本当の自分を知る、自分と向き合う

〜 キャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

人間ドラマを卒業したい

f:id:happycareer-eu:20190701054638j:plain

コペンハーゲンから戻った翌日

半日ほど企業でのお仕事に従事して

その日の夜の便で

チェコのプラハに向かいました。

    

デュッセルドルフからだと

1時間半ほどです。

     

ご縁あって、高名なセラピスト宮川先生が

チェコで主宰される

ヒーリングツアーに参加させて頂きました

       

* ツアー自体は1週間ほどで

  私がご一緒したのは3日間です

  

ところがこのツアー中、自分自身の中に

ぬぐいきれない心のざわざわ感があって

   

ざわざわをどうしても統合できない

そんな経験をすることになりました

    

リリースしようと思ってもできない

不思議な感情だったので

仕方なく受け入れて

一緒に過ごしていたのですが

      

ドイツに戻ってきて2日目

そのざわめきが訴えていたことが

ストンと腑に落ちました

 

  

「人間ドラマを卒業したい」

   

 

実は今回、何年かぶりに

ツアーというものに参加させて頂き

 

沢山の皆さんと

ご一緒する機会を頂きました

     

1人旅が大好きといっておりましたが

もともとわたしは i-color発案グループ

  

仲間と一緒に何かをつくったり 

いつも人の輪に囲まれていたい

そんなパーソナリティが

自分自身の内にあります

   

ですから、集団行動をすると

無意識にその役を演じたがるペルソナが

自分の内から出てくるのですね

    

「みんなと仲良くしなきゃ」

「順番を譲り合わなくては」

「自分も何か手伝わなくちゃ」

      

ごもっともなのですが

    

「今、ここの本音に着地して

 本来の自分自身を生きたい」

   

という在り方をはじめてから

 

「〇〇しなきゃ」という発想が

すごく外向きの、不自然な衝動に

感じられるようになってきました

 

今回も「〇〇しなきゃ」が

自分の内側で生まれては過ぎ去り

生まれては過ぎ去ることに

気がついてはいたのですが

       

時にはその波にのまれ

時にはその波をかわす

 

そんな、かなり中途半端なことを

やっていたんだと思われます 

  

人間ドラマを卒業したい、というのは

  

外の様子をうかがってばかりの

これまで古い在り方を卒業し

もっと、もっと、ありのまま

本音で感じたままに人と関わっていく

  

そんな本来の自分自身の在り方を

深める時期が来ている、ということ

  

それは即ち

  

100 自分自身の本音を生きて

100 傷つく覚悟を決めて

100 そのスタンスをブラさないということ

    

それを受け入れていくことは

かなり怖いことで

 

それが今回

    

ざわざわざわざわっという感覚として

ずっと心の中を渦巻いていたのでしょう

 

ドラマを卒業しようと決めて  

気がついたことは

       

これまでほど笑わなくなったし

これまでほど話さなくなったな

ということです

  

本当に笑いたいと感じる時間

本当に話したいと感じる時間って

案外少ないのですね、、

 

だからといって

人と関わらなくなるわけではなく

   

これからも本当に必要だと感じた時は

必要な役をやっていくんだと思いますが

  

もっとありのまま、流れのままに

人と関わる時間は

これからふえてくるのだと感じます

 

♡ 初めての方へ
自分と向き合うってどういうこと?
本当の自分を知る3つのステップを
ニュースレターでお届けしています
ご登録はこちらからどうぞ
  

♡自分と向き合い方をサポートする
個別カウンセリングはこちら
(対面 or オンライン)
 
本当の自分を表現して生きる
4ヶ月講座マンツーマンコース
詳細&お申込みはこちら
(スカイプ受講も可能です)