わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

魂レベルでわかりあえる大切な仲間を見つけるには

f:id:happycareer-eu:20200413015208j:plain

ずっと感じていた胸のつかえがとれたような気づきがありました。
「沢山の人と、本質レベルでエネルギー交換したい」
それが、わたしの小さい頃からの本当の望みだったようです。
 
小さい頃から、寂しがりやなのに1人でいたがる自分の性格が、これまでずっと不思議だったんです。寂しいなら、みんなと一緒にいれば良いじゃない?と思うんですけど、それだと満たされないんです。人が大勢いるところでの、表面的な会話に満足できないっていうのかな。退屈で、人に合わせることにも疲れてしまう。
誰かと深く分かり合える喜び、というのものを一番感じられるのは、自分1人で自分と対話をしている時でした。私の求めていた分かち合いは、個人と内なる自己の本質レベルでのエネルギー交換だったんです。
 
自分と向き合うようになってから、わたしの寂しさはだんだんと癒されていきました。そして、1人の時間がわたしにとって至福の時間となっていきました。誰にも邪魔されず、広大な自分の意識の内に入り、知らなかった自分を知ることができる。なんて贅沢な時間✨
 
それでも時々、形のレベルでこれでいいのかな?という気持ちがよぎることはありました。沢山の人と喜びを分かち合いたいはずなのに、交流している人、とっても少ないじゃない?という思いがあったのでしょう。

これまでの色々な疑問が溶けたように感じます。
例えば、修了生コミュニティ。何度かグループコミュニティをつくろうというアイディアをもったのですが、いつも直前で、どうしてもしっくりこなくてやめてしまうのです。その理由の1つは「馴れ合いの場所をつくっても仕方ない」という思いでした。
 
表面的に自我(エゴ)の寂しさをまぎらわす場所をつくっても、本質レベルでわかりあえるわけではありません。寂しさは自己とわかりあえない気持ち。それを他人に慰めてもらったとしても、それは一時的な気休めというもので、そこからは意識の進化発展や本質レベルでのエネルギー交流は生まれない。
厳しいかもしれないけど、まずは1人1人が自分としっかり対話できるようになって、全てはそれからだ、と何度も思いとどまってきました。

先日初めて開催した修了生キャリアカフェは ① ブログを読んでいる修了生の中で ② 今、必要と思った人だけが申し込み ③ かつお金を払って内容を取りに来てもらう、という高いハードルをつくって開催しましたが、やはり形にこだわってとても良かったと思います。いくつものハードルを超えてきてもらう、という逆説的プロセスが、かえって場所の深みをつくってくれるのでしょう。
4ヶ月講座も全く同じです。自ら申し込み、お金を払うという行為が、その人の内側に受け取る器をつくり、そこに新しいものが流れ込むから人は変わっていくのです。それは決して、わたしの力ではないのです✨
 
最近、わたしがご縁をいただく方は、個人的にわたしと同じような望みを持っている方が多いのかな?と感じます。
みなさんにはこれまで、寂しがりやだけど1人でいたい、という矛盾した一面はありませんでしたか?
 
僭越ながら、これまでの経験からわかった心からのアドバイスを書かせてください。
沢山の人と、本質レベルでエネルギー交換するには
 
① まずは自分が自分のことを深く理解すること
 
本当の自分を理解すればするほど、あなたの自我(エゴ)と寂しさはどこまでも深く癒されていきます。
 
② 傷つくことを恐れず、本当の自分を表現して生きること
 
自分を偽って生きている人には、時にあなたの生き様はまぶしすぎるかもしれません。でも、勇気を持って本当の自分を表現して生きること。本質は全てつながっています。あなたが本質を表現して生きれば生きるほど、相手の本質にもダイレクトに響くのです。
 
みなさんが、沢山の素敵な魂の仲間をみつけられますように(^ ^)


💫現在受付中の個別セッション・講座についてはこちら