ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

他人の人生に口出ししない

f:id:happycareer-eu:20170828220448j:plain

これって、逆に言えば

自分も他人の人生をジャックしないこと

 

意外とわたしたちって

 

ジャックされるだけでなく

ジャックしてることもあります

 

表裏一体なんですね

 

他人の価値観にジャックされやすい

=自分も他人をジャックしている

(価値観を他人に押し付けている)

 

可能性があるということ

 

「こうすべき」という言葉で

どんどん他人を裁いていく

 

自分と隣の人が違う選択をしたからって

 

どちらかが正しくて

どちらかが間違っているわけじゃない

 

でも、みんなと一緒=安心

という帰属意識がどこかに残っている

 

f:id:happycareer-eu:20170828220902j:plain

 

これは私自身、仕事をする上で

心がけていることだったりします

 

i-color12色、それぞれ素質が違うので

みんなハマりやすいパターンがあるのですが

 

*自分のパターンを知りたい方は

ニュースレター

i-color別ハッピーキャリアの作り方を読んでね

https://www.happycareer.eu/newsletter/

 

わたしのカラー i-colorオリーブの弱点は

とにかくお節介になりやすいということ

 

〇〇したほうがいいよねって

実は大きなお世話だったりする

 

みんなそれぞれ

好きで今の人生を選んでいる

 

悩みたいから悩んで

落ち込みたいから落ち込んで

迷いたいから迷っている

 

だったら

 

手を差し伸べるのは

その人が本当にそれを望んでいる時だけで十分

 

以前、セッションに来てくださった

オリーブさんにもお話したけれど

 

「助けが必要かどうかって

 本人が決めることなんですよ」

「こちらが勝手に決めることじゃないんです」

 

求められていないのに助けることで

その人本人をダメにすることもある

 

悩んでいても、落ち込んでいても

そこから気づくことは必ずあるし

 

自分で気づくことに意味がある

 

ただ、1人でやってると

何年も同じ所をぐるぐるしてしまう時が

あるので講座があります

 

はい、私がやっているのは

自分で答に気づくための講座です

 

っていうか、人生の答えは

みんな自分しか知らないよね?

f:id:happycareer-eu:20170722025729j:plain

 

そもそも、必要があって

悩んでいるし落ち込んでいる

 

もしかしたら、それは

自分の本音を偽っていたことに

気づくためかもしれないし

 

本当にやりたいことを

思い出すためなのかもしれない

 

そういうのって結局

 

本人が心の底から望んだ時にだけ

手に入るようになっているんだよね

 

どこかであきらめていたら無理

 

やっぱりあきらめきれない!

という葛藤を通して

人は本気になれる

 

だから悩みは

人を成長させてくれると思うのです

 

高尚ぶって悩む必要はないけれど

悩むこと=悪いことでもない

 

悩んでる時も、悩んでいない時も

そして何を選択したとしても

 

あなたの人生の価値は変わらない

ということです 

 

 

>> 9/9(土)開講

アカデミー本講座第3期♤受講生募集中

詳細は こちら 

 

>> 個別カウンセリングのお問い合せは

こちらから 

  

>> ご自分の適性を知りたい方は...

素質診断付ニュースレター ♪ ご登録はこちら