ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜本来の自分でつくる、新しい人生へ

弱い自分は嫌いですか?

f:id:happycareer-eu:20180613041517j:plain

1週間くらい前から

急に色んなことがやってきて

 

すっかり

ブログご無沙汰してしまいました(笑)

 

キャリアカウンセラーの柏葉綾子です。

 

 

会社で働いている時、ふと

モヤモヤしたネガティブな気持ちが

湧き出てくることはありませんか??

 

わたしはここ1週間くらい

無価値感や寂しさや

いろんな感情が出てきて

 

ひたすら自分と向き合う時間を

過ごしていました。

    

まーいつも向き合ってるといえば

そうなのですが

あえていうなれば強化週間?(笑)

 

向き合っては手放し

手放しては向き合い

   

そうやって1つ1つ

丁寧に自分の気持ちを浄化していく

 

これまで知らなかったのですが  

そういう生き方をしていると

  

不思議と

どんどん、どんどん

自分のことが好きになります

  

好きっていうのもちょっと違うかな

 

ただ、自分という存在を

無条件に大切にしたいと

感じるようになる

  

この湧き上がる不思議な感覚

  

存在そのものに対する

無条件の受容と肯定感

  

こういうものを

自己受容というのかもしれません

 

自分の本音がその場所に立った時

他人と築きたいと感じる関係性は1つ

  

ただ、相手を肯定したい

 

 

 

「もう傷つきたくない」

  

そんな気持ちを

長いことにぎりしめていた私にとって

 

特に人間関係は、大概いつも

憂鬱を感じている対象でした

 

私たちは良くも悪くも

人と交わることで

色んな感情が湧きおこるから

 

傷つくくらいなら1人でいた方が楽

 

心のどこかにそんな気持ちがあって

それが昔から

交友関係の少ない理由だったのかも

しれません

         

でも、自分と向き合い続けていると

人はどこかで気づけるようになっている

      

ネガティブな感情を受け入れる度 

自分が認めていなかった

弱い自分に出会えることに

  

1人ではきっと気付けなかった自分

心の片隅に残っていた小さな闇まで

 

目の前にいる相手は

いつも丁寧に映し出してくれる

      

だから、またそこに光をあてて

自分の新しい一面を

統合していくことができる

  

そうやって

どんどん、どんどん

自分自身を受け入れてゆく

 

その度に

わたしが生まれ変わってゆく

     

自己受容って座学じゃない

いつも、今目の前にいる相手から

学ぶことなんだ

 

綺麗に見えることほど

本当は泥くさい

 

あなたの隣にいる心の美しい人は 

心の清濁をあわせのんだ人  

泥をかぶることを恐れなかった人だ

 

 

座学で学べることは

受け入れるための着眼点だけ

   

互いの姿を映しあいながら、いつも

自分を振り返ることができる関係性

      

人間関係って本来

そういうものなんだと感じます

    

もし、相手を受け入れたくないなら

   

受け入れたくない自分すら

受け入れてあげればOKなんだよ

 

人生でちょっとくらい

器の小さい自分でいたっていいじゃないか

 

あなたがそれを肯定しなくて

誰が肯定してくれるというのだろう?

  

  

隠れていた弱い自分を認める度

私たちは弱くなるんだろうか?

   

今なら、それは違うとはっきりわかる

    

長所と短所が同じものであるように

強さと弱さはコインの表裏であり

どこから照らしているかだけの違い

    

弱くない人なんて

本当はいないのだ

      

自分と向き合った分

弱さに素直になった人がいるだけなんだろう

      

わたしは、そんな魅力的な人が好きだ

 

♡ 7/21(土)23(月)
個別セッション・受付終了しました
https://www.happycareer.eu/counseling/

 

♡キャリアカウンセラー柏葉の
プロフィールは

https://www.happycareer.eu/profil/