わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

個別セッション終了のお知らせ

f:id:happycareer-eu:20200318053912j:plain

7月いっぱいの受付をもちまして、個別セッションを終了させていただきます。
今後、単発での受付を行う際は改めてブログでご案内させていただく予定です。
(修了生向けセッションのみ、継続となります)
  
また、4ヶ月講座・マンツーマンコースも月内の受付を持ちまして一旦終了させていただきます。
 
ご案内が直前となってしまい本当に申し訳ありません。
実は、ちょっと前からこの流れは受け取っていたのですが「そうはいってもな〜」と、小心者なエゴが出てきてつい先延ばしに...😂
 
以前「未来の情報を受け取る」という音声でお話したことがあるのですが、内的感覚も「今日はスタバに行こう」とかそういう情報は簡単に受け取れるんですよね。
また「ダウンロードした情報でセミナーをやろう」とか「やったことないけど、次にやるのは瞑想会」とか、未経験のイベントにもチャレンジできるようになりました。
 
でも、、手放す系はまだだったみたい😂
 
長期講座は、グループ講座となって新しく生まれ変わるようです。
どんなものが出てくるのか、わたしも楽しみです。
  
どうぞよろしくお願い致します。
 
キャリアカウンセラー 柏葉綾子

全力で体験する

f:id:happycareer-eu:20200729215947j:plain

魂の意図を速攻で呼び醒ます質問があります。
 
それは「あなたが今、全力で体験したいことは何?」というもの。
  
眠りが深すぎる内はピンとこないかもしれませんが、目醒めかけてきた方なら「は...っ」と我に返ることがあるかもしれません。
   
あなたが今、全力で体験したいことは、悩んだり、愚痴をいったり、人生をあきらめて生きることですか。
あるいは、決められた仕事をなんとなくこなし、なんとなく過ごし、なんとなく年を重ねていくことでしょうか。

質問を変えましょう。
あなたが全力で体験したいことは、今の毎日が未来永劫つづくことですか?
 
魂はいつも、何かを全力で体験したがっています。
それも、いつも新しい体験を待ち望んでいるのです。
  
自分自身が成長するために。
 
どうも、わたしたちは人生を思考してばかりで、体験することを忘れてしまったようです。体験していない、それは、毎日を本気で生きていないということです。
それが眠りです。

本気で生きるって何でしょうか?
それは、目の前の出来事を全力で体験すること。
  
自我(エゴ)はいつも現状を分析したり、文句を云ったり、言い訳することで、ありのままの今を体験することを嫌がります。
そして、ありのままの今を体験できないうちは魂は成長できませんから、同じステージを何ラウンドも走らされることになります。そうこうしている内にパワーがつきてしまい、何かに挑戦するような意欲も失ってしまう...

これが、魂が自我(エゴ)にパワーを吸いとられ、エネルギー・ショートしてしまう仕組みです。

あなたの魂は何にも言い訳していません。
何にも思い悩まないし、いつも完璧だし、ちょっと眠っているかもしれないけれど、本当は完全なる自由。この人生を喜びから生きる気に満ちあふれているのです。
   
思い出してみてください。
これまでの人生で自分がパワーに満ちあふれ、人生を本当に楽しんでたな、と思う時のことを。それがいつであれ、何であれ、あなたはきっと

目の前のことに、全力で取り組んでいませんでしたか?

その時あなたは、瞬間的に目醒めていたのです。
爆発的なスタミナとパワーがあったはず。多くの人は若かりし頃にこれを体験するので「あの頃はよかったな〜」と、思い返したりするのですね。

でも、この秘密を知ってしまった今、あなたは違う生き方を選ぶこともできるのですよ。心からそれを意図すれば。
 
今日から今を、"思い切り"生きるのです。
毎瞬、毎瞬、今この瞬間を全力で体験するのです。
  
人生を思考したり、分析したりしても、中身の温度はわかりません。そして、中身の温度を知らないうちは、それを理解したとはいえないのです。
   
魂の目醒めの時は近いです。


💫  100%YESの境地を体験する
8月8日(土)ハートを開くオンライン瞑想会
https://www.happycareer.eu/meditation/

 💫 自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/
 

どんな自分とも対話

f:id:happycareer-eu:20200729185548j:plain

どんな自分が出てきても「どうしてそう思うの?」と、優しく対話してあげてください。そこには何か理由があるはずなのです。

自我(エゴ)には、自我(エゴ)なりの行動動機があります。
何かから自分を守ろうとしているのです。さて、それはなんでしょうか?
一体、どんな恐れを抱えていたのでしょうか?
 
今は、誰にとってもとても自我(エゴ)が出てきやすい時期を迎えているようです。
そんな時は、自分を軽蔑したり、叩いたりせず、そっと迎え入れてあげてください。見ないように、見ないようにしていると、きっと外から「向き合いなさい」とお知らせが来ることでしょう。
本当のあなたは、それを癒して、先に進んでほしいのですね。
 
どんな自分とも対話を重ね、わかりあっていくことが、本当の自分自身を知っていく近道です。
 
リリースとは「もういらないや、えい!」という、傲慢な手放しではないのです。
 
「やあ、ながらく会えなかったね」
「どうしていたんだい?」
「今度こそ、一緒になろうよわたしたち」
 
あなたへの愛を忘れていて、ごめんなさい。


💫  100%YESの境地を体験する
8月8日(土)ハートを開くオンライン瞑想会
https://www.happycareer.eu/meditation/

 💫 自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/

💫  自己対話をマスターし、目醒めのキャリアをスタートする
本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
https://www.happycareer.eu/4-month-course/



思考を出る

f:id:happycareer-eu:20200728034319j:plain

いよいよ、思考の外に出ないとまずいような気がします。
思考で生きている限り、わたしたちは個人意識の外には出られません。

毎日が思考ぐるぐるでは、もう自分自身が変容したり、未来が良くなっていくことなんて想像できなくなってしまうと思います。
想像できないことは創造できません。どうか、マインドの世界に閉じ込められないよう、気をつけてくださいね。

思考をとめる方法を2つご紹介します。

① 考えるな、感じろ

五感に意識を集中させて、ただ目の前の瞬間をありのままに感じてみましょう。
何かを理解しようとするのをやめてください。ただ、目の前の出来事をそのままに体験するのです。
 
② 思考を観察する
 
自分の思考を観察してみましょう。
分析したり、批判したりせず、どんな思考が流れているのかをありのままに眺めてみてください。流れている思考を「そうかい、そうかい、そう思うのか」と、慈しんであげてください。
あるいは「思考くん、いつでも出てきていいよ」と、じっと自分の意識の内を見つめてみてください。

自分の頭の内が空っぽになったら、思考はとまりました。
 
思考している時間、わたしたちの気分とエネルギーはだいたい低下しています。
それは ① 思考にエネルギーのほとんどを持って行かれてしまうから、② 意識がつかまっているのがネガティブな思考のことが多いから、です。

すると人は落ち込みやすくなったり、くよくよしやすくなってしまったり、重たい感情にとりつかれてしまったりするのです。
 
これからは「思考を出る」が、目醒めを加速するスタンダードになると思いますので(そうでないと遅かれ早かれマインドの世界に閉じ込められてしまいます)講座でも初期の段階で取り上げたいと思います。
 
みなさん、思考したい時だけ思考するのがポイントです。


💫  100%YESの境地を体験する
8月8日(土)ハートを開くオンライン瞑想会
https://www.happycareer.eu/meditation/

 💫 自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/

💫  自己対話をマスターし、目醒めのキャリアをスタートする
本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
https://www.happycareer.eu/4-month-course/

今は今で、いつだってパーフェクト

f:id:happycareer-eu:20200705002911j:plain

「今は今で、いつだってパーフェクト」
「案外、人より遅れてると思っているのは、自分だけかもしれないよ」
 
昨日、そんなメールを書かせていただきながら、きっとこれは、わたしを含めた全ての人へのメッセージなんだろうな、と感じていました。

今、あなたが一番向き合うべきことは、いつも目の前にやってきます。
だから、だれも間違った道を歩んではいない。目の前にやってきたその学びと、どう向き合うか?ただそれだけなんです。
 
そして、人それぞれ学びの形が違うわけですから、そもそも変化のペースは人と比較できるものではありません。正確に云うなら、自分にはそれ(他者との比較)をするだけの力はない、と知ることが大切なのでしょう。
見えている部分だけを比較して、一体何になるというのでしょうか。自己成長の本当の深度を知っているのはあなたの内なる自己、深層意識だけなんです。

つまり、自分だけは知っている。自分がどこまで向き合ってきたか。
だから、本当に大切なことから逃げている時、人はどんどん自信を喪失してしまうのですね。それは決して、他人のせいでも、環境のせいでもないのです。
 
自分を変えたいと感じた時、今は全面変容の時期です。
表面だけそれっぽく変えたり、ここの部分だけ残して、みたいな自我流の変え方は結果を伴いません。ましてや「変わろうかな〜どうしようかな〜」なんて思いは、その人をあさっての方角へと吹き飛ばしてしまうことでしょう。

だから、やるなら本気でやる。
そしてそれは、今の自分にとって本当に大切なこと1つだけでいいのです。
今、本当に大切にしたいことを、本気で大切にする。自分の本音に素直に。
ただそれだけです。
 
変わることを決めた後「何が起きて来るか、そして起きて来ないか」もっというなら「どんな速度で変化していくか」をコントロールすることはできません。

でも、本音に嘘をつかなかったのなら、あなたは誰にも遅れをとっていません。
「今は今で、いつだってパーフェクトだったのだ」と、後になってわかる日がくるでしょう。
 
完璧と思えない今を、完璧と感じられるようになるためには、あらゆる制約から意識を解放していかなくてはなりません。
そのために、わたしたちはいつも自分と向き合っているのです。


💫  100%YESの境地を体験する
8月8日(土)ハートを開くオンライン瞑想会
https://www.happycareer.eu/meditation/

 💫 自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/

💫  自己対話をマスターし、目醒めのキャリアをスタートする
本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
https://www.happycareer.eu/4-month-course/

目醒めと眠りと孤独感 ②

f:id:happycareer-eu:20200328014809j:plain

前回のつづきです。
人とつながっていると感じる時、誰かと一体感を感じる時は、自分の意識の内に相手の存在を感じられる時であり、そこに物理的な距離は関係ないという話でした。

つまり「寂しい」という感情は、自分の内に相手の存在を感じられない時=自分が自分の本質とつながっておらず、外の世界にのめりこんでいる時だけ感じるものである、ということがわかります。
これまでの人間関係は、感情を持ったまま行動することがスタンダードでしたので、この本質とつながっていない「寂しさ」を癒してもらったり、満たしてもらうことが前提にありました。
あの、少女漫画の胸キュンストーリーみたいな。うふふ、わたしも昔大好きでした。たまに体験すると未だに新鮮味があります。
  
ところが、よくよく考えてみるとわかるのですが、自分が「寂しい」と感じている時、相手もそのように感じているとは限りません。
それは「寂しい」という感情の鈴が、最初から自分の首についていて、現実世界の何かがたまたまそのベルを鳴らしてしまった時、自分だけが「寂しい」と感じるようになっているからです。
体験の真の起因はベルを鳴らしてしまった現象世界にあるのではなく、自分自身の首元にあるのですね。
そして、相手の首元にベルがついていなければ(相手が「寂しい」という感情を握りしめていなければ)そもそも相手の首元でその感情は奏でられないのです。
  
この事実に反して、内なる寂しさがベースにある人間関係は「自分が感じている感情を相手にも同じように感じてほしい。そうすることでわかりあいたい」という要求を含んだ非常に危ういものでした。そのため、眠りの時代の人間関係はほころびが生じやすかったり、どちらかが多少の我慢を要求されるものだったのです。
 
もしも外で起きている人間関係が「寂しさ」の直接的な原因でないとしたら、その真の原因はどこから来ているのでしょうか?一体いつから、あなたの内に「寂しい」という感情が生まれてきたのでしょうか。

わたしは、人生のどこかで「自分は愛されない存在である」と勘違いしてしまった時、こうした感情が生まれやすいと考察しています。寂しさはあなたの本質ではなく、あなたの内なる自我の傷から来ているものだったのです。

先日の音声で、自我(エゴ)の特徴の1つとして「いつも枯渇感をベースに動く」ことをあげておりましたが、自我意識でつくっている眠りの人間関係には、基本「もっとわたしを愛して!」という思いがその根底にあります。
あなたの意識がこの自我と一体化してしまうと、もらうことだけを考えてしまうので、自分を愛してくれる人には心を開き、そうでない人には心を閉ざすようになってしまうのです。

これは幼児期のわたしたちには、自分の精神構造を守るためある意味必要なプロセスなのですが、大人になってもこの自我が非常に元気だと、自然とそこから人の好き嫌いが生じるようになっていきます。
 
もしも自分を観察してみて、自分の好きな人というのは、自分に愛をくれる人であり、嫌いな人は、愛をくれない人である、と感じた時には、あなたの内にこの自我が元気に息づいている証です。
そんな内なる自我と丁寧に向き合い、傷を癒していってあげてください。
 
他人に対して心を閉ざしてしまうと、あなたは一部の特別な人以外からの愛も優しさも、何も受け取れない経験をするようになっていきます。それが確かにそこにあったとしても、もはやそれに気づけない意識になってしまう。
そんな分離の傷が「寂しさ」という感情を形づくっているのです。


💫  100%YESの境地を体験する
8月8日(土)ハートを開くオンライン瞑想会
https://www.happycareer.eu/meditation/

 💫 自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/

目醒めと眠りと孤独感 ①

f:id:happycareer-eu:20200210225414j:plain

8月8日(土)の瞑想会、募集のスタート日時が間違っていたようで大変失礼いたしました。HPにも追記致しましたが、今回はイメージワークをご一緒させていただくため
  
・自分と向き合っているつもりだけど、あまり楽にならない、しっくりこない方
・自分の内側に言葉にできないモヤモヤ感がある方
・自分を愛する、大切にするという感覚がよくわからない方
・自分とつながる感覚を体感したい方、あるいはもっと深めたい方
・今ここを生きる感覚、くつろぎを体験したい方
 
におすすめさせて頂きます。
  
💫  詳細はこちらからどうぞ

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
 
以前あるクライアントさんから「目醒めていくとか、眠っていくとか、そういう区別がなくなればいいのにな、と感じたことがあります」と、メールをいただいたことがありました。
 
「なるほどな」と頷きつつも、その時わたしがお返しした返事は下記のようなものでした。「たとえ生き方のスタンスが(目醒めと眠りで)分岐したとしても、わたしたちは本質レベルではいつもつながっています」
 
先日、修了生コミュニティで寂しさのリリースがテーマになっていた時「離れていてもわたしたちはつながっているんだ、と感じられるようになった時が、寂しいという感情を卒業する時」と書きながら、このやりとりを思い出していました。

実は「寂しい」という感情を感じる時、そこに物理的な距離は関係ありません。
誰かと一緒に住んでいても心が離れていることは良くありますし、遠くにいてもお互いをとても近くに感じることはあるものです。肉体的な距離と、意識の距離は全く別物なのですね。
そして人間が「誰かとつながっている」と感じる時は、無意識レベルで意識の座標の距離を感じとっています。
意識の座標が離れすぎていると、相手のものの見方や考え方がよくわからないですし、今の時代は座標が離れれば離れるほど、そもそも相手のことが自分の表層意識にのぼりにくくなるからです。(「あの人どうしてるかな?」と、思い出さなくなっていく、ということ)
 
さらに付け加えるなら、人は自分(本質)とつながればつながるほど、本質レベルではみんなとつながっていますから、他者との分離をあまり感じなくなるようになります。
自分と分かり合えると寂しさが癒される、というのは、本質とつながればつながるほど、周囲との本質レベルでの一体感を感じるようになるからです。
 
つまり、目醒めと眠りというのは、わたしたちが本質レベルでつながっていることには変わりはないけれど、自分とつながりワンネスを自覚していくスタンス(目醒め)と、自分の本音に蓋をして分離の感覚のまま生きるスタンス(眠り)にわかれていく、ということになります。
 
わたしは「沢山の人と本質レベルでわかりあいたい」という願いを小さな頃から抱いていたため、目醒めの選択に迷いはありませんでした。そして、これから多くの人が「わたしたち、みんなつながっていたんだね」と、喜びを分かち合う世界がみたいと思っています。
  
つづきます。


💫 キャリアカウンセラー柏葉綾子のHPはこちら