わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

目醒めのセンター試験はもうはじまっている

f:id:happycareer-eu:20200904012247j:plain

最新の動画で「物事の捉え方、視座を変えられれば自然と問題は解決していく」というお話をしていましたが、真の問題は「他人と分かり合えない」ことではなく、自分の内なるエゴだったということで、エゴを癒していくために(目醒めていくために)出題された問題が、このケースではたまたま人間関係だったということになります。
 
その後、あらゆる現実の問題は、自分の内なるエゴを癒していくために創られた一時的な幻想(イリュージョン)なのだ、ということに気がつき始めました。

以前、動画をシェアさせていただいた有馬薫さんが『目醒めは試験問題のようなもの』という表現をされていたのですが、実はわたしも似たような印象を持っています。
わたしは内なる自己(ハイヤーセルフ)からの出題と表現していますが、人によっては宇宙からの出題、神様からの出題と表現されてもおかしくないと思います。
 
大学受験の時、赤本って買いませんでしたか?過去の入試問題と解答例がのった参考書です。
全く同じ問題が出題されることはないのですが、目醒めのセンター試験の傾向と対策みたいなものは、正直あるように感じています。
それは、執着をつくりやすいポイントがわたしたちは似通っているからです。
「仕事」「人間関係」「お金」「健康」。人間関係にパートナーシップと子育ても含めると、だいたいそんな感じではないでしょうか。出題科目が予め「国語」「算数」「理科」「社会」と決まっていて、目醒めの発信者の方々は、その傾向と対策をお話されているように感じるのです。
 
目醒めのセンター試験は、実はもう始まっています(笑)。
今の日常生活です。わたしたちは日常生活で起きる出来事を試験とは知らずに素通りしてしまう(これまで通りの対応をしてしまう)こともあり、そういう時は試験なので、クリアできるまで何度も似たような問題が出題されたりするのです。
  
なので、目醒めの流れに乗れるかどうかというより、日常生活をいかに意識的に生きるかが大切ではないかと感じています。なぜなら、内なる自己による試験はすでに始まっていて、今日も目の前で『さあ、ここでどうする?』と尋ねられているからです。
 
受験勉強は、自分にぴったりの方法を選ぶことができます。
皆さんはどうすすめられましたか?
自分が心惹かれた予備校に通う(目醒めた人のサロンで楽しく学ぶ)のも良いと思います。仲間も見つかるかもしれませんしね。あとは教科書(目醒めの本)を買うのもよし、夏期講習(目醒めのイベント)だけ参加するもよし。
  
でも、実際に解くのは自分です。
他人が代わりに解いてくれることはありません(笑)。なのでわたしのオススメは自分とつながること。つまり瞑想です。自分とつながっていたことをいつも思い出し、日常生活で内なる答をどんどんチャネリングしていきましょう。
 
なお、この学びは楽しんだほうが遥かに進みやすい傾向があります。
なぜなら目的は知識の拡大ではなく、愛の拡大と、意識の量子的飛躍にあるからです。
わたしは予備校には通わず、通信教育のZ会というのに申し込んで自宅でマイペースに勉強していました。大勢の人と一緒に学ぶより、ガイドラインを基準に1人で学ぶほうが性に合っていたのです。
基本をもとに自分で応用を考えるのが大好きなのです(笑)
 
このブログを読んでしまった時点で、間違いなく目醒めのラインに乗っていますので、あなたもお気に入りの赤本を見つけてくださいね💫


💫  9月5日(土)
ハートを開くオンライン瞑想会

https://www.happycareer.eu/meditation/

💫  9月12日・19日(土)
目醒めのキャリアワークショップ 〜vol.1 魂意識に目醒める
https://www.happycareer.eu/workshop/