わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

目醒めた視点でつくるキャリア

f:id:happycareer-eu:20191227144033j:plain

キャリアカウンセラーの柏葉綾子です。
いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。
 
2月に入ってから、どんどん新しい流れがわたしの内に入ってきたのですが、先日ついに「もう今の講座の内容は古い」と自分自身から通達を受けました。
 
これからわたしはどうしていきたいのか?ゆっくり振り返る機会をもらったと思っています。
 
以前も書いたことがあるのですが、わたしは(表面的に何を話していたとしても)自分が本当に伝えられることは、自分自身の生き方だけであると感じていて、本音に嘘をつかず表現することを大切にしてきました。
   
自分にはそれ以外何もなかったから、なのですが、同時に、その上でわたしの発信を受け取ってくれる人=わたしの表現を必要としている人だろう、とも感じていて、そんな生き方に誰よりも自分がOKを出してきました。
長年いい子ちゃんをやってきた私にとって、本音に嘘をつかず生きることは本当の意味で自由な世界を教えてくれたと感じています。
         
講座が古くなってきたということは「わたしの生き方がこれまでとは大きくかわってきた」と同時に「これから自分はどう生きるのか?」そして「心から表現したい自分の喜びは何なのか?」振り返りなさい、という自省の機会だったと感じています。
 
ということで、自分自身と相談した結果
  
わたしはこれから「無意識から目醒めて生きる人生」「目醒めた視点でつくるキャリア」を選び、それを表現する講座を主宰したいと思います。
 
「目醒めのサポートなんて、まだまだ抱えてる荷物(感情・観念)も多いし、とてもそんなことはできないよな〜」という思考はよぎりましたが、わたしは思考ではありませんし、本当はどうしたいかを選ぶ=本当の自分を表現して生きることですから、できないはリリースすることにしました。
 
そのくらい、わたしにとって目醒めのスタンス(現実にはたらきかけるのではなく、それを投影した自己にはたらきかけること)はナチュラルな生き方になってきたと感じます。
また、周囲の人=わたしの一面性であると感じるようになった今、それを表現して生きることが、自己の内面的な統合にもつながっていくと感じました。
   
目醒めて生きると、キャリアのつくりかたも大きく変わります。
 
自分を変えると現実が勝手に変わっていくことは既に何名かの修了生が体現されていますが「自己の本当の喜びを思い出す」だけでなく「現実の創り方を変える」発想で人生を歩む人がふえてくるでしょう。

「現実を変える」は絵本の中の登場人物の発想ですが、「現実の創り方を変える」は読み手の視点に戻るということです。
  
ニュースレターでお知らせの通り、3月14日(土)1Day セミナー「新しいキャリアのつくりかた」をオンライン開催する予定で、こちらの内容から完全に新しい表現となります。
 
キャリアカフェや個別セッションも、本当の自分(絵本の読み手)に戻るための読み解きやお話を大切にさせていただきます。
   
どうぞ宜しくお願い致します。
 
キャリアカウンセラー 柏葉綾子
ホームページはこちら