本当の自分を知る、自分と向き合う

〜 キャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

本当の自分を表現して生きる

4月に大切なこと

4ヶ月講座7期生が今月修了式を迎えます。 毎回受講生へのメッセージというのは、いつも今の私自身へのメッセージでもあるので、それを意識しながら書いているのですが、今朝ふと、相手の本質に波長をあわせて書いたメッセージというのは、全ての自己(セル…

コジコジ

【公式】コジコジ① コジコジVS先生&次郎VS母ちゃん<スマホ視聴推奨>💫 オンライン講座「本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座」第8期はこちら💫 オンラインカウンセリング「本当の自分を知るフリーテーマセッション」はこち

プレゼント

自分は何のために生まれてきたのか?4ヶ月講座の生まれてきた理由を思い出すワークでは、これまで沢山の受講生が「愛を知るため」「愛を学ぶため」と表現していたことを思い出します。「あれ?みんな愛なのかな」と、ある時わたしは思ったほどです。ある修…

好きなことは仕事にしなくていい

好きなことは仕事にしなくていい、という考え方があります。わたしも好きなことを無理に仕事にする必要はないと思います。でも、仕事の時間だけ自分を生きないことは、好きなことを仕事にしないことより、もっとずっと不自然なことではないでしょうか?週4…

ギアを振り切る

先月からニュースレター並びに修了生セッション、キャリアカフェことある度にお話しているが、これからの時代は自分本来のポジションに戻ることが大切である。中途半端に外に合わせる生き方をしていても、自分の深い部分で「もうこれからは、本当の自分を生…

能力と器

以前、4ヶ月講座で「能力と器」の話をしたことがある。「なぜ、相手の本質的なエネルギーがわかるのか?」という受講生からの質問に対して、わたしの答の1つは「自分の本質がわかると相手の本質がわかるようになるから」もう1つは「おそらく、共感能力を…

人より優れているかどうかより、ありのままの私でいるか

デザイナーを志す修了生からメールを頂きました。一部をご紹介させてください。 *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。修了セッションの後の先月、有名デザイナー達が描いた "滅多に見れないアイデアデザイン画展" みたいなのに、ふと行った方がいいと思い見…

セミナー設計のお話

3月14日(土)に開催する「新しいキャリアのつくりかた」セミナーについて、今回のセミナー設計のプロセスをお話しようと思う。これはこの話が、自営業の方はもちろん、これから無意識からの目醒めを選択される人にとって1つの参考材料になるのでは?と…

リリース後に見える世界

先日の修了生からメールをいただきました。「もうこれは使わなくて良いかな」と感じる感情や観念をリリースすると、いろいろなことがわかります。なんかこう、ひとときの夢から目覚めたように。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。綾子さん 今日、ふと気づ…

本質的なエネルギー

先日、マンツーマン講座の受講生に「あなたは本来、夏の太陽みたいなパワフルなエネルギーの人だから」という話をしていたら「確かに...本当の自分を生きている時はそんな感じかもしれませんが、どうしてわかるのですか?」という質問をいただいた。 人間の…

シンデレラを降りる

以前ニュースレターに「自然とできることを仕事にしよう」と書いていた(vol.48)。当然ながらそのためには、自然とできないことをやめることが先決である。 具体的にはこういうことだ。 ・不向きな仕事にわざわざ応募しない・不本意なこと、自分にとって自…

求める者

役割について、これまでは ①自分本来の役割を知ることが大切 と書く一方で、②演じている役割を降りる とも書いてきた。 あなたの感じるこの二者の違いは何だろう?(まずは内なる答を確認しよう)二者については「求める者が違う」というのがわたしの理解だ…

2つの生き方

エックハルト・トールの本を読んでいる。彼は「意識の目覚めとは今ここに在りつづけること」と著していて、自分と向き合えば向き合うほど、なるほど、その通りなのだろうと感じることが多い。 こちらの記事はわたしがダブルワークしていた頃、実際に経験した…

純粋ないかり

ここ何日か自分のエネルギーが内に沈んでいたので、おとなしくしていたのだが、昨日久しぶりにいかりが駆け抜けるのを感じた。 ちなみに自己観察が進むと、エネルギーが沈むと気持ちも一緒に沈む...といったことはなくなる。 単に「今はそういう時なのだな」…

本当の喜びを仕事にしたい

仕事というのは、これまで 自分を犠牲にして働く生き方が 主流だったように思います でもある時、わたしはその生き方を 卒業したいと思いました どうせなら、喜びいっぱいのこと 何か心の底から本気となれることを 仕事にしてみたいと思ったのですね 自分を…

なぜか心が満たされない本当の理由2

Befreiung まもなく開講 2月1日(土) 第7期開講 本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座受付&受講相談 はこちらから 個別セッションの受付はこちら(いずれもオンライン受講可能) *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。 (2019.1.21のブログよ…

自分と一致するようになるとどうなるの?

自分と一致するようになると 色々なことが変わり始めます ♡ 心(ハート)の声が大きくなる 例えば、友人とおつきあいしていて、以前はそんなに気にならなかったのに、ある頃を境に「もうこの人とは無理なのかも、、」と感じ始めたことはありませんか? もし…

勇気を出して本当の自分を

4ヶ月講座第6期は 今週末が修了式です 自分自身と相談した結果 ずっと抱えていた恐怖心の代わりに 強さと勇気を持つことを決めました そしたら、その日は苦手な先輩2人に 朝、笑顔で挨拶ができました! という報告をいただきました 素晴らしい こういうこ…

時間がないは幻想である

【北欧に暮らすひと】とある朝のモーニングルーティン in ストックホルム わたしがドイツで暮らすようになって 気がついたこと ✔️ テレビをつけていない時間は そのまま自分のための時間にできる ✔️ 情報はとりにいかずとも 必要なものは入ってくる ✔️ 物が…

本当の自分を生きる勇気はありますか?

昨日のセミナー 終了後 お時間あるみなさんと 少しお話させていただいたのですが その中にお1人、4月から ソーシャルワーカーとして働きますという 若い女性がいらっしゃいました 「自分は人の話を聴くことが本分である」 *本分=本領発揮できる分野 とい…

怒りは創造のエネルギー☆

ヘルシンキ空港で なぜかラーメンを食べている キャリアカウンセラーの柏葉綾子です (ブログがアップされる頃は成田です) デュッセルドルフからの飛行機 後ろの座席で 小さな子供が騒いでいたので 「どこにいるんだろう??✨」 と、思わず姿を探してしまい…

人に奉仕したければ、高次の自己に奉仕せよ

人に奉仕したければ、まずは 高次の自己に奉仕することである 己の最も純粋な部分が 何かを表現したがっているなら それに従い 己の最も気高い部分が 人に手を差し伸べたがっているなら それに従う 高次の自己に従って 他人に奉仕する者は 自己に奉仕するこ…

自己を判断してはならない

Geschenk 何であれ あなたを通してあらわされるものは 大いなる自己の一部である それを判断してはならない それは己の神性を傷つける お前のものではないそれを お前が判断してはならない *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。 以前 自分からそんなメッセー…

自分と一致するってどういうこと?②

Adventskerze 時間がすぎるのは早い! もうすぐクリスマスですね 「クリスマスマーケットが待ち遠しい」 と話したところ、大家さんは 「私がカレンダーを変えられるなら クリスマスは2年に1回にするわ!」 と話していました ドイツのクリスマス 大忙しです…

キャリアとは本当の自分自身への道のり②

Sternschnuppe ☆ キャリアとは本当の自分自身への道のり①はこちら キャリアとは、自己の内面からつづく 本当の自分自身への道のり とわかった今 ブログやニュースレターでは 日常生活で 本当の自分と一致するためのヒントを 綴っていこうかなと思います これ…

おまえは全てを知っている

Schneenacht 自分と対話するようになってから わたしは人に何かを相談したり 他の方のカウンセリングを受けることは とても減ったように思います おそらくそれを必要とする機会が 少なくなったのでしょう 自分について 何かを疑問に思うときは おまえは既に …

キャリアとは本当の自分自身への道のり①

mondhelle Nacht キャリアとは本来、その人の内面から 本当の自分自身へと続いている道のりのこと である 誰であれこの道を歩んでいる者は 表面上の肩書き、収入を問わず 自分の道を歩んでいる安心感を覚える そうでない者は 本来歩む予定だった内面的喜びの…

本当の自分につながる3つの習慣

周囲の雑音に振り回されず クリアな自分軸を保つ3つの習慣を まとめてみました とってもシンプルで そして奥が深いと感じています 個人的には、ダブルワーク先での 実践中に気づかされたことはとても多く その実体験の多くは 現在のわたし自身の奥行きをつ…

働くことは、清々しいこと

Dahlie 仕事のストレスは、あって 当たり前のものなのでしょうか? 長期講座を受講中の方から 「転職ばかりを考えていた職場で 仕事に清々しさを感じられるようになり 自分の成長を感じた」 とメールをいただきました。 働くことは、本来は清々しいことです…

やるべきことは何もなく、本当は、悩むべきことも何もない

Kürbis und Kienapfel なされる必要のあることは 必ず目の前にやってきます だから今にいて それを受け入れ 淡々となせば良いのであって わざわざ未来にまで やるべきことを取りに行く必要はないのです 体験される必要のあることが いつも目の前にやってきて…