わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

新しい時代に出発

f:id:happycareer-eu:20200821164417j:plain

わたしはスピリチュアルにあまり詳しくないのですが、時々この方のブログによばれると、『ああ、その通り』と感じることが書いてあります。
  

わたしたちの意識には幅(レンジ)があります。
 
個人意識・潜在意識・深層意識(魂意識)という表現をわたしはしていますが、今ここで、わたしたちがどこに意識を合わせているか?は毎瞬・毎瞬、異なります。
簡単に言うと、今この瞬間どこまで深い本音に目醒めているか?は時によって異なり、魂の意図と一致したり、ズレたりしている、というのでしょうか。
 
例えば、わたしはブログを書く時、自己の一番深い本音に意識の照準を合わせていますが、初期の頃は個人意識に戻る度に、疑いや迷いが出てきて自分の感じ方の落差に戸惑うことがありました。
自分軸が据わるまでの一定の期間、わたしたちはそうした感じで『あの時はこう思ったけど、やっぱり違うかもしれない』と、まるで素晴らしい自分とみじめな自分の間をフラフラしているように感じることがあります。
(それでも本音に照準を合わせつづけると、やがて意識が据わってきます)
  
これまでは、4ヶ月講座みたいにしっかりと自分自身と向き合い、個人意識・潜在意識を丁寧にクリアリングして本音に目覚めていくプロセスが大切に感じていたのですが、時代は変わってきました。
そのやり方は、今の流れをふまえるとちょっと重すぎるというのが正直なところです。
 
つまり、過去と深く向き合うことでかえって自分自身のエネルギーが重くなってしまい、今の軽やかな時流に乗っていく足かせになってしまうんです。
 
もう今は、瞑想を通して最初から本来の自分自身(魂意識)とつながり、その軽やかでリラックスしたエネルギー状態で、楽しいことや素晴らしい体験を、どんどん経験していくこと。その方が流れに乗れる気がします。
 
そうすると、楽しい経験をすることで自分自身のエネルギーが軽やかに躍動するようになり、その分内側から、これまで重石となっていた重〜い感情がどんどん浮上してきます。それらを手放していくことで、個人意識・潜在意識をぐんぐんクリアリングしていくことができるんです。
 
出てきた感情が強烈な時は、向き合うのにちょっと胆力が必要ですが(感情をしっかり見つめてあげる意識の力が必要ということ)、向き合わないで抑圧してしまうと、以前のわたしのように、会社をクビになったりとか、割と強烈な現実を通してその感情を追体験することになってしまいますので
 
自分とつながって人生を楽しむ → 出てきた感情をクリアリング → 人生を楽しむ → クリアリング の方が、
 
ず〜っと楽だと感じています。
(だからこれからは、楽しむことを大切に💫)
 
ですから、感情のクリアリングや、自分と向き合うプロセスに、必要以上に怯える必要もないと感じています。
もちろん、怯えることは悪いことではないですが、ちょっと向き合ってあげるだけで、こんなに楽になれるんだよ。もう現実に、自分自身の気持ちに、そんなに苦しまなくて良いんだよ、ということを知らないのは、もったいないかもしれません。
  
目的地への船は、いつもあなたの前にきていて、順次出航しています。

もし、一本乗り遅れたら皆さんはどうされますか?

きっと次の船に乗りますよね。ただそれだけです。

 
予定の船に乗り遅れてしまった(これまで自分と向き合ってこなかった)からって、それを理由に次の船に乗らなかったり、いずれ船が出航しなくなるまで波止場に残る、なんてことをする理由もないでしょう。
 
人はいつでも、自分と向き合い始めることができるのですから。(^ ^)


💫  8月30日(日)目醒めのお話会 
(目醒めとパートナーシップについて)
https://www.happycareer.eu/careercafe/

💫  9月5日(土)

ハートを開くオンライン瞑想会

https://www.happycareer.eu/meditation/  

💫  9月12日・19日(土)
目醒めのキャリアワークショップ 〜vol.1 魂意識に目醒める
https://www.happycareer.eu/workshop/