意図しているのは誰?

f:id:happycareer-eu:20201116011456j:plain

日本語は主語がなくても通じる珍しい言語、でも英語の文章にはいつも「 I (わたし)」が必要なの。そんなことを昔、云われませんでしたか?

人が最も深い意図を立ち上げたとき、不思議なことに主語は消えます。
わたしを通して発せられる全体性の意図。それが魂の意図だから。全体性の意図って何でしょうか? 創造エネルギーの意図です。祈りは降り注ぐ全体への願いであり、意図はそこに道を開けよという全体への命令なのです。
最も深い意図=全体性の意図でないとエネルギーを一本化できないのは、人は極限まで本気になった時(魂そのものの意図に目覚めた時)だけ、創造エネルギーの意図を代弁するようになるからだと思います。以前も書きましたが、本気になる=気合いを入れるではありません。わたしにとってそれは、最も深い本音が出てくるまで自分を癒しつづけることでした。旅はまだつづいています。

「世界中の悲しみが癒されますように」

以前そんな願いが自分の内側からでてきたことがあります。これは祈り。祈りは女性的なエネルギーで、ハートの内奥から出てきた思いでした。

「魂の傷は全て癒ゆ(=癒される)」
 
出会った魂の意図は、それが男性的エネルギーに姿を変えたものでした。「それ」は、それが起こるべきことと既に知っているようでした。
自分がそれをやるというより、起こるべきこととして意図する。創造の意図は「我はそこを通る」というエネルギーの開通命令なのです。

全一愛。全てのものはひとつであるという意識状態に入った時、意図は自然と起きてきます。その全体にはもちろん自分も含まれていて、自分を癒していくことだけは自分の責任なのです。その最奥に全てがあるのです。

あなたの意図はなんですか?

  
💫本当の自分を知るフリーテーマセッション
https://www.happycareer.eu/session/

💫目醒めのキャリアワークショップvol.1 〜魂意識に目覚める(マンツーマン)
https://www.happycareer.eu/workshop/

💫目醒めのキャリアワークショップvol.2 〜永遠の今へ(マンツーマン)
https://www.happycareer.eu/workshop2/