わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

全て予定通り

f:id:happycareer-eu:20200423172227j:plain

「ひどい」「早くおさまってほしい」「大変な時期」...最近の近況について、こうした言葉を耳にする度、何かちょっとした違和感を感じていたのですが、さっきその理由がわかりました。

わたし、全然そう思っていないんだ。。
 
たぶんマインド(思考)がそう云っているだけなんだよね。
その声から目醒めている人は、内なる自己(最も深い本音)は全然そう感じていないことがわかるはず。だって現実創造しているのは自己(セルフ)だからね。
向こうとしては全て予定通りですよ。
 
現実はいつも、自己(本質)の望み通りのことが起きている。
真の意味で自分と一致して、自己の声に従い始めた時、誰でもそれに気がつけるはず。コロナウィルスが1秒後に終息しても、あなたの本当の望みは変わらない。それを自覚できるくらい自分と一致することは大切ですね。

ここで1つ質問なのですが、皆さんは毎日を
 
A  現実をやりくりするために生きていますか?
(絵本のストーリーを進めるために生きていますか?)

B  目醒めるために生きていますか?
(絵本の外に出るために生きていますか?) 

が眠り、が目醒めのレールですよね。
あなたは今、どちらに乗っていますか? 

全ての出来事が目醒めのために起きている以上、のレールに乗る予定だった人が全員の生き方を始めたら、事態は終息しますよね。
もう、その現実を創る必要がなくなってしまった時、現実はあっさり変わってしまうからです。

皆さん1人1人が、の生き方を始め(真実の自己と一致して、それを表現することを一番の目的とした時)言葉と行動と意図でそれを体現し始めた時、周囲の人は絶対に感化されます。そうして少しずつ、の波ができていく。
 
そして事態が終息した頃、わたしたちはこう思うわけです。
「コロナが問題だって思っていたけど、結局自分の眠りの問題だったんだな〜」

わたしも、もう1mmも外向きの表現はやめようと思います。
心の中でなしたことはすでに為されている以上、外向きの発想自体をやめよう。
 
実はこれまで「おや?」と思うことがあっても「何をどう捉えるかはその人の自由だよね」と思って、スルーすることが多かったんです。でも、この対応自体が眠りというか、たぶん現実に合わせる生き方だったんだろうな。
  
自己(セルフ)の視点で捉えたら、この時期にわたしにコンタクトしてくる人=どう考えても本来は目醒めのレールに乗る予定だった人なわけで、言葉をかけられた時は「今、何を返すべきなのか?」1つ1つの言葉を真実の自己と一致して選びたいと思います。


💫キャリアカウンセラー柏葉綾子のホームページはこちら