本当の自分を知る、自分と向き合う

〜 キャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

2つの生き方

f:id:happycareer-eu:20200205041251j:plain

エックハルト・トールの本を読んでいる。
彼は「意識の目覚めとは今ここに在りつづけること」と著していて、自分と向き合えば向き合うほど、なるほど、その通りなのだろうと感じることが多い。
 
こちらの記事はわたしがダブルワークしていた頃、実際に経験したことをもとにしている。勤め先で本来の自分からズレている時間は、ほとんど今ここにいない時だった。そこから私の、仕事中に思考を使わないことはできるのか?という実験が始まった。
 
結論としては、思考は必要である。
だが、思考をオフにして今にくつろぐ時間をはさむと、思考力を飛び越えたインスピレーションがやってくることがある。内的な着想を得てから外的にそれを説明するために思考を使う。わたしはそういう働き方をするようになった。
    
今に在るを意識的に選択するようになって間もなく、わたしはダブルワークを終えることになった。そこが本来いるべき場所ではないことにも気づき始めていた。だが、人によっては意識的に今に在っても(自分と一致しても)同じ仕事を続けることもあるだろう。私自身、キャリアカウンセラーとしての仕事は続けているし、受講生で最も多いのは、まず今の仕事への取り組み方が変わることだ。
  
内的な変化はいつも外的な変化に先行する。内的に十分な変化が訪れる前に環境だけを変えても、結局同じことの繰り返しになることはそのためだ。職場を変えなくても自分と一致できるようになれば十分にストレスは緩和されるし、安らぎとは本来内からもたらされるものだったことを思い出す。現実の荒療治が起きるのは、いつも本来の自分への軌道修正サインである。
      
内的な変化が訪れた結果、劇的に人生が変わることもあるだろう。会社だけでなく、住む場所、パートナー、ライフスタイル...。そんな外的変化が訪れることを恐れ、内的変化に抗いつづける人もいる。
      
今、世の中には、ある意味2つのタイプの生き方しかない。
本当の自分により本気でありつづける生き方と、より抗いつづける生き方だ。

あなたはどちらだろう。

 *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
本当の自分を知る
フリーテーマセッションこちら
(修了生向けセッションも受付中)
 
♡ 本当の自分を知る、自分と向き合う
ニュースレターの
ご登録こちら


♡ 本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
マンツーマンのみ受付を再開しました
詳細 & お申し込みこちら