ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜本来の自分でつくる、新しい人生へ

信頼・納得・合理性・・あなたは何で動く?

f:id:happycareer-eu:20170821010026j:plain

昨日はアカデミー講座

第2期のスクーリングでした。

 

午前中のテーマは

i-color別コミュニケーション」

 

統計心理学i-color を通して

相手と自分の価値観の違いを知り

コミュニケーションの誤解を解いていきます 

 

ちなみに...

価値観3グループはこちら

 

<< i-color 発案グループ >>

ピンク・オリーブ・イエロー・バイオレット

別名:人志向 >>  頼られると動く人

 

<< i-color 表現グループ >>

ゴールド・コーラル・グリーン・オレンジ

別名:自分志向 >> 自分の納得感で動く人

 

<< i-color 展開グループ >>

レッド・ブルー・ロイヤルブルー・ターコイズ 

別名:先生志向 >>  合理性重視で動く人

この3グループは

全く違う価値観の持ち主なので

身近にいると誤解が生まれることもしばしば

 

わたし

発案グループはとにかく

 連体感や時間の共有を大切にします

 

「目的意識を共有できてないと感じると

 無駄に会議をふやしたりしますが

 合理的な展開グループは、こういう

 「みんなでやろう」的なのは大の苦手

 

    …ん? Kちゃんがめっちゃ笑ってる」 

 

Kちゃん

(展開グループ@i-color ロイヤルブルー)

「今通ってる語学学校の先生が

 グループワークが大好きで

 なんでもグループでやらせるんですよ」

f:id:happycareer-eu:20170821035700j:plain

「わたしはもう

 時間がもったいない!って感じていて」

 

どうせテストの時は1人なのに...!

 そんな時間があるなら

   もっと有意義に使えるだろ~って」

 

(一同、爆笑)

 

ふーちゃん(表現グループ@i-color ゴールド)

「ドイツ人の義妹が

 発案グループ@i-color バイオレット

 とにかく何でも一緒にやりたがるので

 本当に、本当に大変です

 可愛いんですけどね」

 

「この前も、カードゲーム一緒にやろうよって

 いってきて、でも1人の時間が必要な私は

 時間の無駄にしか思えなくて

 

わたし

発案グループ

 一緒にやることが喜びだから

 時間的な効率とか関係ないんだよ」

 

「とはいえ、表現グループとしては

 自分のペースを乱されるのはつらいよね?

 ちゃんと愛情表現さえしてあげれば

 1人になれる時間が必要だっていっても

 大丈夫だと思うよ」

  

一方で、表現グループの人は

自分の話をする時

「できたこと」を中心に話すので 

時に自慢話ばかりする人と誤解される...

なんて面白い傾向が。

 

Kちゃん(展開グループ)

表現グループ@i-color グリーンの彼が

 他の方と話すのを聞いていると

 確かに、そういう話が多いような

 

わたし 

表現グループ結果重視なので

 できなかったことを話さないですね」

 

各グループの人と上手につきあうには

どんな声掛けが有効なのか?

 

職場で

どんな時に関係がこじれやすいのか

 

どちらのグループがリードすると

うまく回りやすいのか

 

i-color的に相性のいい人っているの?

 

そんな2時間のレクチャーでした。

 

ちなみにこの日の夕方、ふーちゃん

車で迎えにきてくれるはずだったご主人は

展開グループ@i-color ロイヤルブルー

(ドイツ人)

 

ところが、ふーちゃんが電話で話していると

 

「今から君を迎えに行くのは

 イマイチ(keine gute Idee)」

 

とのこと。ご主人いわく

 

「ここから駐車場まで15分歩いて

 それから車で15分かけてそっちまで行って

 

 それから30分かけて戻ってきて

 また同じ駐車場に車をとめるなんて

 

 全く合理的じゃないと思わない?」

 

Kちゃん(展開グループ)

そっちが来た方が早いでしょ...

 ってことだね(笑)」

 

展開グループって

本当に合理性重視なんだ...!と

思い知らされた爆笑エピソードでした。

 

>> ご自分の i-colorを知りたい方は

まずは素質診断付ニュースレター ♪ 

ご登録はこちら

 

>> i-colorを詳しく学ぶなら

9/9(土)開講♤アカデミー本講座第3期へ

詳細は こちら 

 

>> 個別カウンセリングのお問合せは

こちらから