揮していない)

 

この先のビジョンを見失ってしまった

(抑圧の先に自分の望む未来はない)

 

高圧的な上司や尊重してくれない同僚

(自分で自分を抑圧しているよ!)

 

などが、その1ケースでしょう

 

 

こうした苦しみは

無意識下における抑圧の代弁者であり

目覚めの前兆ともいえます

 

つまり誰もが自分に目覚める過程で

必ず通る道なのです

 

渦中にいる方は

「社会に適応できない自分が悪い」ではなく

「本来の自分が目覚め始めているのかも」

と疑ってみてください

 

その際

注意しなければならないことは

 

問題の根本(本来の自分らしさの抑圧)に

ちゃんと気づいてリリースしない限り

 

目先の問題をいくら外から解決しても

モヤモヤ感はずっと続くということです

 

(本人の感度が鈍くなって

 モヤモヤを感じなくなるケースはある)

 

結局、騙し騙し走り続ける人生に

なってしまうんですね

 

ですから

目先の問題だけ解決したい場合は別として

 

問題の根本にアプローチしたい場合は

アカデミー講座の受講をおすすめします

 

このプロセスは

いつ目覚めの準備が整うか

最終的に本人次第ということもあり

 

講座前のスカイプ面談で

「まだ受講は早いかな」と感じた場合は

必ずそうお伝えしています

 

 

もしくは

 

何か人生観のガラッと変わる経験をすれば

人って一瞬で変われちゃうんですけどね

 

ただ

九死に一生を得たりという経験よりも

 

4ヶ月間自分の手で自分を知っていく

プロセスの方が

個人的にはずっと楽しいと思いますよ

 

迷ったらいつでも戻ってこられるしね

 

>> 9/9(土)開講

アカデミー本講座第3期の詳細はこちら

 

*スタート前に相応の事前課題があります

*お申し込み頂くとすぐに自己分析を始めることが可能です

 

>> 個別カウンセリング8月ご予約受付中

詳細はこちら

 

>> 素質診断付ニュースレター

ご登録はこちら

 

魂の本音はどこにある?

f:id:happycareer-eu:20170804150223j:plain

昨日はバレエレッスンの前に

仲良しの薫子さんとコーヒーブレイク☕️

 

話の途中でふと思い出したことがあったので

綴っておきます。

 

現在、アロマセラピストの薫子さん

 

「あなたは、施術だけではなく

 (アロマや自然療法を)

   教える仕事も向いてると思いますよ」

 

なんてアドバイスを

ある有名な大先生から頂いたそうなんですが

 

「自分は人前で話すのはとても苦手」

「とてもそうは思えない」

 

そんな本音を語ってくれました。

 

わたし i-color オリーブ )

「あ~そういえば、わたしも昔

 そんな感じのこと言ってな〜

 

薫子さん( i-color バイオレット)

「ええ~っ!(_;) アヤコさんが!?」

 

「うん、目立つの嫌いだったからね」

 

「だって今は、人前で話しても緊張しないし

 その時必要と感じる言葉が

 自然と出てくるんですよね!?」

 

「あ~それはね(汗)なんか

 やってみたらそうだったんだよ

 

 でも某社でセールスアシスタント

 やってた時とか、前線に出るのを嫌がって

 営業の仕事は断ってたし

 

(注1: その後、はぴきゃりを通して

 自分は前線が好きなんだと自覚し

 人材会社の営業となる)

 

 昔はひっそりと生きたいと思ってたから

 はぴきゃりアカデミー本校を受講した時も

 私はリーダー役は嫌なんです!って

 断固拒否してたよ」

 

(注2私の内面 i-color ・i-colorオリーブ

 リーダーシップをとる特性があります ) 

 

* ご自分のi-colorを知りたい方はこちらから

 

薫子さん

「・・・・( ゚д)・・・・

 今のアヤコさんを知っていると

   とても信じられないですね」

 

わたし 

「昔はそういう自分らしさを

 抑圧してたからしかも今振り返ると

 たぶん、自分で自分を抑圧してたことに

 気づいてなかったね」

 

わたしは昔

でしゃばりで物怖じしない自分が 

かなり嫌いでした

 

可愛げのない自分、と感じて

ずっと抑圧していたんですね

f:id:happycareer-eu:20170615000658j:plain

(そういや、仕事モードになると

 ボス顔になるといわれたことも...笑)

 

わたし

「だから最初の話...

   薫子さんには申し訳ないけど

   もし、教えることにそんな抵抗があるなら

 私からみたらビンゴだよね〜」

 

薫子さん

「・・・・・ ( ;) 

 

「だって、何とも思ってないことなら

 へ~そうなんですね、で終わる話だからね」

 

失礼を承知で書きますが

お金のない人が「成金」といわれたり

髪の毛フサフサの人が「ハゲ」といわれても

傷つくことはありません

 

本人がそう思っていないからです

 

逆に

自分の心が強烈に反応することは、大概

無意識下で心当たりのあることだったりします

 

多くの人は

心がざわざわっとすることに出会うと

 

「これはイヤ!」

「やりたくない!」と切り捨ててしまい

 

かつての私のように

それを自分の本音だと認識するのですが

 

実はそれは本音ではなく

ただの感情反応だったりします

 

(嫌いな自分を抑圧しているから)

そこに自分が、感情的に反応しやすく

なっているだけの話で

 

本音というものは、その下にあり

大概はとても静かで繊細なものです

f:id:happycareer-eu:20170722024941j:plain

魂レベルの本音っていうのかな

 

頭では「これはない!」と思っていても

魂では「これがいい!」と思っていたり

どうも人は、そういうことがあるようです

 

私の経験的には、こういう

魂レベルのやりたいことっていうのは

 

なぜか意図せず「やらされる」

シチュエーションが回ってきます

 

でも本人は頭で「これはない!」と

ブロックしてるわけですから

 

当然、抑圧した自分を

解放できるようになるまでは

怖くて怖くて

生きた心地がしませんけどね(笑)

 

自分を知って知って知った時

いずれ使命のピースを回収できるのは

 

自分の頭が魂レベルの本音に気づいた時

人生の伏線に気付けるからでしょう

f:id:happycareer-eu:20170804171612j:plain

わたし 

「まあでも、そんなこといってもさ

   今イヤなものはイヤなわけだから

 そのままでいいんじゃないのかな?」

 

薫子さん

「そういうものですか?」

 

「うん、受け入れようと思っても

 受け入れられる時と

 受け入れられない時があるよね

 

 この話を、5年前の私が聞いても

 受け入れられなかったかもしれない」

 

そんな風に自分を抑圧して

魂レベルの本音を忘れてしまった人には

あの手この手でお知らせが届きます

 

「いずれ、自分はこういう存在なんだって

 思い知らされる出来事が起きるから大丈夫 」

 

「たとえば?」

 

「うーん、私の場合は

 やりがいを感じられず本当につらかった仕事

 すごく高圧的でワンマンな上司に出会って

 

 とうとうそれに耐えきれなくなって

 

 「もう、こうとしか生きられない!」

 っていう自分の本音を自覚したよね」

 

そうしたお知らせは、一度スルーしても

本人がちゃんと自分と向き合えるまで

何度でも届くようです 

 

さてさて

皆さんはお知らせ、受け取りましたか

f:id:happycareer-eu:20170804162718j:plain

<< 補足 もっと知りたい方へ >>

 

統計心理学i-color では

 

内面i-color 目的

外面i-color = 手段 という

自己分析の観点があります

 

私の場合は

 

内面= i-color オリーブ

外面= i-color ブルー なので

 

いわゆる「人前で物怖じしない」という特性は

i-color のブルーの影響とも分析できます 

f:id:happycareer-eu:20170607022515j:plain

黒子的な役回りを好むi-colorオリーブと違い

i-colorブルー i-color展開グループに所属し

1対多数の構図で強い影響力を発揮する

役回りに適性があるためです

 

と、ここまで書いて思い出しましたが

 

そういえば薫子さんも、外面i-color

i-color ロイヤルブルー(展開グループ)

でしたね... 今後が楽しみ 

 

 

>> 個別カウンセリング8月ご予約受付中♪

詳細はこちら

 

>> 9/9(土)アカデミー本講座第3期・受講生募集中♡

詳細はこちら

 

>> 素質診断付ニュースレター ♪

ご登録はこちら

 

<< 関連記事 >>

happycareer-eu.hatenablog.com

happycareer-eu.hatenablog.com

 

不完全なわたしを楽しむ

f:id:happycareer-eu:20170730193739j:plain

自分のことが嫌いな人って

不完全な自分を許せないんだと

と思うんです。

 

(私はそうだったから 笑)

 

・認められない自分

・完璧にできない自分

・期待に応えられない自分

 

そういった部分を1つ1つ裁いていたら

確実に自分のことを嫌いになりますよね

 

私も、長らく自分のことを

どこかで 恥ずかしい存在“ と

思っていたことに先日気がつきました

 

独立したばかりの頃は

Facebookに自分の写真を載せることとか

すごく抵抗があって

 

とにかく恥ずかしかった(汗)

 

そんな大した存在じゃないって

自分で思っていたことはもちろん

 

小さい頃母親に

「恥ずかしいことしないの!」

といわれたことが

ひっかかっていたのかもしれません(笑)

 

あ、今はもう平気です v

f:id:happycareer-eu:20170409033905j:plain

 

理想の自分像を自分に押し付けて

自分のみっともない部分を

隠そう隠そうと思って生きていたら

 

どうしても縮こまった生き方

なりますよね

 

仕事だって、縮こまったあなたに

ふさわしいものしかやってこない

 

確かに、昔の日系企業は

金太郎飴みたいに、同じような能力

同じような考え方を持つ社員が揃っていた方が

使いやすかったんだろうけど

 

(これは実際ある会社の社長さんと話した)

 

もうそろそろ

その時代は終わりなんじゃないのかな?

f:id:happycareer-eu:20170716021344j:plain

この仕事をやっていると

他人へのアドバイスは

自分へのアドバイスといわれます

 

確かに私が

ブログや講座でお伝えしていること

 

特に受講生へのアドバイスは

実は自分へのアドバイスだったりします

 

転じて

他人へのダメ出しは

自分へのダメ出しもしかり

 

いつも他人の文句を言っている人は

 

実はそれだけ

自分のことが嫌いなんですね(泣)

f:id:happycareer-eu:20170730185924j:plain

あ、別に文句言って良いんですよ v

 

でも、他人にイラっときたら

今の自分をちゃんと見つめてあげたい

 

一体、自分の何にダメ出ししてるのか? 

そもそも、自分の思いを伝えてるのか?

 

私は、割とそればっかり考えてます  

 

自分を許すっていうのは

不完全なわたしらしさを楽しむ

っていうことだよね

  

先日、アカデミー2期生の

ふーちゃん@ i-color ゴールド

 

「私って、、

 自分のことしか興味がないんだなって

 ことに気づいてちょっとショックでした」

 

とカミングアウトしていたので

 

「自分の興味をどんどん追求していきながら

 他人にもこんな生き方をして良いんだよって

 見せてあげればいいんだよ」

 

なんて話をしていたのですが

 

(i-colorゴールドさんが追求できるのは

 自分の興味のあることだけだから v)

 

自分の人生を生きることで

他人に貢献する人生って素敵ですよね

 

もっとゆるく

自分の不完全さを楽しみたいですね

f:id:happycareer-eu:20170719195446j:plain

 

>> 心がスッと楽になる個別カウンセリング

詳細はこちらから

 

>> 海外でも、あなただけのハッピーキャリア見つけてみませんか?

9/9 開講♤アカデミー本講座第3期

 

>> 素質診断付ニュースレター

i-color別♤ハッピーキャリアのつくり方

 

 

自分で気づくことに意味がある

f:id:happycareer-eu:20170615043419j:plain

今日は私の備忘録を兼ねて

 

やりたいことは、探すのではなく気づく 

 

先日、自分のやりたいことは

「許しの自己表現だ!」と

めでたく気がついた私ですが

たぶん、このブログをずっと前から

読んでくださってる人は

 

なんとなくその毛色に

感づかれていたのでは…?

 

なんか「自分と向き合う系」の記事多いし

あ~この人そっち系の

キャリアカウンセラーなんだなって

 

(本人気づいてなかったけど...汗)

 

本当にやりたいことって

こんな風に

気づきが訪れるものではないでしょうか?

 

 

見つけるんじゃなくて

いつもそこにあったと気付くもの

 

外からやってくるものではなく

自分の中に、既にある

 

まだ発芽してないだけで

もうその手に種を持ってる

 

自分を知って知って知って

その結果、ある時突然「わかる」

 

これが自分の道なのかなって

 

f:id:happycareer-eu:20170618234954j:plain

 

自分で気づくことに意味がある

 

たぶんこのテーマを

見つけるまでのプロセスも

本人にとっては学びなんですよね

 

つい途中をショートカットして

ゴールにワープしたくなってしまう

私たちですが

 

たぶんね、ゴールはありません

 

あえていうなら

自分の進んでいる道自体がゴール

 

アカデミー2期前回のスクーリングで

「本当にやりたいことを見つける」

というのは

 

自分の進んでいる道が

だんだんと細くなっていくイメージ

という話をしました。

 

写真右下のびみょーな絵に注目

(注:らくがきではない)

f:id:happycareer-eu:20170724231928j:plain

本人の進みたいベクトルは一緒です

こっちの方向に進む!っていう

 

そのベクトルを私は

「人生のテーマ」という表現をしています

 

でも、人によっては

使命と表現する場合もあると思います

 

(使命というと重く捉えられるから

 テーマと話しているだけ)

 

最初はね、すごく幅の広い道を

進んでいるイメージなんです

 

道が広すぎてちょっぴりブレブレ

あっちにドーン、こっちにゴーンって

歩道に乗り上げたりする

 

それが途中でいろんな出来事を経験して

 

「もっとこうしたいな」

「次はこうしてみよう」

 

といったアイディアが積み重なり

だんだんと道が細くなっていきます

 

おおまかにこっちの方向だったのが

北北東何度...と定まっていくんですね

f:id:happycareer-eu:20170730010131j:plain

アカデミーでは、その方角を

今の段階でできるところまで定めていきますが

 

できるところまでで良いんですよ

 

なぜなら、その後の人生も含めて

自分で気づいていくことに意味があるから

 

与えてもらうものではない

自分で気づいていくことが学び 

 

私も、ずっとずっと

答え合わせしています 

 

そしてきっと

まだまだ先があるんでしょうね

 

 

>> 心がスッと楽になる個別カウンセリング

詳細はこちらから

 

>> 海外でも、あなただけのハッピーキャリア見つけてみませんか?

9/9 開講♤アカデミー本講座第3期

 

>> 素質診断付ニュースレター

i-color別♤ハッピーキャリアのつくり方

 

許しの自己表現

f:id:happycareer-eu:20170503032819j:plain

今年の4月からスタートした

アカデミー4ヶ月講座は

 

統計心理学 i-color を学びながら

海外でも自分らしい人生

自分らしい仕事を見つけたい人向けの

キャリアビジョン設計講座です

 

スタートして2ヶ月ほど経った頃

ぼんやりと気づいたことがあります。

 

それは、この講座の裏テーマは

「許し」なのかもしれない

ということでした

 

自分らしい人生を歩むために

一番必要なこと

 

それは単純に

それを自分に「許可」できるかどうか

 

それだけなんだな、と気づいたからです。

f:id:happycareer-eu:20170503200044j:plain

海外在住日本人という制約下で

どうやって自分らしいキャリアを実現するか?

 

というHow to

もちろん大切ではあるのですが

 

不思議なことに

人間には同じ制約下でも

 

挑戦することに価値がある!と

まっすぐな気持ちで進んでいく人と

 

あれこれ理由をつけて

挑戦する前から諦めてしまう人がいます

 

 

人はその2つの違いを

年齢やスキル

性格的な違いで片付けてしまうけれど

 

本当は違うんですよね

 

自分の望みにどこまで素直になれるか

単純に自分への「許可」の話なんです

f:id:happycareer-eu:20170425235027j:plain

「許し」は人にもらうものじゃない

 

自分と深く向きあった結果

今の自分にどこまで許可できるかは

自分が自分で決めること

 

主宰者の私にできることは

 

いくつかのワークを通して、その人の純粋な

「やりたいこと」の本質をあぶりだすこと

 

そして

本人の最終的な決断を100%尊重すること

なんだと感じました。 

 

許可できなかったら価値がないのではなく

それすらも、今の自分の姿を知るプロセス

 

自分がこの人生を望んでいるのだと

深く理解することだけが

今の自分を受け入れることにつながります

f:id:happycareer-eu:20170408043341j:plain

 

「許し」には、現時点での

自己受容が深く関わっています

 

今の「自分」という存在を

どこまで受け入れることができるか

 

そのプロセスを4ヶ月間

1人1人丁寧にサポートしていきます

 

そして人によっては

「自分を知り、他人との違いがわかる」

 

統計心理学 i-color が、これ以上ない

大きな気づきをもたらしてくれるでしょう

 

▼ 第3期の仮申込みはこちらから

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/

 

** ** **

 

余談ですが

最初このことに気がついた時は

 

「そうはいっても

   どうやって許しを伝えたらいいんだろう?」

「そもそも、許しってなんだろう?」

 

などと、色々と考えてしまいました。

 

そして

 

今の私が思う「許し」は

「弱さを愛すること」という結論に至り

 

自分の弱さを愛することが自分への許し

他人の弱さを愛することが他人への許し

 

と自覚したわけですが

 

 

あれ?それって

 

自覚する前からブログに書いているのでは?

 

って笑ったよね。

許せない人とか2回も書いてるし)

 

 

人生のテーマって、自分でも知らぬ間に

その近くを何度かうろついてたりします。

 

そしていずれ、自分で

その布石を回収できるようになった時

 

「あれ?わたしって

   ずいぶん前からこれに興味があったんだな」

 

と、知るわけですね。

皆さんもきっと、そうですよ。

 

f:id:happycareer-eu:20170726195536j:plain

私は趣味でチェロを弾くのですが

 

始めたばかりの頃からドイツ音楽が好きで

なぜか特にブラームスの音楽が大好きでした。

 

どんなところが好きなんですか?と聞かれて

 

「う~ん、ブラームスの音楽って

 なんか許しがありますよね」

 

って、20代の頃に答えてました(笑)

これとか↓


Brahms Theme from Symphony No 1

 

まだそんな人生経験してないでしょって

当時の社長さんにつっ込まれたっけ...(爆)

 

人生って、本当におもしろいですね。

 

 

>> 心がスッと楽になる個別カウンセリング

詳細はこちらから

 

>> 海外でも、あなただけのハッピーキャリア見つけてみませんか?

9/9 開講♤アカデミー本講座第3期

 

>> 素質診断付ニュースレター

i-color別♤ハッピーキャリアのつくり方

 

 

 

自分とのチームワーク

f:id:happycareer-eu:20170709000425j:plain

ありのままの自分で生きる前に

 

今の自分を

「ありのまま受け止める姿勢」が大切

 

ありのままの自分を受け止めてくれるのは

他人ではなく自分だけ

 

ありのままの自分を

自分がそのまま受け止めてあげた時

 

おまけとして

他人の承認がついてきます

 f:id:happycareer-eu:20170722024941j:plain

わきあがった感情を

ありのまま他人にぶつけるのは

やつあたり

 

でもその感情を

ありのまま受け入れ

 

じっと見つめてあげると

 

「怒り」とか「苛立ち」とか

そういうラベリングが剥がれて

 

純粋なエネルギーになります

 

感情の昇華方法って

あまり知られていませんよね

 

我慢強い日本人は

感情を抑圧してしまうし

 

感情に呑まれやすい一部のドイツ人は

ありのままを爆発させちゃうことも...

 

f:id:happycareer-eu:20170607224547j:plain

キャリア講座と感情の扱い方って

一見違うテーマに見えるのですが

 

やりたいことが腑に落ちない人

自分のことがよくわからない人って

 

自分の心の中に

色々な感情が抑圧されていて

 

抑圧された感情が

自分の本音とつながることを

邪魔しているケースが多いです

 

いくら外を探しても見つからないのは

自分の中にヒントがあるからですが

 

自分の心の中が

抑圧された色んな感情で

ごった返しになっていると

 

そもそも

どれがヒントなのかわかりません

モノが多すぎてピンとこないのです

 

こんがらがってしまったその感情を紐解き

その昇華と

整理整頓をお手伝いするのが

 

私流のキャリアカウンセリングなのかも?

と、最近は感じるようになりました

f:id:happycareer-eu:20170615044534j:plain

 

正直最初は

全く気がすすみませんでした。

 

そもそも私は

メンタルカウンセラーじゃないし

 

感情ブロックの昇華って

結構ナイーブなテーマですからね

 

「やりたいですか?」っていわれたら

NO」「自分で解決してくれ」って

間違いなく答えてました(笑)

 

誰だって触れられたくないことはあるし

私だって

進んで泥に飛び込むような真似はしたくない 

 

f:id:happycareer-eu:20170423034652j:plain

でもなぜか、話を聞いていると

「ここ、ひっかかってるな」って

わかってしまう時がありました

 

それはたぶん、何を話しているかより

どんな気持ちで話しているかで

私が相手の真意を聞いてるからだと思います

 

話してる内容って、あんまり重要じゃない

ただのとり繕いだったりするし

自分自身ですらそれに気づけないときがある

 

「わたし」という人間を観察していると

つくづくそう思いますね

 f:id:happycareer-eu:20170517065718j:plain

自分との付き合い方が上手くなってから

私の人生はずっと楽になりました

 

向き合い始めてからは

その時その時、本音で決めてきたけど

 

自分というのはすごく大きな存在で

向き合えば向き合うほど奥があります

 

唯一無二の自分という存在と

チームワークが築ければ

 

それは間違いなく、一生ものの財産です

自分自身が羅針盤になってくれるから

 

そしてあなたは

もう孤独でないことに気づくはずです

 

人生いろいろあるけれど

唯一無二のパートナーはいつも自分の中にいて 

あなたが見つけてくれるのを待っている

f:id:happycareer-eu:20170528003043j:plain

ということで

今後のセッションは

普通のキャリアカウンセリングの他に

 

そこを主軸にした

フリーテーマセッションを

展開していこうかなと思います

 

心に土足で踏み込むような

真似はしませんが

  

「セッション」という形を通して

心から自分と向き合いたい時は

喜んで、お手伝い致します

 

感情という泥の中から

蓮の花を咲かせてみませんか?

 

 

>> 心がスッと楽になる個別カウンセリング

詳細はこちらから

 

>> 海外でも、あなただけのハッピーキャリア見つけてみませんか?

9/9 開講♤アカデミー本講座第3期

 

>> 素質診断付ニュースレター

i-color別♤ハッピーキャリアのつくり方

 

自分研究のススメ

f:id:happycareer-eu:20170724225322j:plain

自由研究ではなく自分研究(笑)

 

統計心理学i-color を使って

自己分析講座や

カウンセリングを行っている私ですが

 

たまに

i-color診断が腑に落ちない方

もいらっしゃいます

 

最初の頃は

 

「そうか、そういう人もいるんだな

「いずれ、自分のことがわかってきたら

 腑に落ちるのかな?」

 

なんて、どこかで思っていた私ですが

最近ふと気がつきました。

 

 

i-color診断て

 

あてはまっても

あてはまらなくても

どちらでも良いんですよ

 

統計ですから。

 

 

要は

自分への集中力の問題ね

f:id:happycareer-eu:20170627004142j:plain

あなたは、自分という存在を

どこまで深く知っていますか?

 

何を心地よいと感じて

何に納得いかないか

どれだけ繊細に気がついていますか?

 

自分がそもそもこの人生で

本当は何を望んでいたのか

 

たった今、どんな思考がよぎり

何を感じていたのか

毎日が気づきの連続ですか?

 

という話です

 

i-colorを使わなくても

その位自分に集中できるようなれば

大丈夫です。もう迷わない。

 

 

もはや

自分自身が羅針盤だから!

 

 

自己分析におけるi-color

自分への気づきを深めるための

ガイドラインに過ぎません。 

 

あなたの自分への集中力は

どの位ですか?

 

目の前の出来事に追われて

何となく生きてませんか?

 

いつも周りの言葉に

振り回されてませんか?

 

そうすると、自分の望みが

よくわからなくなるんですよね

 

そして

 

自分への集中力を決定づける

もう1つの大前提は

 

 

そもそも

 

 

本当に、自分のこと

知りたいと

思ってるのかな?

  

という話

 

f:id:happycareer-eu:20170724232015j:plain

自分を知りたいと思っていない人は

 

統計心理学 i-colorであっても

エニアグラムであっても

 

あらゆる自己分析ツールが

あてつけにしか感じられません

 

 

だって…ほら

知りたくないからさ(笑)

 

 

アカデミー講座 2ヶ月目に 

i-color別 コミュニケーション*

のレクチャーがあるのですが

* 素質の違いを活かした、上手なコミュニケーション方法について

 

そもそも

自分が理解したくないと思ってる人に対しては

i-color診断が、あてつけにしか聞こえない...

という現象が起きます

 

理解したくない=理解できちゃ困るので

頭と心が受け付けてくれません

f:id:happycareer-eu:20170724234332j:plain

そんな時は

相手を理解なんてしなくていいから

「理解したくない」自分を受け入れる

そっからのスタートなんです

 

 

そしてこれは

自分自身に対しても同じこと

 

そもそも、自分のこと

心から理解したいと思っているのか?

 

もう一度

自分に聞いてみてください♡ 

 

話はそこからね

 

確かに、自分を知り始めると

現実的な問題がいろいろ解決し始めます

 

自分の道が見つかったり

問題が問題でなかったと気づいたり

モヤモヤが自動的に解消されたり

  

でも、それって全部

「自分を知りつくした」結果なんだよね

f:id:happycareer-eu:20170724231928j:plain

アカデミー2期生

ふーちゃん@i-color ゴールドの発表 

「人生のテーマ=自分研究♡」

 

 

>> 心がスッと楽になる個別カウンセリング

詳細はこちらから

 

>> 海外でも、あなただけのハッピーキャリア見つけてみませんか?

9/9 開講♤アカデミー本講座第3期

 

>> 素質診断付ニュースレター

i-color別♤ハッピーキャリアのつくり方