ドイツ在住カウンセラーによる、自然体キャリアのつくりかた

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

大丈夫、あなたは変われる

f:id:happycareer-eu:20160905171017j:plain

このブログは、合わない仕事を頑張りすぎて自分を見失ってしまったドイツ在住の会社員が、統計心理学と出会って自分らしさを認められるようになり、やりたいことをひとつひとつ行動にうつしていくうちに天職に辿りついた経験をもとに綴っています。

たとえ海外にいたとしても、本来の自分を生きれば自然と天職への切符が見つかる、そんな「ハッピーキャリア」のコツをお伝えします。

 

 

今日はちょっと、変わったお話を。

 

日曜日の午後、デュイスブルクで開催された

瞑想会(ハート・メディテーション)に参加してきました。

 

前回、瞑想会に参加したのは1年半ほど前で

まだ会社員の時だったと思います。

 

行う瞑想はその日によって違うのですが

ドイツ人・日本人7~8人ほどで集まって瞑想します。

 

みなさん、瞑想されたことはありますか?

 

私は瞑想すると

普段使っている3%の顕在意識(思考)が静かになって

それまで隠れていた自分の本音が出てくるときがあります。

 

特に瞑想用の本格的な音楽がかかっているとやばい。

泣いてしまったりします。

 

このブログでもよく

「本来の自分で生きる」とか

「自分の本音を大切に」とか書いていますが

 

いわゆる本音、というのは

顕在意識(思考)の下に隠れていることが多いです。

 

例えばこんな感じ。

 

思考=仕事なんだからちゃんとしなきゃ

本音=いや~もう限界、休もうよ~

 

思考=そろそろ結婚しなければ大変なことに!

本音=忙しいしまだ結婚はいいかな~

 

現実は、だいたい本音に合わせて展開してゆきます。

 

 

前回瞑想した時、私が受け取ったメッセージは

「生まれてきた理由を思い出したい」でした。

 

...!?そりゃスゴイね。

どうやったらそんなことできるの?

 

というのがその時の率直な感想(思考)。

 

その時は半年後に独立するとは思わなかったし

そのまま受け流していていました。

 

でもね、自分のライフワークや天職を見つけることって

実は「生まれてきた理由を思い出すこと」なんじゃないかと思うんですよ。

 

たぶんさ、それをやりたくてここに来たんじゃないの?

と思ってしまうわけですね。

 

昨日それに気がついて1人でぼんやりしてたのですが

 

あの時のメッセージは

「自分も生まれてきた理由を思い出したいし

周りの人が思い出すキッカケにもなりたい」

ということだったようです。もはや、自分=他人の視点ですね。

 

今回、瞑想の最後に出てきた思いは

「大丈夫、あなたは変われる」でした。

 

臆病な私でも、自分の弱さを受け入れ変わっていける

ということ。(いやホント、情けないくらいビビリなんです)

 

そして「古い自分を脱ぎ捨て、君は次のステージへ行けるよ!」

というクライアントへのメッセージでもあるんだと思います。

 

実は、天職を見つけるといっても、いろんなステージの人がいます。

誰でもそこへの切符は持っているんだけど、

 

1 まだ切符がポケットに入っていると気づかず途方に暮れている人

2 切符が天職行きだとわからず焦って他の場所を探している人

3 切符は手に入れたけど、怖くて改札を通れない人

4 今の場所を離れたくなくて、電車が来てもあえて乗らない人

 

ちなみに私は、電車に飛び乗ったは良いけど

次の乗り換えがうまくいくかソワソワしている人ですね。笑

 

全部人生で必要な経験なんだと思います。

 

私のこれからのクライアントは1と2の人。

「変わりたい!」と思っているのに

どうしたら良いかわからず焦ったり、途方に暮れたりしているひとですね。

 

「大丈夫、あなたは変われる」のメッセージを

伝え続けるブログにしたいと思いました。

 

あなたは変わりたいですか?

もしそうなら、ぜひ一緒に次のステージに行きましょう!

 

大丈夫、きっと変われます。

 

★ あなたはどのタイプ?あるある素質診断テスト

 

 ・① 笑顔と信頼を大切にする発案グループ

 ・② 実力と結果を重んじる表現グループ

 ・③ ひらめきと直感で邁進する展開グループ

 

★ カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

★ 生まれ持った素質とその活かし方を紐解く〜統計心理学による個別カウンセリングのご案内はこちら