わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

やるべきと感じたなら、やる

f:id:happycareer-eu:20181120044852j:plain

わたしたちは  

本来の自分自身からズレている時

 

「やりたいことがわからない」

「どうしたらいいかわからない」

 

という感覚をおぼえます。

 

これはいいかえれば

 

① 現実の問題の中にハマりこみ 

② 何かを恐れて行動している時

③ 自分自身の本音がわからなくなる

 

ということです

 

逆に

  

① 現実の問題との間に距離をおき

② 恐れから行動することをやめて

③ 自分の本音の通りに行動する時

    

自分のやりたいこと、やるべきことは

はっきりとわかります

  

とても簡単、かつシンプルですね

  

実は「わからない」という感覚は

思考にハマり込んでいる時

特有のものです

  

そこから抜け出した時

自分はどうしたいか、何をすべきか

はっきりとわかります

   

中でも「わくわく」というのは

本音ど真ん中に近い感覚なので

  

ど真ん中より、もう少し幅広く

本音の周りをウロついている時は

   

「こっちのほうがしっくりくる」

「なんとなくこっちな気がする」

   

という感覚のほうが、きっと近いでしょう

それも心惹かれる感覚の1つです

 

本当はみんな、自分自身の深いところで

この感覚をキャッチしているのですが

   

なんやかんや理由をつけて

それを先延ばしにしてしまいます

  

例えば

  

「本当はもっと自分と、ちゃんと

 向き合ったほうが良い気がするけど

 

「本当は自分のやりたいことは

    別にあるような気がするけど

   

「本当は会社で、ちゃんと自分の意見を

 言ったほうが良い気がするけど

     

 

でもな

 

といって行動にうつさない

 

そうすると、自分自身の行動は

どんどん本音から遠ざかっていくんですね

 

本当はこうしたほうが良い気がするけど…“

 

を先延ばしにしている内に

やりたいことがわからなくなる

 

そんなとっても単純な話だったりします

    

やりたいことがわからないのは

その人が

やるべきことをやっていないから

 

本当はやったほうが良いと

心の底では気づいていることを

やらずに先延ばしにしているから

だったりします

      

だから

 

やるべきと感じたなら、やりましょう

怖がらずに、ちゃんとやりましょう

  

その時人生は

とってもシンプルだったとわかります🌟

 

♡個別セッションの受付はこちら