わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

本来の自分を生きる(自己受容)

上手くいかない時に聴いてほしいラジオ

新しい音声をアップしました。宜しければどうぞ(^ ^)♡ 音声リンクはこちら💫 「本当の自分を知るフリーテーマセッション」はこちら💫 オンライン講座「本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座」はこちら

100%YES!

目覚めのステージ3「何者でもないわたしに目覚める」のフェーズに入ると、基本的に「今、自分と一致するために何をするか?」が全ての選択基準となります。意識の使い方が直線時間軸から今この瞬間の垂直軸へとシフトしていくわけです。 ところがこの時、自…

教えなくてもいいこと

わたしには子どもがいないのでわからないのですが、もしかしたら「我慢」というものは、本当は教えなくていいことなのかもしれません。自然体の人って、基本的に我慢をしないのです。自分本来の流れに逆らわない。自分に我慢をさせないともいえるでしょう。 …

過去への祝福

以前ご紹介した漫画「おやこ育て」の作者、高山まりさんの座右の名は「愛と感謝」でした。彼女はその2つが自分の器を大きく育てる鍵であることを、知っていたのだと思います。 ところが、まりさんと出会った当初のわたしは、この座右の名にとても慎重でした…

自分を変える力

皆さんは、自分を変えるために必要な力ってなんだと思いますか? わたしは以前、勇気だと思っていました。自分を変える勇気を持った人だけが変わっていくのだと思っていました。 でも、どうやら違ったようです。人はとても多面的な存在であって、本当は、誰…

分岐点

4月に入り、内面的にはまた大きな大きな膿出しの時期を迎えているように感じます。これまで見ないようにしてきた、あるいは気づかず持ち歩いていた内面的な闇が浮上しやすい時期です。 目醒めを決めた方は、1つ1つの心の闇、内面的な痛みと丁寧に向き合い…

洗礼

生きていると、時にどうしても納得のいかない不条理な出来事、受け入れがたい現実的な荒波を経験することもある。だが後々振り返ってみると、そんな出来事こそ自分を成長させてくれた、自分の器を大きくしてくれたと感じることはないだろうか。不条理な出来…

アクセスポイント

最近昔のことを忘れやすくなった、と感じた人はいないだろうか。私は昨日のことから、今朝のことからどんどん忘れていく。思えば2年くらい前からこの兆候はあり、ダブルワーク先で「昔のことを全く憶えていない」というと「柏葉さん、若年生アルツハイマー…

もう、がんばらないを頑張る

先日ある人に「シンクロちゃん」という本を プレゼントしたのですが 時々読んでくれているようで 感情表現の変化を感じるようになりました シンクロちゃん――一瞬で人生を変える「10秒スイッチ」の法則 作者:佐藤由美子 出版社/メーカー: フォレスト出版 発売…

自分の幼さを愛せる人に

先日書店で目に飛び込んできた こちらの本を読んでます 覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books) 作者: 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版 発売日: 2013/05/25 メディア: 単行本 これは、訳が上手いですね〜 道半ばで倒れた時 君の人生は本物だった…

今はまだ、夢の途中と信じられますか?

(2016.12.23のブログより) 「好きなことを仕事にするなんて まあ無理ですけどね」 先日ドイツで年末の挨拶回りをしていた時 ふと言われた言葉... 確かに、そういう考え方もあると思います 人生はいつも その人の考え方が積み重なってできています …

わたしの居場所はどこにある?

(2018.12.07のブログより) たくさんの人が無意識に 「自分の居場所がほしい」 と感じています 自分をわかってもらえる場所がほしい 自分をわかってくれる人と出会いたい 人生で そんなことを感じる時間が長かった人は 本当は 自分の居場所がほしか…

今、内なる戦いを終える時

12月21日(土)に東京・渋谷で「世界で一番やさしい自己受容セミナー」を開催致します。(12/15追記:満席となりましたため、キャンセル待ちのみ受付中です) 自己受容とは自分を受け入れること。「このままの自分で生きていっても良い」と自分にオーケ…

毎日コツコツ

(講座でよくお話する内容をブログにしてみました) 毎日同じ時間に起きて 毎日同じ時間に出かけ 毎日決められた仕事を コツコツとこなす 毎日時間になったら帰宅して 毎日疲れた体で食事をつくり 「今日もおつかれさま」 と、思って眠りにつく 当たり前のこ…

人生が苦しいのは、自分に嘘をついているから

Weiß (2016.11.18のブログより) いいたいことも云えず やりたいこともやらず これで良いんだと 自分に言い聞かせ 適当に周りに合わせて ヘラヘラ笑っている いつからか社会に染まってしまい そんな生き方をしていた私 確かに社会で生きて行く上で …

汝、己の器を知れ

最近、自分自身から受け取ったメッセージの1つに「器を知ることの大切さ」というものがあります。 以前、質問と答は同時に存在する、という話を書きましたが自分との対話が深まってくると、疑問に思っていることの答が自分から返ってくることが多くなります…

感情を感じきる&惹かれるエネルギー

新しい音声をアップしました。 本来の自分に戻れば戻るほど やりたいことはクリアになっていきます✨ ♡ 本当の自分を知り、自分と向き合う ニュースレターのご登録はこちら ♡ 自分との向き合い方は 個別セッションでもサポートしております

コンプレックスにさようなら!

自分の強みがわからない時は コンプレックス(短所)を探そう♡ なぜなら本当は、短所が長所だから ちょうど2年前 初めて長期講座を始めた頃のブログです 4ヶ月講座の受講生は、メールでシェアした ネガティブな思い込みのリリース方法と あわせてご覧下さ…

ありのままの自分力を磨こう

今日は 本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座 初回スクーリングでした テーマはズバリ 「本来の自分らしさを思い出す」 ご参加のみなさん、お疲れ様でした! スクーリングの帰り ベビーカーに乗ってる赤ちゃんを見て 「子供のありのままの自分力は半端ない…

I'm enoughと知ろう2

「自分を認める」というのは、結局 「I’m enough」 と知ることなのかな と、感じます。 「enough」は「充分」つまり 「充ちて分け与えられること」 自分自身が満ち足りていて 人に分け与えられるほどの存在であると 知ることです おもしろかったのは 十分 =…

自分を認められない苦しみにさようなら

(過去のFacebook投稿より) 「エネルギーが滞る何らかの理由」 実はこれは、過去自分の中に封じ込めた ネガティブな感情であることがほとんどです ですから、私の講座では 自己受容をとても大切にしています 世の中の本当に沢山の人が 自分でも無意識のうち…

社会経験は〇〇で決まる

社会経験を決めるのは 年齢ではありません 会社に勤めた年数でも 勤めた会社の数でもない では何か? 外向きの表現をするなら 目の前のことに力を尽くしてきた年数 内向きの表現をするなら 逃げずに自分と向き合ってきた年数 それがわかるのは、その人の佇ま…

世界と自分を受け入れる

ハッピーキャリアのコツは 世界とわたしを受け入れて生きること 本当は、世界=わたしなんだけど その話はまた今度 さあ、恐れと否定にしばられた 自分(自我)の窓を開けてみて 音声リンクはこちら ♡ 個別セッションの受付はこちら

何者でもないわたしに目覚める

自分らしさを解放する2つの方法について ちょっと思うところがあって まとめてみました。(長いです) 1. 自己実現 自分らしさ=他人と違う部分の凹凸の凸に エッジをかけて、自分ブランドを確立する 自分の売りをもとに、自分の外(社会)へ 働きかける。…

ただ、本来の自分に戻っていけばいいだけ

ブレない自分を生きるのはとっても簡単 アカデミーのカリキュラムから抜粋すると Q1 どんな自分も受け入れると決めますか? ・ありのままの自分を受け入れる 〜全ての感情にYES! ・受容とは 傷ついた自分を愛すると決めること Q2 あらゆる自分を 信頼して…

本来の自分に目覚めたあなたへ〜アカデミー講座・第4期

この前 もしも今の肩書きに全く関係なく やりたいことを自由にやれるとしたら 今のわたしが 一番心躍ることってなんだろう? と思ったとき 夜中にふと目が覚めて 「人を育てること、教えること」と はっきり答がやってきました 人を育てる仕事って わたしに…

今ここの、本音にくつろぐ

日常生活で 色んなことが起きた時ほど 自分に立ち返り 自分と向き合う時間を持ち 今ここの わたしの本音にくつろぐのがいい いつの間にかしっかりと握りしめていた 恐れに気がつき 損をしないよう、してやられないよう 頭で先回りして色々計算するのもやめて…

優しい気持ちにさせてくれるもの

自分と向き合っていると わたし自身の無価値感というのは 「寂しさ」 とリンクしていることが多いです ずっしりとした重い気持ちが 何かのきっかけで出てきた時 そこに立ち現れた本音に言葉をのせるなら 寂しい もう、それしかないんじゃないのかな? とすら…

自分を受け入れる覚悟はあるか?

最近アカデミー受講生と話していて おもしろいことに気がついたんです 私の真のクライアントさんって 「自分で自分を 受け入れられるようになりたい人」 なんじゃないのかな?って 他人に自分を 受け入れてもらいたい人と 自分で自分を 受け入れられるように…

「自分を出せない」という苦しみ

先週からちょくちょく 3期生のフォローアップセッションに 入っているのですが… 「あれ?今期共通のテーマは "自分を出せない"なのかな…?」 と、感じることがありました。 「自分を出せない」 は 仕事に限らず全ての悩みに共通する とても普遍的なテーマ …