読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ在住カウンセラーによる、自然体キャリアのつくりかた

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

「本当にやりたいこと」から「できることを探す」〜アカデミー1期レポート③

f:id:happycareer-eu:20170507042503j:plain

アカデミー1期2回目のスクーリングは

「自分取扱説明書」をもとに

 

自分にとって「納得のいく仕事」

を定義することからスタートしました。

 

実は、この日の朝はメッセのため

デュッセルドルフの地下鉄は大混乱。

 

ベルリンから通ってるUさん@オリーブ

思いがけず地下鉄を乗り間違えた隙に

テキストをドアに挟まれてしまい

 

「大変なんです!はぴきゃりMYBOOKが~」

 

というモーニングコールから

スタートしました(笑)

(そこは強運の持ち主Uさん☆

 無事に取り返しましたよ!!)

 

さてさて

 

以前も書きましたが

「納得感」は仕事をする上でのこだわり

大切にしていることとも言えるでしょう。

 

納得感と「仕事の満足度」は

大変深く関わっています。

 

仕事で納得感を得られなかったり

会社の方針でつぶされてしまったりすると

 

人は

 

 

 

ヤサグレます。

 

えー子供っぽい表現ですみません。

でもこれホント。そして

 

「どうせわかってもらえない病」

かかってしまうのです。

 

どうせ会社にはわかってもらえない

どうせ上司にはわかってもらえない

 

どうせ私が何をいっても

どうせ自分が何をやっても

 

いや、、日本人のかなりの数の人が

かかっているのではないのでしょうか。

 

この病気にかかってしまうとですね

「自分がどうしたいか」

追求することを放棄してしまうんですね。

 

なぜなら「どうせ言っても無駄だから」

厳密には「どうやらこの会社では、それを実現できないようだ」なのですが...

 

まー1日の3分の1以上を働いていると

うっかり全世界に否定されたような気分になっちゃったりするんですね。

 

そして、徐々に徐々に

会社という枠に閉じこもり

やりたいことがわからなくなるわけです。

 

私も何度か「どうせ病」に

かかったことがありますが...

 

「どうせ病」を患っていると

傷つくことを恐れ、枠の中でしか

「やりたいこと」を思いつきません。

 

今できることの中から

「やりたいこと」を探すので

本物がでてこないんですね。

 

そしてモヤモヤ...

 

逆です

 

「本当にやりたいこと」の中から

「できること」を探すんです。

 

というか...

やりたいことに妥協している時点で

それ、やりたいことじゃないよね?

 

と私はいいたいのですが

 

ずーっと同じ会社の中にいると

そもそも妥協していることにすら

気づけなかったりするんですよね。

(他の可能性を知らないから)

 

ということで、続きます。

 

< 関連記事 >

happycareer-eu.hatenablog.com

happycareer-eu.hatenablog.com

 

♤今後の予定

>> 5月27日(土)14:00〜17:00  アカデミー体験会

https://www.happycareer.eu/workshop/

 

>> 6月17日(土)10:00〜 

はぴきゃりアカデミー・ヨーロッパ校第2期開講

https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/