読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊かな人生を送る秘訣

f:id:happycareer-eu:20160712053833j:plain

 

皆さんこんにちは、

ヨーロッパでの天職探しを応援するキャリアカウンセラー

柏葉綾子です。

 

すっかりご無沙汰してしまいましたが

やっとブログを更新することができました!

 

今日は豊かな人生を送る秘訣について

感じたことを書いてみたいと思います。

 

 

私は、趣味でチェロを弾くのですが

 

先日、ひょんなことから

地元のレストランで演奏する機会を頂きました。

 

残念ながら、以前のような

十分な練習時間はとれませんでしたが

 

何事も準備が整う日を待っていては

永遠にその日は訪れないよね・・ということで

 

何とか自分のペースで練習時間を作り

短いながら充実した時間を過ごすことができました。

 

その時思い出したのは

以前、地元のオーケストラに所属していた時のことです。

 

同じパートに某有名日系企業の社長さんが

いらしたのですが、とても楽器が上手だったので

 

「いつ練習しているんですか?」

 

とお尋ねしたことがありました。その方のお返事は

 

「全然練習できていない」

 

とのこと。でもその後、こんなことを言われました。

 

「柏葉さん、時間がないなんて言い訳なんだよ。

 

光陰矢の如し、雨だれ石を穿つっていうよね。

 

人間て年をとらないと気づかないけど、

 

本当に時間が貴重だと知っている人は

僕より忙しくても上手に時間を作っているよ*」

 

*やりたいことをやるための時間を作っている

ということ

 

 

豊かさとは

 

沢山のお金を持っていることでも

ありあまる時間があることでもなく

 

望むことにお金を使える自由、そして

望むことに時間を使える自由

 

を意味しているのかもしれません。

 

そして、そのために

少しばかりの工夫をすることかもしれません。

 

 

誰かに気持ちをプレゼントできるEUR があること

やりたいことに没頭できる5分の時間があること

 

青字部分の気持ちが本物だと

それに費やしたお金や時間の量はたとえ少なくても

 

人は、とても幸せに感じるものです。

 

かつて会社で「モーレツ社員」だった方が

定年後に、十分な厚生年金を頂いているにもかかわらず

やることがなくなって途方に暮れてしまうことがあるのは

 

持ち合わせたお金や時間を、どのように使っていいかが

分からないからではないかと思います。

 

つまり、沢山のお金と時間があっても

幸せとは限らないわけですね。

 

逆にやりたいことがあるのであれば、

実はそれは、とても幸せなことです。

 

そして

 

「十分なものがない」と感じられる今だったとしても

「自分が本当に望んでいること」を知り

 

そのためにお金と時間を使うことを

少しずつ自分に「許可」していくことができれば

 

豊かな人生とは意外と身近にあったことに気がつきます。

 

まずは自分のためだけの

5分と5EURからスタートできるのであれば

 

「お金がない」「時間がない」を心配するのは

もしかしたら、ずっと先のことでいいのかもしれません。

 

私たちは、つい先のことばかりを心配してしまいますが

本当は「今」すら十分に生きていないことがほとんどですから。

 

 

逆に、人生に不満がある時というのは

 

お金や時間が「本当に足りない」のではなく

今持っているお金と時間を

 

本当に望むことではなく

何か別のことに使っているのかもしれません。

 

すると、本当に望むものに使える

お金と時間が手元に残らないので

 

あたかも「ない」ように感じてしまいます。

 

その使い方を、定期的に見直していたら

私の場合は少しずつ人生が変わっていきました。

 

今がたとえ、どんな状況であったとしても

 

豊かな気持ちで過ごせる時間を

自分のペースで増やしていけたら良いですよね。