読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ在住カウンセラーによる、自然体キャリアのつくりかた

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

ちゃんと落ち込んでる?

f:id:happycareer-eu:20160425030107j:plain

 

いつも明るく元気でいたいなら

小さなことは笑い飛ばせるくらいが丁度いい。

 

でも、今日はなんだか笑顔になれない。

あの手この手を使って気持ちを上げようと頑張ったけど

どうしても気分がどんより

 

 

そんな時、あなたは落ち込みたいのです。

奈落の底まで落ち込みたい気分なのです。

 

無理に元気になろうとしないで

イヤという程、落ち込んでください!

 

 

職場ではひとこと先に謝っておく。

「今日、わたし気分悪いからゴメン」

 

気の乗らない誘いは体調不良でドタキャン。

心調不良だから、事実じゃなくとも嘘じゃない。

 

夕飯はテイクアウトかデリバリー。

海外では日本ほど豊富じゃないけど

無理して料理なんて今日はしなくていい。

 

なんなら今日は、死ぬほど悲しい映画を見てもいい。

 

どうせなら、落ち込み最長記録を更新しましょう。

心ゆくまで落ち込める場所を、自分に作ってあげるのです。

 

 

人の心にはバイオリズムがあります。

無理に気分を変えようとすると、後で必ずぶり返す。

 

だから、とことん落ち込みつくしたら安心してください。

あなたの心は正常です。

 

奈落の底まで落ち込みつくしたら、やがて

海抜ゼロメートル近くまで浮上できるでしょう。

 

ゆれてはもどる、それが人の心。

 

その振れ幅の起点がより高い人というのは存在します。

オプティミストだったり人生にすごく前向きな人。

 

でも、心がいつも一定方向にしか振れない人はいない。

それはもはや、人の心じゃないから。

みんな今日の気分でブレているのです。

 

心がロボットのように動かなくなったら大変。

そうなる前に、思い切り心をゆらしてください。

あなたは、生きているのだから!