わたしとつながる、叡智とつながる

〜 目醒めのキャリア発信者・柏葉綾子のブログ

時間が足りない現象

f:id:happycareer-eu:20200923193508j:plain

秋分を超えて時空間の加速がまたはやくなりました。
そろそろ『時間が足りない』という現象が本格化しやすいと思います。

あなたがもし『時間が足りない』と感じた時に、1つ試してみていただきたい実験があります。
この実験は、できれば夜、静かな時間帯に、たった1人になれる空間で実施してみてください。
 
まず、1時間の自由時間を確保します。(難しい方は、30分でも大丈夫です)
次に、時刻が数字で読めるデジタル時計を用意して、30分後にタイマーをセットします。(自由時間30分の方は15分後)

最初のハーフタイムは、いつも通り自由時間を過ごしてください。
タイマーがなってからが本番です。
タイマーがなりハーフタイムが終わったら、今度は『今、ここに在ること』を意識して後半を過ごします。
何をやるにしても『今、ここ』に意識を向けてください。自分が、たった今、やっていることを通して『今』に深く深く向かっていってください。

飲み物を飲む時は、カップを手に取る、カップを口元に運ぶ、飲み物を1口飲む、それぞれの時空間で『今』を意識しましょう。
動作を止める必要はありませんが、『今』を意識することで、動作がよりゆったりと落ち着く可能性はあります。
メールを打ったり、ブログを書く時はキーボードの1つ1つを押す時に『今』を意識しましょう。力を込める必要はありません。どちらかというとしっとりと落ち着くような感覚です。動作の1つ1つを未来に向かってやるのではなく、今に向かってやるのです。

なんだか今やっている行動の質があがり、とても丁寧になったと感じたら、あなたはその時『今』に在ります。時々、次に何をやろうかな?と、思考がやってくると思います。そうしたら、次の行動を決めた後、その行動を通してまた『今』に向かってください。

30分が経過した後、最初のハーフタイムと後半のハーフタイムで、時間の経過をどのように感じたか、体感を比較してみると面白いと思います。

詳しい解説は今日は書きませんが(体感が真実です)これだけは云えます。
思考時間が長いと、時間はショートします。