ドイツ在住カウンセラーによる、自然体キャリアのつくりかた

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

求めよ、さらば与えられん

f:id:happycareer-eu:20170721190713j:plain

今年の1月、東京でキャリアカフェ

統計心理学 i-color によるキャリア相談会)

を開催した時のことです。

 

いずれドイツで働きたい

という方が多かった中で

 

私のブログを読んで会いに来た

といってくださった

i-colorオレンジ さんがいらっしゃり

(ありがとうございます)

 

最後にこんなことを聞かれたんですね。

 

オレンジさん

「今日お話して

 すごく直感的に人を見る人だなって

 感じたんですが

 

 正直なところ

 わたしを見てどう思われますか?

 

 やりたいこと、見つかりそうでしょうか?」

 

わたし

「うーん

 

 本当に、見つけたいと思っていますか?

 

 

こうして文字におこすと

 

わたしめっちゃ失礼な奴やな(爆)

って感じなんですが

 

その時は、余計な思考を挟む間もなく

口をついてしまった言葉でした。

 

 

** ** **

 

 

わたしたち(私も)というのは

 

言っていることと

やっていること(もしくは在り方)が

 

矛盾していることがよくあります。

 

 

例えていうなれば

昔のテレビドラマで

 

奥さんと別れるわかれるいいながら

結局別れない不倫男みたいな感じ?

 

(男性のみなさんごめんなさい)

 

ポイントは

他人から見るとその矛盾はよく見えるが

 

(だいたい、そんな男やめときなよ~

 と友人役の女優に言われる)

 

ことの当事者、もしくは本人は

意外とそれに気づけないということです

 

(やめなといわれてもやめられず

 どんどんはまっていく図式ですね)

 

 

だから、私のように

客観的に見て足元を指摘する仕事が

意味をなすのであり

 

キャリアカウンセラーの私自身も

クライアントのことはよく見えても

 

当事者となる自分のキャリアは

もちろん他の方のセッションを受けています

f:id:happycareer-eu:20170607205449j:plain

 

話を本題に戻して

やりたいことを見つけたいといいつつも

 

実は見つからない方が良いと思っている

ケースは結構あります。

 

実は幸せになりたくない(怒りや復讐心)

やっぱり現状を変えるのはイヤ(執着)

 

といった思いが根底にあるケースはもちろん

 

別に見つからなくていいと思ってるけど

年齢的に早く自分の専門性がほしい(打算)

 

などもあるかな~

 

これが、いわゆる

本音と願いが一致していないケースです。

 

そもそも、やりたいことのヒントって

毎日目の前にやってきているのですよ

 

でも、上記のような思いがあると

フィルターがかかってしまって気づけない

 

人間て、自分に都合の悪い情報は

スルーするようにできています

 

ですから

やりたいこと探しが楽しいのは別として

 

長いこと探しているのに

今ひとつ手がかりがつかめないのなら

 

一度、自分のフィルターを

点検してみてもいいかもしれません

f:id:happycareer-eu:20170721193914j:plain

 

本音と言葉が一致していないことは

悪いことではありません

 

そもそも心理的なブロックは

外そうと思って外せるものではないし

 

誰だって多かれ少なかれ

抱えているものです

 

だから、落ち込んだりした時が

それに気づくチャンスなんですね

 

むしろ、自分の中から出てきた葛藤は

ちゃんと受け止めてあげることが

次のステージへの近道

happycareer-eu.hatenablog.com

 

求めよ、さらば与えられんは

本当に求めている時起こります

 

そういう意味で、人生は思い通り

 

私も、もっと自分と向き合い

自分への嘘を外していきたいと思う

この頃です

f:id:happycareer-eu:20170721194133j:plain

 

>> 心がスッと楽になる個別カウンセリング

詳細はこちらから

 

>> 海外でも、あなただけのハッピーキャリア見つけてみませんか?

9/9 開講♤アカデミー本講座第3期

 

>> 素質診断付ニュースレター

i-color別♤ハッピーキャリアのつくり方