わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

いつも愛を注げる自分である

f:id:happycareer-eu:20200704192906j:plain

以前、やりたいことを見つけることは「愛を注ぎたい対象を見つけることである」というお話を書きました。(詳しくはこちら

ところが、少し大きな視点で見てみると、内なる自己というのはいつも何かに愛を注ぎたがっていることがわかると思います。
つまり、何かを愛している時というのが、わたしたちが自己と一致している時、個人意識が本当の自分と同じ方角を向いている時間であり、そうでない時間、何かを否定したり裁いている時間というのは、自己とズレている時間ということになります。 
 
「愛を注ぎたい対象」が身の回りにないという方は、どこかへそれを探しに行くのではなく、目の前の対象(仕事)に愛を注げる自分になることからスタートするのが本当の近道なんですね。それは、日常生活の本当に細々としたことでも大丈夫。

仕事であれ人間であれ、目の前の対象を否定してしまう時、わたしたちのハートは大きくクローズしてしまいます。その分だけ、あなたの差し出す愛は小さくなり、本当にやりたいこと(愛を注ぎたい対象)を指し示す光もぼんやりしてしまうのです。
  
目の前の対象をとても愛せないと感じる時、あなたは長いこと自分に何かを我慢させてこなかったでしょうか? 今の職場や日常生活で、言いたいことや思ったことを表現しないでいたり、やりたいことを最初からあきらめていたりといったケースです。
  
そんな時は自分を愛すること、あるがままの自分の思いを受け入れてあげることからスタートしてみましょう。
  
まとめると、こうなります。

① まずは自分の全てを受け入れられるくらい、自分の愛を大きくする
   
② 次に目の前の対象に愛を注げるくらい、自分の愛を大きくする
 
③ 最後に自分の愛が照らし出した対象(本当にやりたいこと)に愛を注ぐ 

云い換えるなら、毎瞬、毎瞬、愛を注げる自分であること=自分と一致しつづけることとなっていきます。
今、あなたの愛は、何を照らし出そうとしていますか?


オンライン講座で「自己対話」を通した「目醒めのキャリア」をお伝えしています
 
💫  自分がどうしたいかわからない時は
本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/counseling/


💫  自己対話をマスターし、目醒めのキャリアをスタートする
本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座
https://www.happycareer.eu/4-month-course/