ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

自分を知れば、もっと自分を好きになれる

f:id:happycareer-eu:20161003211016j:plain

 

みなさんこんにちは。

 

最近めっきり曜日感覚がなくなってしまい

一昨日まで今日が祝日だと気付かなかった

キャリアカウンセラーの柏葉綾子です。

 

今日はドイツ統一の日。

どうりで土曜日のスーパーが異様に混んでいたはず...。

(ドイツのスーパーは日祝休みです)

 

前回「自分らしさを忘れてしまうのはどうして?

というテーマでコラムを書きましたが

 

みなさんは、今の自分のことがどの位好きですか?

 

 

会社やコミュニティで他人と衝突したり

うまく分かり合えないことが続くと

 

なかなか自分のことが

好きになれないということはありませんか?

 

また、以前の私のように

衝突を避けようと他人に合わせてばかりだと

 

今度は自分がよくわからなくなり

心もとなくなる反面

 

我慢ばかりを強いる周りの人や環境に対して

強いストレスを感じることもあります。

 

 

自分らしさを忘れてしまうプロセスを

とても分かりやすく解説している教材があり

 

今日は、はぴきゃりアカデミーから

こちらのマトリョーシカちゃんをお借りしてきました。

 

f:id:happycareer-eu:20161003211453j:plain

 

人間のパーソナリティが

成長に伴い変化してゆく様を

心理学用語を使って表しているのですが

 

端的にいえば、左がもともともの自分(生まれ持った気質)

右が成長し社会に適応した今の自分です。

 

この図では、心の4つの発達段階を

4つのマトリョーシカを使って表していますが

 

もしも

マトリョーシカ=後天的に培った自分と仮定するのであれば

人は自分のもともとの姿の外に

 

数え切れないほどのマトリョーシカを被って

生活しているのではないかと思います。

 

中には、カチンコチンに固まってしまって

とても開けられそうにないマトリョーシカちゃんも

 

先ほど例でいえば

 

周りとうまく分かり合えないと

なかなか、自分のことが好きになれない

 

というのは

 

自分のマトリョーシカ(人格)はイマイチなようだと感じ

変えた方がいいのかな、と模索してしまうイメージ

 

また

 

衝突を避けようと他人に合わせてばかりだと

我慢を強いる周りにストレスを感じる

 

というのは

 

他人受けの良いマトリョーシカ(人格)を被りすぎて

中の自分が圧迫されてしまうイメージ

 

ではないでしょうか。

 

 

大きなマトリョーシカの正体というのは

 

(社会において)「こんな自分でありたい」

「こんな自分であるべき」

 

という気持ちで構成されています。

 

(市場で有能だと評価されるよう)

 一生懸命勉強して資格をとったり

 

(社会人として立派であるよう)

 嫌な仕事でも我慢して続けたり

 

(仲間はずれないされないよう)

 気の向かない集まりにでかけたりもします。

 

 

でも、生まれ持った自分の本質というのは

一番左のマトリョーシカですから

 

そもそも、今被っているマトリョーシカちゃんが

 

もともとの自分が望んでいた姿ではなかったり

自分の本質と大きく違うマトリョーシカであれば

 

どんなに他人から

 

「良いデザインだね」

「すごい性能だね」

 

と言われても、心は満たされず

自分を好きになることは難しいかもしれません。

 

また

 

対外的な自分(一番外のマトリョーシカ)と

本当の自分(中身)が大きくかけ離れている事に

虚しさや心もとなさを感じてしまうかもしれません。

 

自己分析ワークにおいて

「答えは自分が知っている」と言われるのは

 

本当はどうありたいかというのは

実は一番左のマトリョーシカが全て知っているためです。

 

f:id:happycareer-eu:20161003211453j:plain

 

ちょっとマトリョーシカ被りすぎちゃったぜ...というだけで

自分の本質を知り、本来の姿に近づいて行けば

少しずつ自分に自信がつき

大切なことは全て思い出せるようにできています。

 

外側のマトリョーシカが固すぎて

ちょっとやそっとじゃ中を開けられない時は

 

統計心理学i-colorや他の自己分析ツールを使って

一番左のマトリョーシカの在り処を調べてみてください。

▶︎ i-color診断はこちらからできます。

 

i-colorの良い所の1つは

過去の上手くいかなかったトラウマも

統計上で見てみると

 

i-color 〇〇 の人には、あるあるですね~」

といって、笑い飛ばすことができるので

 

同じことに悩んでいたのは自分だけではなかったと

気付けるかもしれません。

 

自分の本質を言語化できるようになると、

やがて他人とは違う自分の強みも良く理解できるようになると思います。

 

なぜなら、人との違いを知る=自分の強みを知る

ということですから。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

10月15日(土)13:00〜Day ワークショップ

~統計心理学i-colorによる強み発見講座

@デュッセルドルフ・ビルク

 

今の仕事は何か違うでも

転職したいけど、どんな仕事が良いかわからない

 

もしも今、仕事でそんな思いを抱えていたら

それは「自分らしさ」を忘れてしまったサインかも。

 

忘れてしまったあなたの「強み」

そして「自分らしさ」を言語化して

もう仕事に迷わない自分になりませんか?

 

詳細はこちらから