わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

最近思うこと

f:id:happycareer-eu:20200416052840j:plain

最近、つくづく感じることが2つあります。

① 今ここの癒しのパワー
 
目醒めの過程で癒していく感情は、どうも今回の人生のものだけではないようです。
最近「あれれ、どうして傷ついたのかしら?」と観じてみても、上手く説明できない繊細な、とても深い感情と出会うようになったのですが、「今ここ」の無心状態に意識を合わせるとなぜか不思議と癒されていく、という体験をするようになりました。

何?この自動修復システム!?癒しってこんな簡単だったの?と思ったのですが、そうなんですよね、本当に。今ここのパワーは全てを癒してくれます。
講座ではいつも「今ここだよ」「それさえ忘れなければどんな感情も癒していけるよ」とお話しているのに、自分のことになるとすっかり忘れてしまうものですね...😓
 
わたしのメインステージは第4ステージなのですが、どうもこれは、別の人生から引き継いだ課題のようです。もしかしたら、みなさんのメインステージもそうなのかもしれません。仮に、別の人生で乗り越えられなかった課題を癒すことも今回の人生の目的の1つと考えると、それにふさわしい家庭環境や人生プロセスを意図して生まれてくるのも納得です。


② この仕事を意図して生まれてきた
 
時々、自分に対して矛盾してるよね...と感じることがありました。
わたしは個人意識レベルではカウンセラーになりたいと思ったことは一度もなかったのですが、今の仕事をしていると、時々、ずっとやりたかった仕事をやっている...!!みたいな感動に打ち震えてしまうことがあるのです。それこそ人前で泣いてしまうほど。
んん?待て待て、ずっとやりたかった仕事って、そんなこと考えてもみなかったよね?とマインド(思考)は後から検証するわけですが、あの体が震えてしまうような感動を思い返すと、たぶん、別の人生でやりたくてもやれなかったことをやってるのかもしれません。
 
自分と向き合っていくと、時々、今回の人生とはあまり因果関係の感じられない、魂レベルの生き方のクセみたいなものに出会います。わたしには「人を助けたい!!」という強烈な心理的衝動がプログラミングされており、この仕事でもそのクセが暴走しそうになる度に自分と向き合ってきました。  
他人を助けることは、本当はできないんです。
自分を本当に助けることができるのは自分だけ。できるのは、その人が本気を出すためのサポートだけなんです。なぜなら、誰もが本質レベルでは神の器であり、どんなに眠っていても世界はやはり自分で創っているからです。
   
わたしはそれを体験として学ぶために今の仕事をやっているのかもしれません。
顕在意識レベルでは認識していなかったけど、最初から本当の自分が予定していた青写真の仕事をするために、この人生で必要な経験を積んできたんでしょう。「人生はわからない」というマインドとは裏腹に、本当に深い部分では「全て予定通り」と感じているんじゃないのかな? なぜなら、今の仕事には「これでいいのかな?」という不安や疑問が全くないからです。ただ、ただ、やるべきことをやっているという感じなのです。

 
💫 オンライン講座「本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座」第8期こちら
💫 4/18(土)修了生向けキャリアカフェはこちら
💫 オンラインカウンセリング「本当の自分を知るフリーテーマセッション」こちら