わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

どんな感情も愛してあげる

f:id:happycareer-eu:20200719142322j:plain

慣れ親しんだ感情、ずっと握りしめていた感情は、あなたのこれまでの人生ストーリーの一部です。
目醒めていく時は、そうした感情を卒業し、手放していくことになります。
 
でも、手放しのコツというのは1つあって、それは「愛してあげる」こと。
自分の内にあった感情を大切に、大切に慈しんであげること(愛を持って観察してあげること)です。
 
以前「家族との葛藤がある」というのはそれだけ自分が家族を大切に思ってきた証、と書きましたが(大切に思っていなければ、そもそも縛られないからです)、例えば「寂しい」という感情は、それだけ身近な人を大切に思う自分が自分の内にいた証、ぬくもりや心の交流を求めている自分が自分の内にいた証でもあります。
 
もしかしたら本当の自分は、自分で思うより、けっこう優しい人だったのかもしれませんし、あるいは、本当はもっと、心の底から気持ちを伝えあえるような交流を望んでいたのかもしれません。
 
そんな風に、知らなかった自分を教えてくれるもの、それが感情なのです。

だから自分の内から出てきた感情を愛してあげること。
それが、知らなかった自分を迎えにいくことであり、自己統合していくこと。
そう、目醒めていくことなのです。

愛し抜こう。

♡ 関連記事