読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたが本当に求めているものは?

f:id:happycareer-eu:20161115015147j:plain

 

先日個別セッションを受けてくださった

Nさん@ ロイヤルブルーよりご感想をいただきました。

 

現在は日本で働かれているNさんですが

事情によりドイツへ移住される予定です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、以前個別カウンセリングを受けたNと申します。

 

相談した際、手に職が欲しいのでXX職人の修行をしたいとお話ししました。

その際柏葉さんに伺った、職務経験があるのでドイツ語が話せれば職は見つかる(可能性が高い)という言葉が印象に残り、それが一番いい選択肢なのではないかと考えるようになりました。

 

私が求めていたのはデュッセルドルフでの居場所でした。

 

お金と時間をかけて資格を取ればドイツのどこかで働くことが保証されるマイスターよりも、

半年間~10ヶ月程学校でドイツ語を身に付け、その時デュッセルドルフでできる仕事に就く方が現実的で且つ求めるゴールに近いと感じます。

 

2017年の春からドイツに渡航することを検討しています。

ドイツ語習得後の就職先を探すにあたり、はぴきゃりヨーロッパのワークショップに参加し自分が頑張れる仕事内容も見つけたいと思います。

 

一方で必ず上手くいく保証のあるものは無いと理解しつつも、不安な気持ちが拭いきれません。

不安を拭うにはどうしたら良いかアドバイス頂きたいです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ドイツに移住する場合、最初は就労ビザの壁が立ちはだかります。

 

そのため、多くの方は

まずビザを降ろしてもらえる仕事に就く▶︎より自分の望む仕事にシフトする

という移行が現実的な手法となります。

 

Nさんの内面i-colorは、ロイヤルブルー。

i-color12色の中で最も不安感とプロ意識の強いタイプの方です。

 

逆に言えば、リスクヘッジに長けており

極めて堅実な計画をたてられる素質をお持ちです。

 

ドイツに移住したい × 手に職をつけたいという思いから

マイスター資格を目指していたNさん。

しかし、セッション後にふと気づかれたこと。

 

それは、自分が本当に求めていたのはマイスターへの道ではなく

デュッセルドルフでの居場所であった、ということでした。

 

私たちは悩んでいる時、脳内で想定した仮の未来を

しばしば本当の望みと取り違えてしまうことがあります。

 

以前、仕事に悩んでいたころの私は

 

今の仕事を辞めたい 

 転職するならきっと語学ができた方が有利

 資格を取りたい

 

と考えて、ケンブリッジ英検の試験をうけたことがありました。

 

そこに「語学を学びたい!」という純粋な欲求はありませんでしたので、

モチベーションを維持するのにえらく苦労した記憶があります。

「資格を取りたい!」は当時の私の本当の望みではなかったんですね。

 

Nさんも、本当の望みは

XX職人になりたい!」ではなく

「デュッセルドルフに居場所を持ちたい」

ことだと気づかれたようです。

 

自分の深層心理は自分ではなかなか気づけないケースがほとんどですから

1回のセッションで大きな進歩があったことに驚きでした。

 

本当の望みをできるだけはっきりさせて、もっとも近い方角に舵を切る。

 

これは、ドイツに移住される場合も

お住いの国でキャリアチェンジされる場合も同じです。

 

それでも不安な気持ちはぬぐいきれない、というNさんに

「最悪の場合どうするか考えておきましょう」とお伝えしたところ

こんなお返事をいただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

万が一仕事が見つからなかったとしても、

その時やりたい仕事が分かっていて、そこに向けて努力できていればいいなと思いました。

 

お金が無くなってしまっても、やりたいことが分かっていれば、

少しでも関連する仕事を探して働くこともできます。

 

まだ肝心のやりたいことは分かりませんが^^;

ひとまず、ドイツに行きたいという想いを先に実現させてみてもいいと思えるようになりました。

引き続き、よろしくお願いします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

統計心理学i-colorでは、大きな決断の際

可能性を見るタイプの人とリスクを見るタイプの人

2つのパターンをみることができるのですが、Nさんは後者。

 

この場合は「最悪の場合に対する現実的な方策を考えておく」ことで

不安が必要以上に増大することを防ぐことができます。

 

そして「やりたい!」と確信したことのためなら、夜通しでも頑張れる力を備えているのは、i-colorロイヤルブルーの大きな強み。

 

お金が無くなってしまっても、やりたいことが分かっていれば、

少しでも関連する仕事を探して働くこともできます。

 

はい。どんな仕事に就くかではなく

「就いた仕事を、自分のやりたいことのためにどう役立てるか?」

この視点があれば、やりがいの感じられない仕事というのは

圧倒的に少なくなります。

 

今後のご活躍が楽しみです。

Nさん、どうもありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

♪♪ 生まれ持った素質がわかる統計心理学

無料i-color診断はこちら からどうぞ ♪♪ 

 

★ ブログ更新情報は  Facebookページ にて

★ カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

 

♡ あなたのやりたいこと、見つけてみませんか?

個別セッション受付中 ▶︎ 詳しくはこちら

 

★  あなたはどのタイプ?あるある素質診断テスト

 ・① 笑顔と信頼を大切にする発案グループ

 ・② 実力と結果を重んじる表現グループ 

 ・③ ひらめきと直感で邁進する展開グループ