わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

社会経験は〇〇で決まる

f:id:happycareer-eu:20180821053808j:plain

社会経験を決めるのは

年齢ではありません

  

会社に勤めた年数でも

勤めた会社の数でもない

 

では何か?

  

外向きの表現をするなら

目の前のことに力を尽くしてきた年数

 

内向きの表現をするなら

逃げずに自分と向き合ってきた年数

  

それがわかるのは、その人の佇まい🌟

    

そこに自分が据わっている時

その人には必ず存在感がある

     

だから採用は一瞬で決まるんだよ

   

 

カウンセラーになる前のわたしは     

「社会経験はくぐった修羅場の数で決まる」

という表現をしていました(笑)

      

それは単に、大変なことがあると

人は自分自身の内側と

向き合わざるを得ないから

                

心が折れそうな時

そこから逃げなかった時

 

それでもやるのか?を

選択しなくてはならない時

    

どうしても自分自身が

研ぎ澄まされていく経験をするから

 

でも、今の私なら 

「社会経験=本当の自分を生きてきた年数」

って表現をするかな 

 

だって、本当の自分を生きていない= 

自分デビューすらしてないってことだ(笑)

    

くぐった修羅場の数だけだと

人は本音と向き合わないまま

ただ戦って終わってしまうことがあって

    

そこからは、本当の自分を生きられない

苦しみと虚しさが生まれて終わる

    

向き合うというのは

逃げることでも、戦うことでもなく

   

ありのままから逃げない

ありのままと戦わないこと

 

むしろどんどん

本来の自分自身に還っていくことなのだ

      

それは、小さな私の自我(プライド)が

崩壊していくことだから

時に痛みを感じるかもしれないけれど

        

手放して初めてわかる

それがもう今の自分には必要のない

こだわりだったと

     

心から喜びを感じられる仕事に出会いたいと

人はいうけれど

     

たぶん本当はこう

       

本当のわたしの生き方を見つけたい🌟

            

わたしは自分の仕事に

喜びをもって取り組む人間でありたい🌟

               

自分というものは

本当はそのくらい誇り高い存在なんだよ

 

♡ 関連記事はこちら

♡個別セッションのご予約はこちら