わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

彩りを添えるもの

f:id:happycareer-eu:20200510234835j:plain

久しぶりに街中(人の多い繁華街)に出ると急に頭が重くなることがあります。
以前も、お天気が良くて地元のライン川沿いを絶好の散歩日和...という日に街に出たところ、全く同じような現象を体験しました。(そのことをすっかり忘れてまた街に出た人)
  
どうも、自分がいつもアクセスしている至福のグリッドとは違う、別のグリッドに意識が引っ張られてしまうようなのです。
グリッドというのは、目には見えない思考や感情のエネルギーラインというのでしょうか。わたしたちの脳内に自然とやってくる思考や感情は、このグリッドを流れている電流のようなもので、それを自分自身の思考や感情と誤解していることが多いものです。
(そもそも本質は意識=器の方なので、思考や感情は持ち物にすぎませんが)
  
うっかりこの重いグリッドに自分の意識を接続してしまうと、どんなに美しい景色・美味しいコーヒー・心地よい風を体感しても、どこか頭がず〜んと重いのです。
流れてくる思考のエネルギーが重いんですよ。
脳が重い...。みんな普段こんな重たい思考で生きているのだろうか。。
そうすると、もう意識が何かを「純粋に楽しむ」という境地から遠のいてしまうことになります。ただ、流れてくる重苦しさを紛らわすために肉体的な楽しみを貪ることになってしまう...というのでしょうか。
 
街中で何度か自分とつながり直す時間を持ちましたが、「何度か」ってあたり、言い換えると何度もつながり直さなくてはいけなかった、ということです。
はい。まだ周りに意識が引っ張られてしまうところは要トレーニングですね。
わたしにとって、今の自分自身が置かれた環境はとても自分とつながりやすい環境で、この環境だからこそ今までの発信ができていた、というのもあるのでしょう。
 
自宅に戻ってきたところ、ご近所の庭からサクソフォーンで「オーバー・ザ・レインボー」など聞き慣れた音楽が流れてきました。
うららかな午後、夏の日差し、聞きなれた(でもちょっとつなたない)音楽に、昔の幸せな思い出が次々よみがえり、感謝いっぱいになりました。この幸せを何らかの形でお返ししたい。
幸せな思い出..といっても、実際には何でもないエピソードが多いのですよね。ただ、何でもないことが本当の幸せだったというだけで。
 
至福のグリッドは、何かがあるから幸せという基準はなく、何も持たない時の標準装備が至福なんです。そして、至福だからその至福を色々な形で表現するんですね。ブログや音楽やおもてなし...。
そして美しい景色・美味しいコーヒー・心地よい風がそこに色を添えます。
 
そういえば(延期になってしまいましたけど)東京オリンピックのテーマはおもてなしでしたね。ふふ、今こそみんなが至福のエネルギーを思い出す時なのかもしれません。
 
至福=自分自身からあふれ出るものであり、行動=その表現であり、五感を満たす喜び=そこに彩りを添えるもの。
この境地に留まりつづけることが最近のチャレンジです。


💫  自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/

いつも、大自然と一体でありたい

f:id:happycareer-eu:20200520054719j:plain

 

それが、今のわたしの魂の望みです。


オンライン講座で「自己対話」を通した「目醒めのキャリア」をお伝えしています
 
💫  自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/


💫  自己対話をマスターし、目醒めのキャリアをスタートする
本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
https://www.happycareer.eu/4-month-course/

 

自分とつながることが全ての基本


自分とつながることが全ての基本 / 意識状態が全て


オンライン講座で「自己対話」を通した「目醒めのキャリア」をお伝えしています
 
💫  自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/


💫  自己対話をマスターし、目醒めのキャリアをスタートする
本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
https://www.happycareer.eu/4-month-course/

 

やりたいことと、やるべきことのバランスのとり方

f:id:happycareer-eu:20200530175550j:plain

ご質問をいただきました。
ご本人の了承をいただきましたので、匿名で公開回答させていただきますね💫
 

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

① うちから湧き上がるやりたいこと ② 自分のエゴ ③ 現実的にやらないといけないことのバランスの取り方が質問です。

① 本当にやりたいこと
自然にふれたり、瞑想したり、ヨガしたり、ドイツ語やローフードに関する勉強したり、情報を仕入れたりしたい

② 若い頃にしたかったこと(エゴを満たす時間)
本やマンガを読んだり、ネットフリックスを見たり、眠りたい時間に眠ったり、ダラダラしたり

③ 仕事

今は、②エゴを満たしてあげて、③現実的な課題をクリアにしていかないと、①本当にやりたいことに進めない、というか、本当にやりたいことに辿りつけない、具体化できないような、そんな感じです。

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
 
ご質問を拝読したわたしの内なる回答は
 
「自分とつながる努力をしてみてね。
 そうしたら自然と今、何をやるべきかわかりますよ💫」

というものでした。
 
そして内容を拝読する限り、ご質問者の「自分とつながること」は明らかに①ですね。逆立ちしても①だし、そもそも①をやらないと自分とつながれません。
 
なので一番のオススメは、思い切って ①→③→② の順にやってみる!
これが一番の解決方法です。
  
① 自分とつながってから、③ 日常生活のやるべきことをやると、驚くほどスムーズにストレスフリーに運びます。
そして ②のエゴを満たす時間は格段に少なくなります。
 
まず一番最初に、自分の愛のエネルギーが一番上がることをするんです。そして、そのパワフルな自分で日常の細かいことをスムーズに、丁寧に片付けていくんですね。
 
でも、きっとご本人もそれは何となくわかっていて「でもいつもこのパターンにはまっていまうなぁ...」ということでメッセージくださったのかな、と感じていました。
 
そんな風に、抵抗感が大きくて自分のスタイルを変えられない時のオススメは、やっている順番や、やっていることは変えなくていいので、自分のやっていることに意識的になること、全勢力をあげて目の前のことに取り組むことです。

今回のケースだと、今は ②エゴを満たす → ③仕事 → ①本当にやりたいことをやる、という生活スタイルになっているそうなので、この順番のまま意識的にそれを行うのです。

まず、全身全霊で愛を込めてエゴを満たす!
罪悪感や不安が出てきたらそれも丁寧にリリースして、純度100%の愛でエゴを満たすのです。

次に、細部まで心を込めて意識的に仕事をする!
めんどくさいな〜という思いや、時間が足りないという焦りが出てきたら、それも丁寧にリリースして、純度100%の愛で丁寧に仕事をします。
  
自分の今の意識状態、放っているエネルギーに刮目するのです!
 
そうすると、今のスタイルのままでも自然と意識の目醒めが進み、自分とつながりやすくなります。そして、ある時「...??なぜ今まで、私はこんなことをやっていたのかしら」「私の本当にやりたいことは①じゃない!」と目醒める時が訪れて、順番が変わる時が来ると思います。
 
目醒めているということは、今に意識的であるということ。
今日も今この瞬間を、意識的に生きましょう!


オンライン講座で「自己対話」を通した「目醒めのキャリア」をお伝えしています
 
💫  自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/


💫  自己対話をマスターし、目醒めのキャリアをスタートする
本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
https://www.happycareer.eu/4-month-course/

 

目醒めていくと

f:id:happycareer-eu:20200719171001j:plain

眼の色が変わる気がします。
虹彩というのでしょうか、色の付いている部分ですね。
 
まず、自分と向き合う過程で感情のリリースが進むと、眼の色がとてもクリアになります。(こんな感じ
さらにリリースが進むと、虹彩の底の色がどんどん抜けて透き通るような透明感が出てきます。ある段階まで来ると、さすがに自分自身でも鏡を見て「?」と気がつくようになります。
 
「観測者効果」という言葉がありますね。
わたしたちの眼の色は通常、様々な個人的感情をはらんでいて、さらに眼差しを通して様々な個人的な観測結果を放っているものです。いうなれば「あの人は〇〇な人」という念を放っているというのでしょうか。

もちろんそれは、現実に影響を与えているので人生は思い通り(信じるものを見る)を体験することになります。(つまりわたしたちは、本当は自分自身の思い込みから自由にならなくては自由になれないということです)
 
意識が開いてくると、自分の内側に溜め込んだ感情や、ジャッジメントが外れていく分、おそらくそれがなくなっていくのだと思います。
 
また、たまにベートーヴェンの交響曲を暗譜でふっている時のバレンボイム氏みたいに、独特の霊光を放っている時もあります。

あ、こんなことを書くのは、他人が目醒めているかどうかを観測してもらうためではありません。(そんなことをわざわざ観測しに行く必要はなかったのだ、といずれ気がつかれると思います)
ただ、毎日、鏡を通して自分自身と対話する時に、興味深いのではないかな?と思ったためです。

 

オンライン講座で「自己対話」を通した「目醒めのキャリア」をお伝えしています
 
💫  自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/


💫  自己対話をマスターし、目醒めのキャリアをスタートする
本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
https://www.happycareer.eu/4-month-course/

 

願いは形

f:id:happycareer-eu:20200712144650j:plain

願いはあくまでも形であり

中身がその本質なのです

 

その願いを動かすエネルギーは

わくわくですか?

不安ですか?恐怖ですか?

 

中身が、現実に映るのですよ(^ ^)


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

 

願いを叶えることに夢中になっている内は

願いは叶わないものです

 

でも、願いを忘れるくらい

リリースに夢中になっていた時

 

目醒めに夢中となっていた時

 

それは自然と

叶っているものではないでしょうか

 

 

オンライン講座で「自己対話」を通した「目醒めのキャリア」をお伝えしています
 
💫  自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/


💫  自己対話をマスターし、目醒めのキャリアをスタートする
本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
https://www.happycareer.eu/4-month-course/

 

魂の成熟度

f:id:happycareer-eu:20200307051625j:plain

現在、4ヶ月講座で「目醒めのキャリア」について本格的にふれるのは最終スクーリングだけです。
その前の2ヶ月は何をやっているのかというと「自分の感情とまっすぐ向き合う在り方」そして「今、ここを意識的に生きる在り方」の実践ワークをお渡して、日常生活の生き方を見直す時間にあてて頂いています。どうも、この2つの在り方が据わっていれば目醒めの概念を知らなくても人は目醒めていくし、据わっていなければ概念だけを知っていても同じラウンドをぐるぐるしてしまうようなのです。
 
自分と向き合い始めると、まずほとんどの受講生は「自分の気持ちが楽になった」ことに気がつかれます。ある受講生は「向き合うことが大変だと思ってずっと逃げていたけれど、実は、向き合わない方がしんどい人生だったのでは?と気がつきました」と表現されていたのが印象的でした。
はい、当然ながら、人は自分の気持ちと向き合うことで、生きることがとても楽になります。やっと自分の内側にホームができるのです。
  
次に「自分自身の体験が変わる」ことに気づかれます。
特に人間関係の悩みを抱えていた方は顕著にあらわれます。「あれ、本当に同じ会社にいるのかな?」と感じる方もいらっしゃるようです。感情のリリースに慣れてくると、これまで使い込んでいたフィルターを自由に外せるようになるので、これも自然な成りゆきといえばその通りです。
 
だいたい自分と向き合い始めて2ヶ月を過ぎると、この2つの変化が顕著に現れてくるので、そこで初めて「これまでの現実は、きっとあなたが "このフィルター" を使って映し出していたんですね」と、これまで外してきた感情や観念を振り返りながら、目醒めの仕組みをお話することが多いです。
 
この目醒めのキャリアに関しては、もはや「座学の限界」というものを日々感じつつあり「体感が先、解説は後」というのがスクーリングの鉄板ルールとなりつつあります。
概念だけを知っていても「自分の感情とまっすぐ向き合う在り方」「今、ここを意識的に生きる在り方」が据わらないうちは、やはり実際に体験できないですし、体験できない内は体感レベルの真実にならないんですよね。
そこは1つ大きな分岐点なのかな、と感じていて、この2つの在り方はブログでも大切にお伝えしていきたいこの頃です。
  
そしてもう1つ、最近顕著に感じつつあることは、わたしたちには生まれてから今日までの肉体年齢の他に、どうも魂レベルの体験年齢というものを持っているな、ということです。

体験年齢は何で決まるのかというと、体験の数。
つまり「これまでどれだけ人生を思い切り生きてきたか」「どれだけ自分の感情と向き合い、体験として知り尽くしてきたか」ということのようです。感情ときちんと向き合い観察できるようになるほど、わたしたちの意識の力は自然と大きくなります。これまで沢山の感情を体験し、内観力を育ててきた方というのは、いわゆる直感的叡智を受けとる感性、ある意味意識の回路が開いているのですね。
そのため、1を話すと、その人の100の体験と結びつき、100を理解するという現象をお見かけすることがあります。
つまり、話したことの奥行きを理解する力は、その方の魂の経験値で決まるのだ、ということです。

もちろんこれは、魂年齢が高い=良い・若い=良くない、という短絡的な話ではなく、例えていうなれば熟したワインと、とれたてワインみたいな感じでしょうか。年代物の方(笑)は、バックグラウンドに濃縮された体験があるので、理解度が非常に深いのです。そんな時、もはや言葉は蛇足です。
そして、とれたての方も(そういう方は純粋な方が多いです)、純粋なぶん吸収力が高いので、4ヶ月も自分と向き合えば、やがてそのプロセスが1つのバックグラウンドとなっていきます。

何が云いたいのかといいますと、結局、学びの奥行きというものはその方の魂の経験値で既に決まっており、わたしにできるのはその体験を整理して、ちょんと「まとめ」の言葉を載せるだけなんだな、ということです。
 
自分とまっすぐ向き合う魂は、老いも若きも磨かれて輝いています。
 

♡ 自分1人で自分と向き合う時は、こちらのコラムも参考にどうぞ(^ ^)


オンライン講座で「自己対話」を通した「目醒めのキャリア」をお伝えしています
 
💫  自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/


💫  自己対話をマスターし、目醒めのキャリアをスタートする
本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
https://www.happycareer.eu/4-month-course/