ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜海外でも、自分らしく輝きたいあなたへ

先生は “わたし“

f:id:happycareer-eu:20180610013122j:plain

アカデミー講座1回目のワークに

「自分取扱い説明書の作成」

があります。

 

リニューアル後のカリキュラムでも

これは残すことにしました。

 

本当のわたしを知る第一歩は

自我と向き合うことだから。

 

なぜ、わたしをそんなに卑下するの?

なぜ、わたしをそんなに大きく

見せようとするの?

 

ありのまま以上でも以下でもない

それがわたしでしょ?

 

一体、誰と戦っているのだろう?

 

自分取扱い説明書の中には

 

・あなたは

 どんな環境だと力を発揮しますか?

・どんな風に評価されると

 力を発揮できますか?

 

そんな項目があって

時々受講生に聞くの

 

「自分のこと、そんな風に扱っている?」

って

 

だいたいやっていない(笑)

 

自分では何もせず

ただそう扱われるのを待っている(笑)

 

何年待つんや!

 

誰にでも

自分にぴったりの生き方があって

 

それは誰も教えてくれなかった

 

なぜか?

本当のあなたは誰も知らないからだよ

 

みんな

あなたの一部しか知らないんだ 

 

例えば親御さんから

 

「◯◯に生きるんだぞ」

といわれたとして

 

あなたはその生き方が

幸せだっただろうか?

 

もしも違ったのなら

あなたの幸せの定義は違ったのかもね

   

今の生き方はどう?

快適?

 

答は自分が知っているんじゃないかな?

 

    

最近のお気に入りは

 

インプットするとき

思考を外すこと

 

わたしの答は

わたしの感覚からもらいたい

  

アウトプットするとき

思考をオンにする

 

言葉を使って表現するから

   

ON にするのは超カンタン

長年やってきた生き方だから

  

OFFにするのはまだ苦手だよ

 

でも外した時

そこにはいつも至福しかない

  

どうやら人目も

思考の中にしかないみたいだ

 

 

i-color自分を知るを体験する

6月のグループカフェはこちら

https://www.happycareer.eu/group-cafe/

  

♡ 自分を知り、自分と向き合う

個別セッションはこちら

https://www.happycareer.eu/counseling/