ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

あなたは、どんな人の役に立ちたいですか?

f:id:happycareer-eu:20170602225810j:plain

アカデミー3回目のスクーリングでは

 

1回目のスクーリングで洗い出した

「活かしたい強み」

 

2回目のスクーリングで洗い出した

「わたしの存在意義」

 

をもとに

 

あなたが本当にやりたい仕事

(はぴきゃりアカデミーでは

 通称:恋する仕事)

の方向性を定めていきます。

 

この辺りから事前課題の提出率が

あやしくなってくるのですが(汗)

 

それは皆さんが改めて

これまでのスクーリング内容を振り返り

自分を深堀りしていく段階だから

 

前回自分のやりたいことを

こんなふうに定義したけれど

 

本当にこうなのかな?

やっぱりこっちなのかな?

 

という疑問も出てきます。

 

進んでは戻り、また「やっぱり」と進む

そのプロセスが

あなたのやりたいことへの確信を

確かなものにしていきます。

 

 

ベルリンのMちゃん@i-color オリーブ

「自分は、悩みを話せる場所を提供したい」

という方向性を改めて確認できたようです。

 

ここから自分のやりたい仕事を

具体的に形づくっていく段階では

 

i-color 3グループ(発案表現展開

によって多少アプローチが異なってきます。

 

i-color3グループについては、詳しくはこちら

https://www.happycareer.eu/i-color/

 

別名「人志向」とよばれる発案グループの場合

i-colorピンク・オリーブ・

   イエロー・バイオレット)

 

「世のため・人のために何かをやりたい」

という気持ちが

起爆剤になることがほとんどです。

 

実際、2回目のスクーリングで

発案グループの受講生が導き出した

 

「わたしの存在意義」は全て

 

・誰かを幸せにすること

・誰かの心の支えになること

 

につながるものでした。

(これ、i-color表現・展開Gの人がやったら

 また違ったキーワードが出てきます)

 

この段階からいわゆる「自分の人生のテーマ」

がぼんやりと見えてくるわけです。

 

従って、3回目からのスクーリングでは

発案グループの場合

 

「どんな人の力になりたいか」

「どんな人の役に立ちたいか」

 

に主に焦点をあてて絞り込んでいきます。

 

Mちゃん@オリーブが、一番

 

「悩みを聞いてあげたい人」

「わかってあげたい人」

「共感してあげたい人」

 

は誰なのか?ということで

明日のスクーリングが楽しみです (^ ^)

 

*このテーマ、もう少し深く書きたかったので明日お昼のニュースレターで追記致します。ご興味のある方は、こちらからご登録くださいませ。

 

 

>> カウンセラー柏葉のプロフィールはこちら

 

>> 好きなテーマを選べる個別カウンセリング♢詳しくはこちら

>> 7/15開講アカデミー本講座第2期 お申込み受付中です♤ 詳しくはこちら