読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ハッピーキャリアのつくりかた

〜在ドイツ・キャリアカウンセラーによる天職の見つけ方講座

みんな、自分だけの人生のテーマがある

ハッピーキャリアの作り方 天職の見つけ方

f:id:happycareer-eu:20161126071308j:plain

以前、本当にやりたいことというのは

過去でニアミスしていることが多い

 

という話を書きました。

happycareer-eu.hatenablog.com

 

これは、過去の出来事そのものに

ヒントがあるというより

 

過去を通して

忘れていた自分自身を思い出し

 

それを取り戻すことに

意味がある、といえるでしょう。

 

現実のタイムラインを選択しているのは

常に今の自分です。

 

忘れていた自分を取り戻した上で

今、あなたはどうしたいのでしょうか?

 

時間をかけていいので

それを丁寧にクリアにしてゆくこと

 

それが本当に本当に大切です

 

別に、昔の夢をもう一度

追いかけなくても良いのですよ

 

今のあなたが

現状にとどまることを望んでいるのであれば

素直にそちらを選択しましょう

 

ただ、昔の夢というのは

あなたが成し遂げたい大切な何かの

片鱗だったりします

 

夢ですら片鱗なのです

 

やりたいことを、やりたいようにやる

 

そのために

人は自分に一番あった表現方法を選びます

 

それがたまたま、あなたにとっては

特定の職業だったり仕事だったりしたのです

 

その夢を通して、あなたが

体現したかったことは何だったのでしょう

 

たぶん、それがあなたの人生の本当のテーマ

 

以前、ツアーガイドになりたかった

と話してくれたOちゃん@i-colorオレンジ

 

過去のキャリアを紐解きながら

 

自分はいつも

「自分にしかできないおもてなし」

を研究してきた

 

それが提供できた時が一番の喜びだった

という気づきを話してくれました

 

その時私が、ああ、きっと

それがこの人のやりたいことの真髄なんだな

と思ったのは

 

i-colorオレンジの大切なテーマのひとつが

オリジナリティだったから

 

本当に素敵だな、と思いました

 

人生を重ねた人にしか体現できない

おもてなしってありますよね

 

たぶん彼女は、それをこれから

自分の人生で体現していくんだろうなと

直感した瞬間でした

 

年を重ねてから

人生の本当のテーマを再現しようとした時

人は必ずしも、昔と同じ職業を選ぶとは限りません

 

それは

 

これまでの人生経験という

幾層ものスパイスが加わった上で

あなたが体現したいこと

 

それに一番あった方法を選ぶからです

 

その光景を見るといつも

人生って、本当にドラマだなと感じます

 

あなたも、あなただけの人生のテーマを

見つけてみませんか?

 

>>  募集をスタートしました

2017年 1月 28日(土)〜

海外ハッピーキャリアを叶える4ヶ月講座

     >> 詳細 & お申し込みはこちら