真実への扉をわたしに教えて

f:id:happycareer-eu:20201127071845j:plain

今年の誕生日にとても素敵なCDをいただきました。
その方はご自身が聴いた時に感動して「わたしにも贈りたい」とわざわざ取りよせてくださったそうなのですが、人生で本当に素晴らしいものは、いつも人が運んで来てくれるんだな...と感じた1件でした。
 
魂の声を聞くチャネリングは、何も言葉でメッセージをおろすことだけではありません。「こうしたいな」と感じた純粋な気持ちに従う。Follow your Heartすることがチャネリングなのです。本当にとても自然なこと。ただ思考の枠を超えて、自然体で生きることが本当の自分(魂意識)に戻っていくことなのです。魂意識はつながっていますから、その方の魂はわたしがそれを必要としていることを知っていたのでしょう。
 
その中に収められた "Birth" という曲を聴いていて、自分は魂の輝きの生まれる瞬間に立ち会いたかったことを思い出しました。
肉体の誕生も素晴らしいこと。でも、ルソーの言葉ではありませんが人は2回生まれると云われています。人が本当の自分に目覚める瞬間=魂の輝きの生まれる瞬間にずっと立ち会いたかった。その私なりの表現が「やりたいこと探し」であり、かつての4ヶ月講座だったのだと感じています。
 
天職探しの本質は、あなた自身の本質(魂の叡智そのもの)にアクセスすること。
目醒めの時代を迎え、よりその流れは本格化しているように感じます。全ての答は自分自身が知っている。直線軸の「やりたいこと探し」から垂直軸の「魂の叡智に目覚める」へ。
 
① 自分は「本当はどうしたいのか?」魂の本音を知る

② 自分には「それができる」と魂の本音を信頼する

③ 今日から世界にそれをもたらす存在として生きることを自分自身に許可する
 
これが垂直軸のやりたいこと探しです。垂直軸=次元を変えていく、つまり、より魂の本音の純度を上げていく目覚めのプロセスです。
もちろん、最初から魂の深い本音に行き着けるケースは少ないかもしれません。でも本当に行き着きたいなら、少なくとも今自覚できる本音に従いつづけることです。Follow your Heartしつづけること。内観と体験。それだけが本当の自分自身への道のりであり、それができるのはあなた自身だけです。

魂の本音に近づいている証拠として、心が震える、涙があふれるという現象があります。あなたの魂は真実の響きを知っていて、その響きにふれるといつも共振するのです。
 
目醒めの発信を始めたばかりの時「発信者は何を話すかよりも、どんな響きを放つかが大切なのだ」と気がついたことがありました。言葉というのはいわば真実の衣であり、振動(バイブレーション)の放射の方がそこで語られる本質なのだ、と感覚的に理解したからでした。
音楽は振動そのものです。次元の高い音楽を聴くと、自分の高い次元の意識が共鳴してそこの扉が開き、思いもかけないエネルギー(情報)が降りてくることがあります。
魂が感動するというのは、自分の高次元の意識が、同じように次元の高い何かに共鳴して振動することを云うのです。この時、次元間のブレを調整する作用として涙があふれるのでしょう。
 
あなたは、どんな時に涙があふれますか?