わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

いつでも今ここがゴール

f:id:happycareer-eu:20200819212804j:plain

結局、すべての悩みや問題の根本には人間関係があるのかな、と最近感じています。

人間関係を通して目醒めていくプロセスにも段階があり

① 傷ついた自分自身を癒す
相手を許そうとすることより、自分を癒すことが大切


許しとは、傷ついた自分自身を癒すこと


② 人は傷つくことを通して成長できることに気がつく
これは魂の成熟ですね。ちゃんと傷つくことで成長できた自分を褒めてあげられるようになります。


本当にやりたいことを思い出すために大切なこと


③ 創造主の視点に目醒める
最後まで自分を癒せるようになると、結局はここにいきつきます


他人と分かり合えない時はどうしたらいい?


この3つは同じテーマを違う視座から語っています。
①、②については過去このブログでは何年も書いてきたことなので、最近は③から語ることが多いですが、①、②より③がすぐれているという話でもありません。
 
目の前の課題とまっすぐ向き合っていれば、誰でも目醒めていきます。
目醒めとは進度ではなく深度の話なので、あなたは常に完璧なのです。

もっと軽やかに ②


【風の時代の豊かさ】持つ喜びと、持たぬ喜び🌟


オススメです。
私にスピリチュアルな角度から目醒めを教えてくれたのは中村さんなのですが、この方の生き方そのものがすごく軽やかです。

軽やかに、というのがすごい大切みたいで、今日のワークショップでも、過去にこんなことがあって、未来がこれからこうなりそうで(云々)という重たい思考を脱いで、今この瞬間に真っさらな自分を創造すればいいんだよ、というぬりかべ瞑想を共有させていただきました(笑)。

数日前におりてきたワークなのですが、エゴが外れていくと『過去ってこんな簡単にぬげるのかい!』というくらい手放しは簡単なんだと思います。

不条理な出来事

f:id:happycareer-eu:20200719171001j:plain

目醒めを決めた魂というのは、しばしば不条理な出来事を映し出します。
そうすることで、これまで使っていた様々な感情をリリースし、意識次元を上げていこうとしているのです。

これまで通りのストーリー展開ではやっぱり現実にのめり込んだままです。なんとなく今の日常をつづけて...
でも、不条理な出来事があるとやっぱり『もうイヤ!』『こんな夢、目醒めたい!』と無意識に強く感じるものです。(少なくともわたしはそうだったような...)そしてそうした内なる炎が更なる目醒めの道を切り開いていくのですね。
 
きっかけとなる出来事は皆さん様々ですが、今はこうした目醒めのための情報が沢山出回っていて、ある意味恵まれた時代というか、目醒めるためのバックアップが整えられていることに感謝しています。


目醒めと食事

f:id:happycareer-eu:20200912190504j:plain

*お知らせ
今回受付の個別セッションに、受付時間が明記されました。
①日本時間20:00〜(ドイツ時間13:00〜)と②日本時間21:30〜(ドイツ時間14:30〜)③ドイツ時間20:00〜 からお選び頂けます。(詳しくはこちら

最近、自分の作る食事の味にちょっと飽きてきたんです。
美味しいけど、予測範囲の味だよね。みたいな...

で、そうすると意識は停滞を嫌いますので、冒険したがります。外食したくなったり、いつもはつくらない料理に挑戦したくなったり、いつもは食べない食品(肉や乳製品)を再び試してみたくなったり...
 
ということで、昨日は久しぶりに外食したのですが、『おいしい、おいしい』と食べた後、見事にお腹を下してしまいました(汗)。
その日出かけたカフェは結構好きなお店で、以前行った時(コロナ前)はお料理もとても美味しくて感動したのですが、うーん、たぶんわたしのエネルギーが変わってしまったのと、必要以上に食べ過ぎてしまったのが大きかったんだと思います。

目醒めていくことは24時間自分の放つエネルギー状態(波動)に気づいていることなんだな、ということが最近よくわかってきたのですが、そうすると、自分のエネルギー状態、意識の研ぎ澄まされ具合というのは、かなりその時々の食事の影響を受けていることがわかってきます。
 
例えば昨日はカフェで食事を済ませた後スーパーマーケットによったのですが、途中頭がすこしぼんやりしてしまって、久々に『何を買うか決められなくなる』という体験をしました。初めての食品を買うときでも、いつもは直感的に『これと、これと、これ』と決められるのですが、その日は『えーと、えーっと...』という感じ。
(買い物は自分の内的感覚に波長を合わせるのがポイントで、外に並んでいるものに波長を合わせ過ぎると自分の周波数が変わってしまい、必要以上に迷います)
 
意識がだいぶぼんやりしていて『まだまだ眠っているんだな〜』と感じたのですが、たぶんそれ以前に、その前に食べた大量の外食の消化にエネルギーが回されていたんでしょう。(生理学的に考えても普通のことですよね)
 
食事については『これがよくて、これがよくない』というルールをつくってしまうより、その時々の体の声に耳を澄ませていくことが大切に感じています。
AさんとBさんの意識の周波数が異なれば、AさんとBさんのほしいと感じる食べ物も違って当然で、しかも意識が食べたいものと体が食べたいものも異なる時があります。
意識はやっぱり、自分とは異なる周波数のものに触れて冒険をしたい(この世界に体験をするために生まれてきているから)部分がありますね。でも体には体の、受け付けられる範囲もあるわけです。昨日の外食も、完食しなければそこまで負担は大きくなかったのかもしれません。
 
あと、食事の時ってかなり眠りやすいと感じています。
みなさんは『気がついたら食べ終わっていた』なんて経験はありませんか?(わたしはよくあります)。
食事は五感(特に味覚・嗅覚・視覚・触覚)への刺激がとても大きい体験なので、どうしても現実にのめり込みやすいんでしょうね。もちろん、美味しいものを思い切り味わうのは素敵なことだと思います!それこそ、体を持たないとできない体験で、生まれてきた醍醐味ではないでしょうか。
でも、思い切り味わっている間も目醒めていることができれば、1つ1つの食事がとても繊細で奥深く感じられるようです。

トーストにマーガリンをぬってパクリと一口。
『はあ〜生まれてきてよかった〜』

意識次元を上げていくには

f:id:happycareer-eu:20200618002040j:plain

目醒めのキャリア・ワークショップvol.1では、当初は予定していなかった『時空間の創造』についても取り上げることになりました。もう今は、目醒めにコミットされた方から新しい現実創造を始めていく必要があるようです。
 
『時空間の創造』というのは、目醒めの話に親しまれている方ならご存知であろう『毎瞬、毎瞬、自分の意識が現実創造している仕組み』についてです。これは知っていると腑に落ちているでは大きな違いがあり、体感としての理解度を決めるのは各自の意識次元になります。
 
わたしも腑に落ちるようになったのは最近で、当初はVol.2以降で取り上げようと思っていたのですが(普通に思考次元で聞いた時はトンデモ話だったから)、どうも『創造主の視点に立つ』というのは目醒めのプロセスにおいて基本中の基本のようです。
そして、みなさんの平面的理解を量子的理解に変容させていくサポート、それが今回のわたしのお仕事のようです。
 
現実創造の話そのものは、きっとどこかの本かYoutubeで他の方がお話されていると思うので(わたしもそのうち話したい)、ここでは平面的理解を量子的理解に変えていくポイント、つまり意識の次元を上げていくコツを書きたいのですが...

すごく簡単です。
  
・日常生活でネガティブな感情のリリースを小まめに行っていくこと
・同じく、思考を手放す時間をふやすこと
 
この2つです。
 
意識次元は、平面的に書かれていることを各自がどれだけ体験的理解(量子的理解)に落とし込んでいるかで大きく変わります。
 
例えばネガティブな感情のリリースを、①出てくる度にやっている人、②毎日やっている人、③時々やっている人、④ほとんどやらない人、では、1日ごとに量子的理解力の差が開いていくことになります。
前者は感情が出てくる度にそれを手放して意識の視座を上げていきます。そのため、意識の量子的飛躍のスピードが非常に早いです(セッション中にわからなかったことが、30分後に腑に落ちたり)。一方、後者はずっと同じ意識次元にとどまることになります。
 
だからこれからは、体感と行動の時代なのです。
聞いたこと・学んだことを素直に実践・行動してまいりましょう。大丈夫です、きっとこのブログ読者の方は素直ですから(笑)
  
目醒めのキャリア・ワークショップはおそらく今後も開催すると思いますが、流れの加速に合わせて、内容は毎回アップデートしていくことになりそうです。
魂のキャリアはまだピヨっこなので、わたしも日々研鑽中です。


💫  ホームページはこちら


求人ラジオのその後

f:id:happycareer-eu:20200911174255j:plain

『メッセンジャー求む!』
先日の謎の求人ラジオの後(一体どこから受信したんだ...笑)、日常生活で目醒めにコミットされた意識がますます多くなったように感じています。
皆さんの電波、ちゃんと届いています。わたしの小脳に。たくさんの勇気をありがとうございます。きっと皆さんの周りの人にも届いていると思います。 
  
意識が開いてくると、脳の使い方も少し変わってくるように感じています。
 
以前、わたしたちの想念は振動エネルギーとして空気中をぶっ飛んでいる(だから思ったことは口に出さなくても、遠くにいても伝わっているよ)という話を書きましたが、この飛んでくる想念エネルギーは第三の目みたいなところで感じるのです。
 
でも今回『あ、たくさんの意識が目醒めにコミットしてる』というのは、頭の後ろの方で感じました。それは、リスナーの方が別にわたしに想念を飛ばしたわけでなく、こちらが、自分自身の生き方に意識的になられたみなさんの気配を察知したのだと思います。

同時に1人1人の意識って本当にパワフルなんだな、と感じました。
わたしたちは、それぞれ離れたところに住んでいるのに、魂が共振しただけで同じ目的を共有することができるのです。そして、もし皆さんの周囲に同じように意識の開き始めた方がいらっしゃれば、その人にも皆さんの電波は届いているのだと思います。
    
わたしも、もっともっと電波を研ぎ澄ましていきたいと感じるきっかけになりました。
ありがとうございます💫


魂の意図にフォーカスする

f:id:happycareer-eu:20200805170120j:plain

魂(本質)の力が強まる今、個人的願望は叶いにくい時代に突入しています。
 
個人的願望とはエゴの望みです。エゴを癒し、本当の自分の望みに目醒めていくことがこれからの時代をスムーズに歩んでいくコツとなります。
 
個人的エゴで切り開こうとした道は、魂の今進みたい方角と違うので、エネルギーレベルで先に道をひいてもらえず、全てを個人の力で進めなくてはなりません。
そのため、物理次元での展開が難航しやすいのです。
 
では魂のキャリアを歩み始めると、個人的な幸せは叶わなくなるのでしょうか。
というと、そういうわけでもないようです。
魂が貢献したい全体性には自分個人も含まれているからです。
  
逆に云うと、本当の望み(魂の意図)にフォーカスした時だけ、自分自身にも自動的に幸せな現実がやってくることになります。
そして魂の意図というのはハートを開き、自分とつながることで自然とわかるものなので、自分と向き合い、抑圧していた様々な感情をリリースし、自己の最も深い本音を見つづける姿勢が大切なのです。
 
あなたは自分を、どこまで知りましたか?