わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

自分本来の役割に戻る時

f:id:happycareer-eu:20200510225120j:plain

星読みのKeikoさんのブログを時々拝見しています。
 
「時々」というのは、基本的に自動操縦モードの時というのは、読むべき情報・知るべき情報があると(自己の内的感覚に)呼ばれるからです。で、読み終わった後、これを知るために呼ばれたのか、とわかるのですね。
同じ人のブログでも特に今必要のない情報については、読んでも内容が入ってこなかったり、読んでるうちに呼吸が浅くなってしまったりします。自己とエネルギー的に一致できないことを、無理やりマインド(思考)だけで進めようとするとそうなってしまうのです。
なので、基本ネットサーフィンはあまりせず、Facebookも読まなくなってしまった私です。本当に読む必要がある時はよばれるか、別ルートで情報が入ってきます。
本質と一致して生きる人にとって、基本情報は必要な時に、必要なものを、必要な分だけとりに行くものなのでしょう。
私の場合は、生まれ持った体のサイズに対してエネルギー通路が大きいようなので、自己の意図に反するとどうしても体に衝撃が出てしまうようです。

で、Keikoさんのこちらのブログを読んで思ったのでした。
 
過去生で培った才能って、生まれ持った才能のことだね。それを使わないと、豊かになれない時代が来ているってことだよね、と。
 
これは言い換えると「自分本来の役割に戻る時が(もう待ったなしで)来ていますよ」ということだと思います。
あなたは何をするために生まれてきて、この全体性においてどの役を担う人なのでしょうか?
以前ニュースレターにも書いたのですが、これからは、それをしっかりと表現して生きることが大切です。自分の本来収まるべき場所を見つけるために、それはなくてはならないことで、本当の自分を見失っている内は、わたしたちは多かれ少なかれ自己を偽って生きつづけることになってしまうからです。
 
かつての日本の新卒一括採用制度は、新卒=色のない人材こそ自社の色に染めやすかったから機能していました。大量生産、大量消費社会で様々なプロセスが機械化・システム化されていく中で、自社に組み込みやすい人材を育てるチャンスだったのですね。

時代は変わります。それは自己の深い部分で誰もが気づき始めていることです。
5年後、いえ3年後でしょうか。その頃にはもう、好きでもないことを仕事にして働くことは、ある意味古風な価値観になっているでしょう。


💫 オンラインカウンセリング「本当の自分を知るフリーテーマセッション」こちら
💫 オンライン講座「本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座」こちら