わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

ファイアーエムブレム

f:id:happycareer-eu:20200418183508j:plain

もう20年以上前、任天堂で「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」というゲームがありました。わたしはそのゲームをプレイをしたことはなく(ドラゴンクエストもない)名前を知っていた程度なのですが、この前ふと頭の中に「ファイアーエムブレム」の単語が出てきたので、調べてみたんです。
 
色んなシリーズがあるようですが、わたしが子供の頃漫画で読んで知っていたゲームは「聖戦の系譜」でした。で、そのゲームの解説を読んだ後、瞑想中に「あ〜そういうことか」と思ったことがあったのですが...
 
このゲームは親子2世代をプレイできるゲームで、親世代のときにどのユニット(キャラクター)同士を恋人にするかを自分で決められるみたいなんです。どの2人が結婚するかによって、生まれてくる子供の個性が変化するので、プレイヤーはより良いカップリングを研究することができる、というものみたいなんですが...
 
そのプロセスが「ユニット同士を近くに配置して戦っていると、いつのまにかその2人の間に恋愛イベントが発生している」というものみたいなんです。

例えばわたしたちが特定の誰かと恋愛したり、結婚する時、自分「が」自分の意図でそうしたと思っていますよね。
それはある意味事実なのですが、ではその相手が、あえて自分の近くに配置されていたのはなぜ?と、考えてみたことはありますか?出会ったことは偶然ですか?
  
これは好きな人だけでなく、嫌いな人、全ての出会いにおいていえることです。
そこには、プレイヤー(本当の自分)の何らかの意図がはたらいています。出会わされているんです。明らかに。
 
わたしは今の仕事でクライアントさんとお話しする時、2つの視座を持っています。
1つは自分の本質から、その方の才能や本質的な役割を見つめる視座。もう1つは、なぜ今この人に出会わされたのかしら?という、内なる自己の意図を汲みとる視座ですね。
するとだいたい、クライアントさんの課題と今のわたしの課題がリンクしていることが多いので、まずは先に自分の課題と向き合います。(ゲームクリアの王道)
すると不思議なんですが、クライアントさんの課題も自然と後追いで癒されていくんです。わたしが変わると、わたしの映し出す現実が変わるのですね。
 
ちなみに相手にはたらきかけて、相手を変えようとする眠りの生き方は、これからはゲームオーバー(ゲームから出られなくなる)の可能性が高いです。
  
特に第6ステージ以降に入ると、あなたは今ここに起きる出来事を通して、本当の自分の意図を読み取り始めるようになります。
 
今ここに起きる出来事というのは2つあり、現実社会で起きること(外のスクリーンに映るもの)と、自分の内面で起きること(中のスクリーンに映るもの)の2つです。わたしにとって「コロナショック」は前者「ファイアーエムブレム」「ベートーヴェン」は後者でした。

コロナショックも個人の視座で見れば「起きていること」「どうしようもないこと」であると同時に、本当の自分の視座で見れば「あえて自分のために起こしたこと」になります。そこにはどんな意図がはたらいていると思われますか? 出てきた感情をリリースしたあと、ゆっくり向き合ってみると興味深いかもしれません。
 
そして皆さんがこのブログを読んでいるのは偶然ですか?
必然ですか(明らかに読まされていますか)?
 
このRPG、結構楽しいですよ。
 
 
💫 オンラインカウンセリング「本当の自分を知るフリーテーマセッション」こちら 
💫 オンライン講座「本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座」第8期こちら