わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

YESしかない世界

f:id:happycareer-eu:20200609153725j:plain

自己一致する時間が長くなってさらにわかってきたことは、わたしたちの本質的エネルギーは、常に「YES」の方角にしか流れていないということです。
のびやかで、留まることを知らない、どこまでも発展を後押しするようなエネルギーです。そして、いつも何かに貢献したいという意図でいっぱいです。
 
これはどういうことかと云うと、わたしたちが今どんなエネルギー状態だったとしても、今のエネルギー状態の発展を全面的に後押ししてくれるということです。
全面許容のエネルギーなので、まるで「NO」がないのです。
あなたが今、どんな感情と一体化していても、そのエネルギーが丸ごと応援される流れになっています。
 
このブログをお読みの方は、きっと日常的にネガティブな感情のリリースに取り組まれている方が多いと思うので、望ましくないと感じる感情が後押しされることは少ないと思います。
 
ネガティブな感情が出てきた時は、それに呑み込まれたり、そこから逃げたりすることなく、愛を以ってそれを観察することができれば大丈夫です。
 
あなたが愛をもって感情を観察する意識に目醒めていれば、その「愛のエネルギー」が後押しされるので、出てきた感情をもっと優しく受け容れ、深く自分自身を癒し、繊細に昇華していくことができるということです。
 
そうした意味で、8月の瞑想会の目的は皆様のエネルギーの全面的な入れ替えにあるようです。本質のエネルギーが強まっている今、ハートを開くことで、各自が握りしめていた感情をより深く愛をもって観察できるようになり、昇華したスペースに、真新しいエネルギーを招き入れることができるのです。
 
わたしの内側にも最初「え、瞑想会?それは専門の方にやってもらえればいいのでは...」という思考がよぎりましたが、本質の意図に従う生き方を選択した今、心を込めて開催させていただきますね。


💫 8月8日(土)ハートを開くオンライン瞑想会はこちら


8月8日(土)ハートを開く瞑想会 ②

f:id:happycareer-eu:20200724220944j:plain

瞑想会の募集をスタート致しました。

この1週間前に修了生向けコミュニティでも主宰しますが、言葉より体感、説明よりもイメージングの時代になってきたんだなぁ...と感じています。
 
脳で言葉を理解しても知識がふえるだけですが、イメージングは、実際に普段使いしているエネルギーを動かすことができます。
(と、先日、修了生向け研鑽会で実際にやってみて知りました)
  
エネルギーレベルで体感することが、本当の理解なのでしょうね。
  
時間は短いですが、密度ある時間になると思います。
ご興味のある方、よかったらのぞいてみてください💫
 
💫💫 ハートを開くオンライン瞑想会 💫💫
https://www.happycareer.eu/meditation/

 

お医者さん

f:id:happycareer-eu:20200724194046j:plain

お医者さんって本当は「痛みの愛し方」「体の愛し方」「心の愛し方」を教えてくれる人だったのかもしれませんね。
 
こじらせてしまった「自分の一部」の日常生活での愛し方を教えてくれる。ひいては「自分の愛し方」を教えてくれる人だったのかも。
 
「痛みを受け容れ、愛する力」を思い出させてくれる人だったのかもしれません。

愛の密度

f:id:happycareer-eu:20200724183536j:plain

先日、修了生向け研鑽会で「今ここの愛の密度が全てを決める」という話をしていました。
情熱を以って探求されたもの、細部まで心を込めて仕上げられたものは、愛の密度が高く、その奥行きが人に伝わるものである、という話でした。

同時に、以前北欧で感じた豊かな暮らしというものは、本当はこの「愛の密度の違い」だったのだろうな、と感じるようになりました。何でもない暮らしが豊かに見えたのは、彼らが日常生活を愛していたからなのです。

人生は何でもないことの連続です。でも、その何でもないことを豊かに楽しむ感性がある人にとっては、何でもない日常が豊かなのです。

先日、フィンランドを舞台にしたこちらのアニメを見ていました。
昔の作品だからかもしれませんが、特別な事件は起こることなく、ただ淡々と毎日の仕事をこなす日常が描かれていました。
そしてそんな展開を見て、人生の大半はこうした時間であり、そんな何でもない日常が豊かな時間なのだろう、と感じる自分がいました。
 
わたしが子供の頃は、田舎暮らしは退屈であり、だから昔は多くの若者が仕事だけでなく新しい世界を求めて都会に出た、と云われていました。
そう、田舎暮らしは見方によっては単調なんですよね。
娯楽が少ないし、何か特別なことが起きるわけではない。いつも同じ景色、同じ生活、同じ人々。意識がその檻に閉じ込められてしまい、新しい発見を見失ってしまうと、とても窮屈だと思います。
 
今は反対に、田舎暮らしに憧れて、都会を出る人たちも出てきましたね。
豊かな暮らしは自然の中にある、自分にとってもっとも自然な営みがそこにある、と感じる人たちも出てきたのでしょう。
 
この価値観の変化が、わたしたちの意識の進化発展の足跡なんだろうな、と感じています。単調や退屈は、目の前の対象に興味関心を失ってしまった時に感じるものだからです。

昔は意識が外へ外へと向かう動きがあって、現実世界でいかに沢山のものを手に入れたかが豊かさの象徴だったのですよね。
わたしたちは長いこと、沢山の刺激を求めてきました。現実生活の「刺激」を通してしか、生きている喜びを味わうことができなかったのです。
 
ただ今ここを生きる喜びを思い出した時、もう意識が過去という幻想の世界に閉じ込められてしまったり、未来という幻の時間に追われる暮らしから解放されるのでしょう。
 
直線時間から垂直時間へのシフト。
それは丁度、夏が過ぎて秋になり、秋が終わって冬になる。そんな当たり前の流れをありのままに受け容れ、夏を惜しむことなく秋を迎え、時が来たら冬さえも受け容れて生きる、そんな自然と共に生きる暮らしなのかもしれません。

自然はいつも今ここにある、だから豊かに見えるのでしょう。

8月8日(土)ハートを開く瞑想会

f:id:happycareer-eu:20200415163229j:plain

8月8日(土)にハートをひらく瞑想会を主宰します。
 
先日の動画で、本当にやりたいことを思い出すにはハートを開くことが大切だよ、と、お話しておりましたが、「それで、一体どうやったらハートを開けるんじゃ?」という内容については深くふれていませんでした。

メソッドは色々あるのですが、最近になってHow to を言葉でお伝えするよりも、一度でいいから体感していただくことが大切なんだな、とわかりました。
もともと誰もがハートの深い部分で知ってる感覚ですし、言葉で説明しようとすると、どうしても思考が働いてしまうからです。
 
ハートをひらいて生きる人がふえると、誰もが魂レベルの望みや本音を素直に表現できるようになります。
そして、あなたが本当の自分を表現して生きると、魂レベルで分かり合える仲間と出会います。あなたのことを深く理解する人がふえていくのですね。 

募集は7/24(金)の日本時間22時〜(ドイツ時間15時〜)を予定しております。
宜しくお願い致します。*日付間違っておりました、ごめんなさい(^ ^;)


どんな感情も愛してあげる

f:id:happycareer-eu:20200719142322j:plain

慣れ親しんだ感情、ずっと握りしめていた感情は、あなたのこれまでの人生ストーリーの一部です。
目醒めていく時は、そうした感情を卒業し、手放していくことになります。
 
でも、手放しのコツというのは1つあって、それは「愛してあげる」こと。
自分の内にあった感情を大切に、大切に慈しんであげること(愛を持って観察してあげること)です。
 
以前「家族との葛藤がある」というのはそれだけ自分が家族を大切に思ってきた証、と書きましたが(大切に思っていなければ、そもそも縛られないからです)、例えば「寂しい」という感情は、それだけ身近な人を大切に思う自分が自分の内にいた証、ぬくもりや心の交流を求めている自分が自分の内にいた証でもあります。
 
もしかしたら本当の自分は、自分で思うより、けっこう優しい人だったのかもしれませんし、あるいは、本当はもっと、心の底から気持ちを伝えあえるような交流を望んでいたのかもしれません。
 
そんな風に、知らなかった自分を教えてくれるもの、それが感情なのです。

だから自分の内から出てきた感情を愛してあげること。
それが、知らなかった自分を迎えにいくことであり、自己統合していくこと。
そう、目醒めていくことなのです。

愛し抜こう。

♡ 関連記事