ドイツ在住カウンセラーによる、自然体キャリアのつくりかた

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

決断に必要なのは勇気ではなく自覚

f:id:happycareer-eu:20161013162020j:plain

 

今日は雑感です。

 

最近腑に落ちてきたのですが

自分と対話するとき

人は3つの対話方法を持っている気がします。

 

f:id:happycareer-eu:20161013154143j:plain

 ①頭の思考

情報・記憶の倉庫

特徴:言語化することで整理できる

 

②ハートの気持ち

ドキドキ・わくわく・どよ~んというセンサー

特徴:感情がシグナル・行動に反応しやすい

 

③肚の本音

静かでブレのない意図

特徴:①と②のノイズが少ない時、もしくは

何気ない幸福感にひたっているとき

「ぽろっと」出てくる

 

 

私の思う自分軸のある人というのは

①と②と③が同じベクトルを持っている人です。

 

f:id:happycareer-eu:20161013154357j:plain

 

だから、ブレにくいし

頭はクリアハートは情熱であふれている。

 

この状態だと、人生でやりたいことって

とても見つかりやすいし

やりたい仕事はどんどん進化していきます。

 

 

ところが、多くの人は

> > ③の順に声が大きく聞こえるので

 

自分と対話している時、大体こんな感じな気がします。

f:id:happycareer-eu:20161013154721j:plain

 

①と②だけでぐるぐる、モヤモヤしている。

③は無自覚。

 

それで決断できない、迷ってばかりの自分に悩んでいるけれど

それは、③の肚の本音を自覚できると解決できると思います。

 

最近わかったのですが

決断に必要なのは勇気ではなく、自覚です。

 

自覚すると、そちらに自動的に動き始めてしまう。

以前書いた i-colorオレンジさんのように。

happycareer-eu.hatenablog.com

 

私が独立した時もそうでした。

happycareer-eu.hatenablog.com

 

 

迷ってばかりの時は

本音を自覚しきれていない時。

 

勇気を出さないと決断できない時は

自分で自分の気持ちを疑っている時。

 

自分の気持ちをもう疑わなくなった時

①の思考は「どうしよう?」「そんなの無理だよ」から

「どうやって実現しよう?」と建設的なものに変わります。

 

 

「やりたい仕事」を探す時も同じです。

 

最近の個別セッションでよく感じるのですが

「やりたい」ってさ、気持ちだよね。

 

 

 

 

みんな、頭使いすぎや!!

( Д´ )

 もっとハートを使え!ハートを!

 

 

もちろん、私がそういうクライアントさんに出会いやすいのは

紛れもなく私自身がかつて(今でも時々)そうだったからだと思います。

 

自分の経験をどうやったらもっと上手く還元できるか

日々精進しております。

 

 

今後の個別セッションやワークショップは

今の状態をまず言語化してもらって

 

そこに隠されたキーワードをもとに

情熱を掘り下げていく

 

なるべく頭を使わないセッション

そこに一層重点を置いていきたいと思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★  Facebookページ 

★ カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

 

 

★ 10月30日(日)開催 

キャリアカフェ in デュッセルドルフ

生まれ持った素質が分かる統計心理学 i-color を使って

*あなたの「強み」と「魅力」

*仕事に求めているやりがい  を一緒に分析してみませんか?

詳細 & お申し込みはこちら 

  

 

★ あなたはどのタイプ?あるある素質診断テスト

 ・① 笑顔と信頼を大切にする発案グループ

 ・② 実力と結果を重んじる表現グループ

 ・③ ひらめきと直感で邁進する展開グループ