ドイツで見つけるハッピーキャリア

〜本当の自分を知る、自分と向き合う

北欧の豊かな暮らし

f:id:happycareer-eu:20190624062747j:plain

f:id:happycareer-eu:20190624062809j:plain

今年の夏はデンマークの首都

コペンハーゲンに来ています。

 

私の住むデュッセルドルフからだと

飛行機で1時間ちょっとです。

 

この街に来るのは3回目なのですが

(ローマと違って縁がありますね)

 

コペンハーゲン空港へ着陸する前  

デンマークの青い青い海岸線に並ぶ

真っ白な風力発電機のラインを

空から見るのが好きです

   

今回の訪問目的はこちら

f:id:happycareer-eu:20190624062851j:plain

日本から4ヶ月講座を

スカイプ受講されて

 

デンマークへ旅行にいらした

Yさんにお会いしてきました☆

    

ずっと海外で働きたいと

漠然とした思いを抱えていたYさん

 

受講後は

 

クオリティ・オブ・ライフ

豊かな暮らしを伝える仕事につきたい

  

という人生のテーマを

見つけられたようです

 

今回、彼女にとって

豊かな暮らしのシンボルであった

北欧を実際に訪れて

 

どんなことを感じたのか?

自分の言葉で語ってくれました 

   

 

実は私にも、10年来の

スウェーデン人の友人がいまして

       

過去何度か、彼女の家で

休暇を過ごさせてもらったのですが

        

確かに、そこに豊かな暮らしが

あったことを憶えています(^ ^

      

でも、暮らしは普通なんです

ほんとにふつー

   

普通の暮らしの中に

豊かさを感じる時間があるから

「豊かな暮らし」なんでしょうね 

 

日本と違うのは

出勤時間くらいかな

  

朝7時頃には会社に行って

夜16時頃には帰って来る

   

夕方、近くのスーパーで

買い物をして帰ってきて

 

帰ってきたら

飼い猫とちょっと遊んで

 

それから

美味しい夕飯をつくる

    

ダイニングの大きなキャンドルに

火をともして、食後のお茶を入れ

 

アパートの一室を抜ける夏風を

心地よく感じながら

 

日が沈むまで(北欧の夏の日没は遅い)

ゆっくりと色んなことを話して眠る

(1人の時は読書をする)

  

本当に、そんな何でもない日常でした

    

休暇が終わる頃、自分もドイツで

同じような時間を過ごしたいと思い

  

「まずは料理から!」と

マリメッコの大きな買い物バックを

買って帰ったのに

  

1週間と持たずに挫折したことを

憶えています

 

その理由の1つが

気持ちの余裕の違いだったと知ったのは 

それから大分後になってのことでした

 

当時のわたしは

仕事でかなり疲弊してまして…

何でもないことを丁寧にやるだけの

心のゆとりはなかったのです(笑)

      

 

そうした意味で

講座でずっと自分と向き合い

先に内面の豊かさを育ててきたYちゃんが

  

今後どんな形で

クオリティ・オブ・ライフを

発信されていくのか

  

楽しみだな(^ ^)

と感じるこの頃です☆

  

♡ 初めての方へ
自分と向き合うってどういうこと?
本当の自分を知る3つのステップを
ニュースレターでお届けしています
ご登録はこちらからどうぞ
  

♡自分と向き合い方をサポートする
個別カウンセリングはこちら
(対面 or オンライン)
 
本当の自分を表現して生きる
4ヶ月講座マンツーマンコース
詳細&お申込みはこちら
(スカイプ受講も可能です)