わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

最近思うこと

f:id:happycareer-eu:20200509203223j:plain

なんか今年は色々起きそうですね...と、先日ブログを書きながら思っていました。

こんなこと書いて大丈夫なのかしら?という思いとは裏腹に、書き終わるまで自分との一致はとけなかったので、あの記事は今、誰かに必要なものだったのかもしれません。
 
基本的に解雇は「マイポジション(本来の役割)に戻りなさい」というお知らせであり、倒産は「これまでのやり方はもう上手くいきませんよ」というお知らせなので、今、既にマイポジション(本来の役割)に収まっていて、愛から仕事をしていたら大丈夫なんじゃないかな?というのがわたしの理解です。
 
そして、愛を学ぶというのはとても奥が深くて、失って初めて今の仕事に感謝できる、ということもあるんです。手元にあるうちは文句ばかりいっていたけれど、なくなって初めて感謝できるというのでしょうか。
わたしは本当にやりたいことを思い出す講座をやっていますが、とても大きな視点で見れば「全ての人はやりたいことしかやっていない」というのもまた事実なんです。
ある意識段階においては、自分の本当にやりたいことを素直に表現するよりも、やるべきことの決まった会社に通ってそのルールに従うことがやりたいことである、という段階もあるのですね。
自分の生き方を変えて、本当にやりたいことを素直に表現できるようになりたい!と感じた方をサポートすることはわたしにできることであり、そうでない方にそれを強要するのは自由意志を無視することなので、それはいつも注意深く見ていることなのです。何をどこまで相手に話すべきなのか。
 
ただ、いくら自由意志を尊重すべしといっても、そうすると自分で今の現実を選択したことを忘れて、どんどん眠っていってしまうケースもあります。そうしたケースにおける愛ある荒療治=ウェイクアップコールとして、現実で自分と向き合わなくてはならない何かが起きることがあります。わたし自身、何度もそれを体験して今ここにいるので、人生って本当に上手く出来ているな、と感じています。
 
基本的に世界で起きていることは、既に自分の内側で起きていることなのですよね。
なので、まだ目に見える形でお知らせが来ていなくても、自分の内側で起きたことは程なく外にも反映されていきます。今年は特に、本質への回帰を促す流れが強いです。これまで自分と向き合おうとしながらも、なんだかんだで踏み切れなかった人たち、でも目醒めのレールに乗りたい人たちの追い込みラッシュというのでしょうか。マイポジション以外の仕事に採用されにくくなったり、本質で生きないと色々なことがより大変になる時代が来ているのでしょう。

でもこれは今までの生き方が不自然になってきただけで、もう無理をしなくて良いんですよ、ということでもあります。
もっともっと、自然体で生きやすい時代になりますように。


キャリアカウンセラー 柏葉綾子
💫 ホームページはこちら