わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

先へ先へと進もうとしない

f:id:happycareer-eu:20180421053652j:image

今日は完全に

わたし個人の話なのですが

 

ここ最近 

「先へ進もうとしない」が

日常生活のテーマになっています

 

具体的には

いつもなら、10分でできる仕事を

あえて20分かける意識でやってみる

 

本当なら10分で終えられることを

10分で終え「よう」としないで

 

一瞬一瞬のプロセスに

あえて丁寧に取り組んでみる

という感じです

 

するとだいたい

 

12分で素晴らしいものが仕上がり

とても心地よく仕事をすることができて

 

更にその後の流れもずっとよくなり

後続の仕事がいつもよりはかどる

 ↑

まだ色んなパターンを研究中ですが

こんなことが多いように感じています

 

10分の仕事を20分でなんて

プロセスだけ見ると

完全に常識の真逆をいく行動なのですが

 

やってみると

日常的に「生産性」「効率」を追い求めて

未来にフォーカスされてしまった心を

今に戻すことができるように感じています

 

未来に意識をフォーカスしてる時って

わたしの場合は、知らぬ間に呼吸が浅くなり

気持ちがあくせくしています

 

すると

 

なんとなく気持ちが落ち着かない

なんとなくイライラして

今ここに100%くつろげないのです

 

はぴきゃりが妨害される(笑)だけでなく

ほんの小さなストレスが不協和音になって

 

少しずつですが

日々の仕事にも響いていたようです 

 

ダブルワーク先の仕事は

はぴきゃりより〆切が厳しいので

 

„いつもなら10分でできることを

あえて20分かける意識でやってみる“

 

これやったらさすがにマズイかな?

とも思ったのですが

 

„12分で素晴らしいものが仕上がり

とても心地よく仕事をすることができ

 

更にその後の流れもずっとよくなり

後続の仕事がいつもよりはかどる“

 

今のところは 

こんなテスト結果が続いています

 

今はまだ

うまく流れに乗り切れない時も

あるのですが

 

わたしにとって日常生活は

自分の心地よい在り方を見つける

トレーニング場所なので

せっせと修行に励んでおります(笑)

 

 

流れに乗るって大切なことですよね

 

自分にとって一番心地の良いテンポは

やはり自分の心が知っているんだと

思います

 

わたしは

 

本当はゆっくりが心地良い時に

「速く速く!」

と先を急ぐクセがあったので

 

先へ先へと進もうとしない

トレーニングが

必要だったんだと思いますが

 

もしかしたら

逆の人もいるかもしれませんね


自分が進もうとしている方角へ

進みたいテンポで進んでいる時

 

人って心が調和して

自然体なんだと思うのです

 

速すぎても

遅すぎても疲弊しちゃうんだよね

 

流れに乗っているかどうかの

バロメーターは

「至福感」「充実感」みたいです

 

今日の仕事の「至福感」や「充実感」は

どのくらいだったかな?

 

振り返った時

ミニマム80点はほしいな〜と

感じてしまうこの頃です