ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜本来の自分でつくる、新しい人生へ

今、覚醒率何パーセント?

f:id:happycareer-eu:20180216173953j:plain

第4期の募集をスタートして間もなく

 

謎の頭痛におそわれ(季節の変わり目?)

スマホが破損し(初めて)

   

ブログ更新できませんでした😊

    

自分と調和する時間が長くなると

 

以前は落ち込んでいたことで

落ち込まなくなったりするのですが

(これは受講生を見てても明らか)

 

それにしても、最近は

ほとんど落ち込むことがなくなり

自分でも不思議です

 

なんか、悪いことがあっても

うっかり忘れてしまう自分がいる

  

落ち込み続けるより

今ここの自分の本音と調和することを 

優先するようになるので

記憶が飛ぶのかもしれないね

   

「自分と向き合い続けるって

 本当にすごい効果があるんだ

   

と、今更ながら痛感しております

     

今トライされてる方

ぜひ一緒に続けようね!!☺️

わたしは見てるよ!(← どうやって?爆) 

    

 

それともう1つ、不思議な発見が

    

実は、これまで

アカデミー講座の募集をかける時

 

「無事に開講できるかな?」 

「ちゃんと受講生集まるかな?」

 

という不安が、毎回ことごとく

自分の胸をよぎっておりました。

(なんせ小心者なもので...)

   

 

それが今回は

   

なぜでしょう

   

 

不安がない ( ̄  ̄)

 

 

 

慣れ?

 

いや、違いますね

 

 

なんか、抜けた

  

 

お恥ずかしながら、たぶん今まで

どこかに不安が残っていたんだと思います

   

自分にはこの講座をやる

資格があるのかどうか?

 

自分のやっていることに

価値があるのかどうか?

  

これ、ちょっと読んだら

他人の目を気にしていることが

誰にでも分かりますね

   

なぜ

人目を気にしてしまう自分がいたのか? 

  

 

それはね

 

たぶん

  

これが今の自分が本当にやるべきことだ!

と、90%ぐらいしか腑に落ちてなかったから

  

じゃないかな? 

自覚が足りなかったみたい😥

  

もし100%の自覚を持っていたら

    

わたしのやるべきことはこれであり

それを必要とする人だけがここに来る

   

で、終わり。

  

それ以上、悩むことはない。

 

 

だって悩んだってさ

仮にだよ?上手くいかなかったとしても

     

 

それでわたしの本音が変わるわけじゃないしね

   

ただ、もっと上手くいく方法に

気付けるかもしれないってだけ

 

 

つーか

 

上手くいかなかったらやめるって、

それ、どんな本音だよ、オイ!!

 

   

ツッコまざるにはいられんわ

過去の自分よ。。

ハッハッハ!!

 

 

え、上手くいく?

 

 

いや、そこは

あんま本音に関係なくね?

 

 

全然

関係ねーだろ(爆笑)

 

     

そもそも

価値を感じた人しか来ない講座なのに

      

なぜ万人からみた体裁を気にしていたのか

今となっては真面目に疑問だ

(こういうのを人はプライドと呼ぶ)

   

もちろん、私が受講生だったら     

こんな形だと安心して受けられる、とか 

そういうものはこれからも

ずっとずっと追求していきたい

 

でも、たった1人でも

人生が変わる人がいるのであれば

  

私にとっては

ただ続けることだけに意味がある

  

 

以上、終わりや!!

 

    

時々、ちゃんとした方々から

 

「はぴきゃりはどのくらいの規模まで

 拡大する予定なんですか?」

 

と、聞かれることがあるのですが

えっと... 

 

そこ、考えたことなかった(爆笑)

 

 

いや、こんなんですみません

誰か手伝ってくれる人現れたら考えます

(↑自分で考える気はまだない)

    

ということで

 

上手くいくかどうか気にしているうちは

まだまだ

自分の本音を自覚しきれていない

 

ということみたいです

(何パーセント眠ってるかは人による) 

 

ぜひ、人のふり見て我がふり直せ

ってことで

シェアさせていただきます ♡

 

そして、第4期の受講生

絶賛募集中です。

 

▼一緒に目覚めようぜ!(笑)
https://www.happycareer.eu/session-menu/intensive-course/