ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

弱点は本当に克服しなくていいのか?

f:id:happycareer-eu:20170726041728j:plain

自分の弱さを許そう

と書くと

 

いやいや

弱さは克服してなんぼでしょ!

 

と思われる方も

いらっしゃるのではないでしょうか

 

特に、i-color表現グループ

中でもi-colorコーラル・オレンジの方は

 

「打倒自分!!」

 

くらいに思われていても

不思議ではありません

 

この方たちにとって

人生とはやはり

 

自分との戦いによって

勝ち取っていくものですからね 

f:id:happycareer-eu:20170811171829j:plain

で、結論から言うと

 

弱さを許す と

弱さを克服する は

 

時と場合と当事者によって

どちらを必要としているかが異なります

 

わたしは「弱さを許す」ことを

必要としている方向けに発信していますが

 

克服することが悪いとは思っていません

(でも、超越するって表現の方が好きかな)

 

自分の弱点を克服しようと戦う今が

あなたにとって、本当に楽しく充実していて

結果がバンバン出ているなら

 

あなたのベクトルは間違っていません

 

ぜひそのまま、力強く

突き抜けてしまいましょう!!

f:id:happycareer-eu:20170615000658j:plain 

わたしが伝えたいことの本質は

「自分という人間の特徴を捨てて

違うピース(Piece)になろうとしてないか?」

ということであり

 

あなたの中に

「自分の限界を超える瞬間が好きだぜ!」

という純粋な喜びがあるのなら

 

それは、あなたというピースの一部なのです

 

 

一方で、頑張っているのに

なぜか人生の流れが今一つの場合は

 

弱点を克服することで

違うピース(自分ではない何者か)

になろうとしている可能性があります

f:id:happycareer-eu:20170730193739j:plain

ということで、

簡単なチェックリストを用意してみました

 

ピース「自分」を生きているとき

 

☑️ 言葉では説明できない不思議な安心感がある

☑️ 仕事に没頭している時、収入や評価のことを忘れている

☑️ 自分の本当の夢を堂々と語ることができる

☑️ 自分に向いている役割や仕事がわかる

☑️ 不自然な力みがなく、前向きである

☑️ 欠点もあるが、自分は自分なりによくやっていると思う

 

 

ピース「他人」にハマってしまったとき

 

☑️ 時々、人生で何か大切なことを忘れているような気持ちになることがある

☑️ 周囲の評価がとても気になる

☑️ 夢がない、もしくは実はあるが隠している

☑️ 自分なんてと、心のどこかで思ってしまう

☑️ 仕事をすると、なぜかぐったりする

☑️ たった1人で戦っているような気持ちになることがある

 

 

もし、弱点を克服しようという心理の裏に

 

「どうせわかってもらえないし

「わたしなんて大したことないし

 

という自己卑下の気持ちがある場合は

自分を偽ろうとしていることになります

 

つまり、一見強くなろうとしているが

単に意地をはっているだけなので

物事がうまく流れにくいということです

 

 

ですから今、自分が何をやっているかよりも

どのくらい自然体で生きているか?どうかが

判断ポイントになると思います

 

人によって何をやっているとき

自然体でいられるかは全く異なりますよね?

 

また、やってることは同じでも

見栄を張っていると知らぬ間に

不自然な力みが生じているものです

(経験者は語る)

 

自然体というのは、自分のエネルギーが

ぐんぐん循環しているイメージですね

 

ですから最強なのです

 

このテーマ、また書きますね

 

>> 個別セッション♤8月の予定を更新しました 詳細はこちら

 

>> 9/9(土)アカデミー本講座第3期♡受講生募集中 詳細はこちら

 

>> 素質診断付ニュースレター ♪ ご登録はこちら