読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"自分"という素材を存分に生かす 〜4ヶ月講座レポート②

f:id:happycareer-eu:20170408041756j:plain

スクーリングは、お昼休みをはさんで午後へ。

 

午後は事前課題をもとにした

ハッピーキャリアのタネ探し。

 

仕事で活かしたい"あなたらしさ"

あなたが真価を発揮できる仕事

あなたがのびのび働ける"環境"

 

について、一人ひとりの

キーワードを掘り出してゆくのですが

 

みなさん事前課題の段階で

既に色々な気づきがあったようです。

 

「私が人生で喜びを感じるのは、

 自分の心からの望みを叶えてあげた時」

by  Sさん@オリーブ

 

何かはじめっから随分深いコメントが

出てきたのですが... 本当にその通りですね。

 

ところが、本当の望みというのは

往々にして思い出すのが難しい

 

だから人は、目先の小さなことに

いつも迷ってしまう

 

だからこそ

 

忘れてしまった本当の望みを思い出し

それをもとにこれからの人生を歩んでいく

それが、この講座の真のテーマ

 

と、再確認するに至りました。

  

「(過去を振り返っても)他人起点の行動ばかりで、"自分というものがない"ことにびっくりした」

by Nさん@バイオレット

 

「普段は自分軸で動いているけれど、特別な人、大切な人が現れた途端、急に他人軸になってしまう」

by Uさん@オリーブ

 

こちらも

ご自分の行動特性をよくつかんでるな〜と感じたコメントでした。

 

今回の受講生は全員、i-color発案グループ。

発案グループは

 

自分のためにはあまり頑張れないが

人のためにこそ真の力を発揮できる。

 

と、いわれています。

happycareer-eu.hatenablog.com

ですから

発案グループの人が過去を振り返ると

 

誰かのために頑張っていた行動が多かったり、印象深い思い出に、いつも仲間の記憶があったりする のですね。

 

また

「もっとこうしたら良いんじゃない?

と、よく人にアドバイスしてしまう」

by Sさん@オリーブ

 

のも発案グループならでは。

とにかく関心の対象が人なので、人を良く見ています。

 

それが行き過ぎると

おせっかいになってしまったり

女性の場合は、うっかりダメンズメーカーになってしまったり(男性にアドバイスばかりして、どんどんダメにしてしまう

 

こともありますが(笑)しか〜し!

 

逆に、真にアドバイスが求められている場所で

その力を活かせば

 

私のように、1人1人にぴったりのキャリアを一緒に考えることに喜びを覚えたり

 

「あなただからお願いしたい」といわれる営業マンになって、お客さんと息の長い関係を築いたり

 

最近だと、青学を箱根駅伝優勝に導いた原監督@イエローみたいに、人育てのプロ になったりします。

toyokeizai.net

 

 

何事も"あなたという素材"

どう活かし、どう料理するかだけ なんですね。

 

あなたは、自分の一番美味しい料理法を知っていますか?

 

自分らしく輝いてる人は、単にそれを知って自分を活かしきってるだけなのです。

才能、努力、環境全て二の次三の次です。

 

どうせなら

自分の良さを引き出した唯一無二のキャリアをつくってみませんか?ということで

 

この日は、午後のワークで出てきた

"自分らしさ"のキーワードをもとに

 

「自分取り扱い説明書」を作成するのが宿題となりました。

f:id:happycareer-eu:20170408043850j:plain

 

ちなみに

 

・この資格を持っておくと安心

・この仕事の方が市場価値が高そう

・こういう肩書があった方が有利

 

こういうのは全部、他人軸ですね。

 

他人起点でしか自分を見ていなくて、"自分がどうしたいかが、置き去りなんです。

私自身、長らくその視点で人生を歩んできました。

happycareer.jp

他人軸は、悪いことじゃないけど

他人って、いっぱいいる。

 

人によって言われることは違うし

今の会社で評価された経験が、他の会社ではそうとも限らなかったりして

迷子になりやすいのです。

 

特に、ロールモデルを見つけにくい海外

これまでキャリアパスのなかった現地採用組は

いったい何を選んだら正解なのかわからないこともしばしば...。

 

そして

他人に評価を保証してもらえないと

自分で自分を評価すらできないのは

どうしてなのか?

 

そこと向き合わず

自分の気持ちが置いてけぼりだと

いつまでたっても心は満たされない

 

そんな悩みを抱えていたことが

懐かしく思い出されました。

 

< 人気記事 >

happycareer-eu.hatenablog.com

♤カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

♢個別セッションのお問い合わせはこちら