ドイツ在住カウンセラーによる、自然体キャリアのつくりかた

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

働く意味を問い続けたい

f:id:happycareer-eu:20160715082713j:plain

 

おはようございます。

ヨーロッパでの天職探しを応援するキャリアカウンセラー

柏葉綾子です。

 

昨日から新宿に滞在しています。

 

目の前に東京都庁の建物があるのですが

夜22時にまだ電気のついている建物を見て

 

ふと自分が東京で深夜まで働いていた

新卒の頃を思い出してしまいました。

 

あの頃は、夜遅くまで働いても

なぜ仕事がなくならないのか不思議でした。

 

新卒の自分だけならともかく

傍目にも仕事のできる上司が多かったのに

でもなぜかいつも夜遅くまで残業している。

 

顧客との取引、社内報告業務、些細な信用問題・・・

 

色んなものにがんじがらめになって

やるべきことはいくらやってもなくならなかった。

 

でもそれが、本当に必要な仕事だったのか?

と、疑問を持つようになったのは

 

実はドイツに来てからのことです。

 

 

官僚や地方公務員の方々も

夜遅くまで色々なものと戦いながら働いているんだろうな・・

と思って、昨日は消えない蛍光灯の光を見ていました。

 

民間企業とは比べ物にならない

しがらみとの戦いもあると思います。

 

ただ、その結果が今の日本の政治なんだとしたら

 

やはり私たちは「働く」ということについて

何か大切なことを取り違えているんじゃないか

 

一体、何のために働いているのか

問い直す必要があるんじゃないかと

 

そんな風に感じてしまうことがあります。

 

 

こんなに遅くまで働いて

自分は一体、何を得ようとしているのか

 

片や地球の裏側のドイツには

日沈に店を閉めるパン屋があるのに

 

こんなに世界が違うのはなぜ?

 

それを決めているのは誰で

どうやったら自分も選択できるようになるのか。

 

そんな疑問が

8年前ドイツに渡った自分の原点かもしれません。

 

 

わたしは今、キャリアカウンセラーとして

 

「ドイツで働きたい」「海外で働きたい」

という若者の就活カウンセリングも行っています。

 

彼らがそう思うようになった経緯は様々ですが

 

日本在住者の場合、話を聞いている内に

うっすらと向こう側に浮かび上がってくるのは

 

今の働き方に対する「違和感」

 

 

「違和感」というのは

 

自分が「違う」とわかっているものに対して

無意識に感じるものです。

言葉では上手く説明できないかもしれませんが。

 

何と違うのか?

 

自分が「本来求めているもの」「望んでいるもの」

と違う、ということ。

 

正しい、とか間違っているとか

そういう話ではないのです。

 

 

個別カウンセリングの時、わたしは

原則、採用側と当事者側の2つの視点を持って

話を聞くようにしています。

 

 

人材コンサルタント(採用側)の視点では

 

・その人のご経歴や語学力

・チーム内でのポジションや適性とキャラクター

・何を経験し乗り越え、そこから何を学んできたのか

 

といったところを掘り下げながらお話を聞いています。

 

でも、キャリアカウンセラー(当事者側)の視点で

意図して聞くことはひとつだけです。

 

「今の自分の生き方にどれだけ満足しているか」

 

つまり

 

「本来この人はどんな生き方を望んでいて

 今それをどこまで実現しているか」

 

ということですね。

 

この視点を見失わなければ

どんな仕事についていても、たとえ一時的に無職だったとしても

 

人生の迷子になることは少ないものです。

心から納得した、幸せな生き方ができます。

 

 

でも、人は忘れてしまう事もあります。

毎日忙しいですから(笑)。

 

なので、全員になんて

おこがましいことは思っていません

 

ただ、今の人生に「違和感」を感じている人に 

そして何かのきっかけでご縁のあった人に

 

「働く意味を問い続けること」

 

それが、キャリアカウンセラーという生き方を選択した

今の私にできる唯一のことなんじゃないかと

思うようになりました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

7月28日(木)19:00〜 日本橋開催

ドイツの働き方から学ぶ幸せな働き方 ワールドカフェ

 

私は日本とドイツでの就労経験と

国の働き方の違いをお話します。

 

▶︎ 年次休暇30日 & 残業しない働き方

▶︎ 同じ営業でも顧客対応はこんなに違う

▶︎ 仕事で求められる生産性の違い

 

自分の「望む働き方」を考える機会を持ちたい方

ぜひご来場をお待ちしております。

 

詳細はこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・