ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

嫌いな人は認めたくない私

f:id:happycareer-eu:20170507225312j:plain

昨日は1期生2回目のスクーリングでした。

テーマは「私の存在意義」。

f:id:happycareer-eu:20170507225347j:plain

誤植が...

 

「好きなこと」「やりたいこと」について

いろいろな角度から分析して

本質をあぶり出す時間でした。

f:id:happycareer-eu:20170507043030j:plain

で、そのなかで

「嫌いな人」というワードが

出てきたので

 

ちょっと補足記事を

書いておきたいと思います。

 

まあ、タイトル通りではあるのですが

 

「好き」「嫌い」という心の感情は

もともとは、あなたの進む方向を

教えてくれるナビゲーションです。

 

なので、わたしの講座ではとにかく

心の反応を大切にすることを

お伝えしています。

 

何をやるにしても

好きでなければ、続けられません。

 

そして、あなたの周囲にいる人も

「心が反応する人」

「そうでない人」

わけられると思います。

 

心が反応する人

自分の中のフィルターにひっかかった人

ということです。

 

「大好きな人」「うらやましい人」

あなたに眠る可能性を教えてくれる人。

happycareer-eu.hatenablog.com

そして

あなたの心の琴線にふれる言葉は

「本来のあなた」から

「今のあなた」へのメッセージ。

happycareer-eu.hatenablog.com

人は、自分のフィルターを通さずに

何かを受け取ることはありません。

 

「嫌いな人」「許せない人」

認めたくない自分を教えてくれる人。

happycareer-eu.hatenablog.com

自分がタブーとしていることを

平然と破っている人や

 

自分では絶対に認めたくない

自分の一面を教えてくれる人です。

 

以前、嫌いな人は嫌いのままでいい

と書きました。

 

それは

自分の気持ちをねじ曲げてまで

嫌いな人を好きなる必要はない

ということです。

 

しかし「嫌い」という感情を

切り捨てていくことは

それとはちょっと別のこと

 

自分の感情=自分の一部を

切り捨てるということだからです。

 

「嫌い」という感情を味わいたくないから

「嫌いな人」を切り捨てることは

「嫌い」を恐れている、ということです。

 

できれば、もう「嫌い」という感情を

味わいたくない。それは当然です。

 

ところが

持ち主に認めてもらえない感情は

認めてもらえるまで

あなたを追いかけてきます。

 

つまり自分が「嫌い」と向き合うまで

なぜか「嫌いな人に出会いやすい」

そういうカラクリがあります。

 

それが、転職しても

同じ問題に出会ったりする本当の理由。

happycareer-eu.hatenablog.com

それは 「嫌い」の中には

往々にして自分の「許せないこと」が

潜んでいるからです。

 

自分がタブーとしていること

本当は認めたくない嫌いな自分

そこと向き合わないと

なぜかどこまでも追いかけてくる。

 

 

もちろん「嫌い」から一生

逃げ続けるという選択肢もあります。

 

それも生き方の1つ

と、昨日はお伝えしました。

  

その場合は、自分の

「好き」「素晴らしい部分」だけを大切にして

「嫌い」「みっともない部分」

切り捨てて生きて行くということ。

  

そして「嫌い」を通らないと

たどり着けない夢は

実現しなくても別にいい、という生き方です。

 

それが「枠」や「縛り」となり

あなたの夢の実現を阻むこともあるでしょう。

 

実をいうと、私はずっと

そういう生き方をしてきました。

 

そして、その結果

自分にも他人にも厳しくなり

気を張りつめた生き方をしてたと思います。

 

自分の弱く

醜い部分が許せなかったので

他人の弱く、醜い部分も

とても許せませんでした。

 

だからよく怒っていました。

 

そのままこの仕事をしていたら

きっと沢山の人の悩みを裁く

カウンセラーになっていたでしょう。

 

切り捨てたつもりでも

「みっともない自分」

なくなりませんでした。

 

 

そして

今まで出会った「嫌いな人」

私の鏡となって

「ここ、まだ認めてないよ」と

教えてくれたのです。

 

「ぎゃんっ」ってなるよね、そりゃ。

 

はぴきゃりアカデミーの受講あたりから

私の場合は、それをひとつひとつ

拾っていく生き方を選択しました。

 

切り捨てても、本当は知っていました。

私の中には、弱い自分がいる。

 

拾い上げたら、安心しました。

そうそう、私ここ弱いんだよね〜。

 

私の場合は「嫌い」と向き合った方が

格段に気持ちが軽く、人に優しくなれました。

 

「嫌い」を切り捨てても向き合っても

どちらの生き方でも良いと、思います。

 

 

最後に

 

「嫌い」と向き合うにはどうするか?

私がやってきた方法をシェアします。

(向き合いたい人だけやってみてね)

 

それは「嫌い」

切り捨てずに観察すること。

 

「嫌い」の成分を分析して

一体何が許せないのかを

冷静に観察してみることです。

 

相手じゃなくて、自分の気持ちを。 

 

どうしてそれを許可できないのか?

逃げることなく、言葉にして

自分の恐れの根源を見つけるのです。

 

「気づき」が訪れたら

その問題はクリアです。 

 

その「気づき」を持って相手を見ると

とても冷静になれます。

 

「自分の恐れ」を受け入れていくと

「嫌いな人」は確実に減っていきます。

 

 

それでも「嫌いな人」

いなくならないと思います。

 

だって、いなくなったら

人生ゲームクリアだからね。

 

きっと、いなくなるのは

この世に未練がなくなった時でしょう(笑)